BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「備えあれば憂いなし」を否定して、メディアはどこを目指す・・・。

<<   作成日時 : 2014/07/04 18:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「備えあれば憂いなし」ということわざも、今の日本のメディアには死語になって
しまったのか・・・、災害でも何でもこのことわざが被害を最小に収める懸命な
方策なのは、誰でも分かりそうだが・・・。

画像


何より好戦的なキャッチ・フレーズを用いて、それもやはりバクッて来る反対派の
画像を見ると、内政干渉に励むどこぞの人々の「備えられたら云々」の思惑も
見え隠れするが、的確に論評すれば以下のようなものになるのではないだろうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米保守系紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は1日の社説で、集団的自衛
権の行使を容認する日本政府の憲法解釈変更について、好戦的な中国に対応
した措置だと指摘し、理解を示した。
社説は解釈変更後も自衛隊を縛る制約が大きく変わるわけではないと強調した
上で、日本が今後どういう安全保障政策を取るかは「多分に中国の行動にかか
っている」と主張した。(共同)

msn産経ニュース 2014.7.2 16:11
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140702/amr14070216110008-n1.htm

画像


集団的自衛権の解釈改憲を巡るメディアの反応は常軌を逸していると思うの
は小欄が右傾思想の持ち主だからだろうか?しかしメディアの狂奔ぶりは、そ
の是非を論ずるというよりはなから「反対」ありきで、公正中立を旨とするジャ
ーナリズムのあり方としては大いに疑問視せざるを得ない

▼日本のいや、世界中のジャーナリズムは左寄りだと作家の塩野七生が書い
ていたが、ジャーナリストというのはリベラルであらねばならないという自然の
黙契があるようで、小欄のように偏狭なナショナリズムの持ち主はこの世界で
は相手にされない。別に相手にされなくてもいいのだが、先の特定秘密保護法
にしろ今度の集団的自衛権にしろメディアが総掛かりで反対という様相には違
和感を覚えぬわけにはいかない

▼集団的自衛権について大手紙では読売と産経のみが賛成、残る大手と地方
紙のほとんど、そしてテレビのすべてが反対の論陣を張っており、その影響は列
島の隅々まで及ぶはずだから世論調査をすれば反対が賛成を上回るようになる
のは当然だろう

▼だが、いくら反対でも「戦争をできる国になる」といった理性より感情に訴えるよ
うな表現は、少なくともまともな言論とは言えまい。戦争遂行のため「鬼畜米英」と
叫んだ戦前の大政翼賛的報道とダブって見えてくるのだ

▼誰が戦争を望むだろう。望まないがために友好国同士スクラムを組んで危機が
起こらぬようにしようというのが集団的自衛権の目的なのである。
それは「備えあれば憂いなし」に尽きよう。

東海新報 世迷言より 2014年07月01日
http://www.tohkaishimpo.com/scripts/column.cgi
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米保守系紙ウォールストリート・ジャーナル
いくら反対でも「戦争をできる国になる」といった理性より感情に訴えるよ
うな表現は、少なくともまともな言論とは言えまい
「備えあれば憂いなし」


まぁ、発狂してしまった国内メディアの「戦争の出来る国になった」の脅し文句も、
対外的に抑止力を持つ武装とは、これまでさんざ言われた「国民を守らない軍隊」
のアンサーとして、戦わず勝つという究極のものと解釈すれば、それへの法整備
は当然行って当たり前、それこそ「備えあれば憂いなし」だろう。


画像



それではいけないとする人達は、日本をどこに向かわせるというのだろうか。
その答えの一端が、以下のようなメディアの世論調査の中身なのだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
集団的自衛権、行使容認反対63%に増 朝日新聞調査 2014年4月6日
http://www.asahi.com/articles/ASG3L72L6G3LUZPS007.html

安倍政権が集団的自衛権の行使容認に向けた姿勢を強めるなか、朝日新聞社
は憲法に関する全国郵送世論調査を行い、有権者の意識を探った。それによる
と、集団的自衛権について「行使できない立場を維持する」が昨年の調査の56
%から63%に増え、「行使できるようにする」の29%を大きく上回った。憲法9条
を「変えない方がよい」も増えるなど、平和志向がのきなみ高まっている。
安倍内閣支持層や自民支持層でも「行使できない立場を維持する」が5割強で
多数を占めている。
安倍晋三首相は政府による憲法解釈の変更で行使容認に踏み切ろうとしている
が、行使容認層でも「憲法を変えなければならない」の56%が「政府の解釈を変
更するだけでよい」の40%より多かった。
首相に同意する人は回答者全体で12%しかいないことになる。

画像


続きを読む
__________
(ここからは登録した者しか閲覧不可能)
(そして登録して見てみると・・・最後にこんな一文が)
 
調査は日本と中国で2〜3月、韓国で2月に行い、中国調査は主要5都市で実施した。
有効回答は日本2045件、中国1千人、韓国1009人。

(回答の半分が中国と韓国での物です)
(しかし目次にも、未登録で見られるページにも、その事は一切書かれていません)

http://www.wara2ch.com/archives/7752986.html

画像



「朝日新聞は実は日本が憎いのではないか」。素朴に聞きたくなる読者も多い
はずだ。一体、彼らは日本にどれだけの汚名を着せれば気が済むのだろう。
私たちは彼らのために未来永劫(えいごう)も肩身の狭い思いで生きていかね
ばならないのか。正論8月号では「日本を貶(おとし)めて満足か! 朝日新聞
へのレッドカード」と題した特集でこの問題を考えた。
今、彼らは東日本大震災の際、事態収拾に奔走した福島第1原発の東電職員
の9割が「所長命令に違反」して「原発から退避」していたと報じている。
独自に入手した政府事故調の「吉田調書」でそれが明らかになった−というのだ。
この報道はニューヨーク・タイムズなどによって直ちに世界中を駆け抜けた。
それまで日本人の勇気をたたえた外国メディアは次々と手のひらを返した。
現場で指揮を執った吉田昌郎所長(故人)らの戦いを『死の淵を見た男』にまと
めたジャーナリスト、門田隆将氏は「所長命令に違反して退避した人間など1人
もいなかった」と断じる。彼らが報道の根拠にした報告書からも「所長命令に違
反した」とは読み取れない。実際、吉田氏は退避命令を出しており、朝日は、そ
もそも大前提で間違っているのだが、門田氏は日本人を貶める彼らの目的は何
か、「それがどうしてもわからない」といぶかるのだ。これは第2の「慰安婦報道」
だろう。
特集ではこのほか、ソウル特派員を務めた前川惠司、週刊朝日編集長だった
川村二郎のOB2氏が、誤報で始まった慰安婦問題に対する朝日の対応のまず
さを指摘した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140701/plc14070113360017-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どこかに利する人がいて、それに釣られて世論形成は、なんとも・・・。
そして以下の画像のような「奇特な人」に対しても、また・・・。

画像


これの蛮行を擁護しようにも、大衆の集まる場所となると、関係ない人に被害が
出掛けないのは考慮することないらしい・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
伊勢谷友介、抗議の焼身自殺未遂者への批判に怒り……「卑下することは許
せない」

俳優の伊勢谷友介が6月30日、新宿駅付近で起きた焼身自殺未遂事件に関
する記事を自身のFacebookに投稿。自殺未遂者に対しネット上で非難の声が
あがったことについて「許せない」と怒りを示した。
6月29日に新宿駅南口の歩道橋で、50〜60代と見られるスーツ姿の男性が拡
声器で約1時間にわたる演説後に、ペットボトルに入っていた液体を自らの体
にかけてライターで火を着け、焼身自殺を図った今回の事件。報道によれば、
男性は集団自衛権の行使容認に抗議する演説を行っていたという。
伊勢谷はこの事件後にネット掲示板「2ちゃんねる」に匿名で投稿されていた内
容がひどいものだったとし、「『名無し』の人間が、焼身自殺と言う命をかけた行
動を、頭ごなしに迷惑だとか、狂人扱いし、卑下することは許せない」と怒り心頭。
「命の使い方をどうするかは、意志のある人間が持てる大切な自由だ。それも
社会の一大事に、命を賭して、その問題提起や変革のための切っ掛けを創る
なら、なおのこと然りと言うべきだ」と持論を展開した。

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/rbbtoday_121361
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これを主張とするパフォーマンスが、まかり間違えばテロ行為となるは、
批判の対象となりえてしかるべきだし、言論の自由のある国では正に蛮行。



こういった弾圧されている人達と、同じのように扱うのはいかがなのか。

画像


もっとも議員の品格の劣る人も、議員を続けられる土壌があるのは、抗議の
意味において、辞職を訴えても良いのでは・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
年の差婚「気持ち悪い」、羊水発言に「同情」… 塩村都議問題ツイートにネット
での批判やまず
2014/6/30 18:45


「セクハラヤジ」問題の渦中にある塩村文夏都議(35)の「過去」が、次々と掘り出
されている。
以前出演していたバラエティー番組「恋のから騒ぎ」(日本テレビ系)内での発言
はすでに週刊誌などで報じられているところだが、インターネット上では都議にな
る前のツイッター投稿にもチェックが入り、バッシングに晒されている。

■「ラサール石井も気持ち悪いなあ」

指摘されているものの1つが「年の差婚」に関するツイートだ。2011年9月14日、
塩村都議はツイッターで「加藤茶 仲本工事さん、、。 ぶっちゃけ気持ち悪いと思
うのは私だけ?」とつぶやいた。
加藤茶さん(71)は同年6月に45歳年下の一般女性と再婚し、中本工事さん(72)は
9月に27歳年下の演歌歌手との真剣交際が報じられたばかりだった。
フォロワーから、気持ち悪いという意見は男性と女性どちらに向けられたものか聞
かれると
「まあ、どちらもキモい」とした上で、「いい大人なら若い子を諭すとか教えるとか人
生の師であって欲しいのに。皆こんなだとおもうと、世のオヤジとうかうか飲みに
も行けないよ。危なくて」と、中年男性が若い女性に恋愛感情を抱くことへの嫌悪
感を示していた。
続けて、同調するフォロワーには「ですよねぇ。。なんか、常識とかモラルとかなく
なったんだろうなぁ。それじゃ人間じゃない気がします」と返す。「僕にとっては夢
と希望です」と主張する男性には「夢と希望はいいと思うんですよ。空想するとか。
でも実行するってのはタガがはずれた●●かなと(編注:伏字は本人によるもの)」
と語りかけており、ほとんど変態扱いだ。
2012年2月には、32歳年下の一般女性と再婚したラサール石井さん(58)について
も下記のように言及した。
「ラサール石井も気持ち悪いなあ。いまひるおび見てたら、なるほど。ゆとり世代は
不況しか知らず、リッチな生活をいま現在させてくれるジジイがよく感じていると。
まあ、確かに。うちの父はいま死の淵にいますが、家族を捨て走った30も年下の愛
人に年金だけ残され、あとは取られて今ひとりです」
これらの発言がネット上で問題視されると、塩村都議は2014年6月28日にツイッタ
ーで「年の差婚に関するツイートについて」と書き、「議員になる数年前のツイート
とはいえ、適切ではありませんでした。多くの方より議員になってからとの誤解も
あるので、釈明をし、謝罪をするべきとのご意見を頂戴しました。全くその通りで
あり、多くの方に不快な思いをさせて大変申し訳ありませんでした」と謝罪コメント
を投稿した。
なお、加藤さんやラサールさんの名前を出したツイートはすでに削除されている。

画像



■「羊水は腐らないけど、的外れでもないなと」

ネット上で批判を集めているのは、これだけではない。2011年9月に「茶のしずく
石鹸」被害者に対して「使い続けるアレルギー持ちの被害者に問題がある気が
するわ」と、誤解に基づく批判を行っていたことが取沙汰されているほか、ラジオ
番組内で「35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる」と発言した歌手の倖田來
未さんについて「同情した」と書き込んでいたことも物議を醸している。
2010年12月、塩村都議は「子宮と卵巣の老化は止められない」という女性向け
雑誌の内容についてフォロワーと話していた。その流れで「以前批判されたコウ
ダクミさんの発言、あれは羊水でしたけど、生殖器全体ということなら、あながち
ウソではないということでしょうか??」
という質問を受けると、「そう。私、倖田來未に同情しましたよ。羊水は腐らない
けど、的外れ もないなと」と返していた。
「羊水が腐る」という点自体は否定しているものの、不妊などに悩む女性の支援
を訴えている立場上、都議になる前とはいえネット上では「同情した」「的外れで
もない」という意見は不適切と捉えられたようで、批判を呼んでいる。
塩村都議は6月28日、過去のツイートが度々批判されていることを受け、「経歴
は隠すことはないと、ツイートもそのままに選挙をしました。しかし、政治家にな
る前のアカウントでツイートをしている事がリスク管理ができていない、 混乱さ
せているのは自分だとのご意見も頂き、その通りだと痛感しています。
徐々に改善します。また、情報が切り貼りされており、残念に感じます」とツイー
トした。
改善方法については示されていないが、年の差婚関連の不適切ツイートを削除
したように、過去の発言に現在の「都議」という立場から問題と思われるものが
あれば同様に削除していくのかもしれない。それでもネットでは、なおも「あら探
し」が続き、いたちごっこになりつつある。

http://www.j-cast.com/images/2014/news209142_pho01.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
メディアのトンデモ振りは、どこか主張するものがピントがずれて、劣化加減が
げんなりさせられる。



そんな時は、望郷のうちに日本の土となったステラおばさんの心情と若者のやり
取りをしっとりと歌い上げたこんな曲で、気分転換。
そしたら、なんともな議員は他にもいて・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
野々村県議が会見 支出の正当性強調 政務活動費問題

兵庫県議の野々村竜太郎氏(47)=無所属、西宮市選出=が2013年度、豊岡
市など遠方を日帰りで195回訪問したとして、政務活動費(政活費)から約300
万円を支出していた問題で、野々村氏は1日、県議会で会見し、「精力的な議員
活動の結果」などと支出の正当性を強調した。
一方、訪問先などについては「公表しないという前提で政策教授や意見交換をし
てもらっている」として説明を拒んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00000011-kobenext-l28
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なんともいえない議員さんの品格に、脱帽。

にしてもその昔の「生活苦」から、移民にいたった人はこんな日本の現状を
どう見ているのか・・・。



その国に骨を埋める覚悟が、苦難の道へと続き、信頼を勝ち得ようと、
その信頼のために「戦地に赴いた移民の人たち」は、その血で勝ち得た
信頼を、ヘンテコな言い回しの「かの国」関連で卑しめられている・・・。
それも日系と評する人によってなのだから、日本以上に憤懣やるかたなし
だろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米民主党のマイク・ホンダ米下院議員ら民主、共和両党の下院議員18人は
6月30日、慰安婦問題をめぐる河野洋平官房長官談話の検証報告書について、
「日本軍による強制性が確認できないと示唆しており、容認できない」と非難す
る書簡を佐々江賢一郎駐米大使に送ったと明らかにした。
佐々江氏は同日、ワシントンで記者団に「まだ受け取っていないのでコメントで
きない」と述べた。
書簡は27日付で、「報告書の時期や内容は元慰安婦の窮状から目をそらさせ
る」と指摘し、遺憾の意を表明。日本政府に「責任のある、紛らわしくないやり方」
で慰安婦問題に取り組むよう求めた。
ホンダ氏の事務所は30日の報道発表で「日本軍による20万人以上の性奴隷化
に関する河野談話」と説明。日本政府が公式な謝罪をしていないとしている。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140701/amr14070110140002-n1.htm



「米軍慰安婦だった」と主張、韓国人女性122人が集団訴訟

朝鮮戦争後の韓国で、政府の管理の下、駐留するアメリカ兵士の相手をさせられ、
「米軍慰安婦だった」と主張する女性たちが、韓国政府に対し謝罪と賠償を求め
集団訴訟を起こしました。
訴えを起こしたのは、いわゆる「基地の村」でアメリカ人兵士の相手をさせられた
「米軍慰安婦だった」と主張する韓国人の女性122人です。
「基地の村」とは、朝鮮戦争後の1950年代後半、韓国に駐留したアメリカ軍の付
近にできた集落とされ、女性たちは声明書で「国家が旧日本軍の慰安婦制度をま
ねて『米軍慰安婦制度』を作り、徹底的に管理してきた」と指摘しました。
その上で、当時、政府が特定地域を売春防止の除外対象としたほか、女性を国家
に登録させ、「愛国教育」という名称で教育まで受けさせたと説明しています。
女性たちは韓国政府に対し、「米軍慰安婦制度」の歴史的事実と法的責任を認め、
被害者に謝罪するとともに、1人あたり日本円でおよそ100万円の賠償を求める
訴えをソウル中央地裁に起こしました。
韓国では、過去にもこの問題が取り上げられたことがありますが、支援団体による
と、こうした女性たちが訴訟に踏み切るのは初めてです。(25日19:45)

http://news.tbs.co.jp/20140625/newseye/tbs_newseye2234101.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ほとんど「朝鮮戦争」でのそれが、いつの間にか日本のメディアの協力で
被害者面出来たが、さて朝鮮戦争でも、同じ手が使えるか・・・。





日本人のための「集団的自衛権」入門 (新潮新書 558)
新潮社
石破 茂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人のための「集団的自衛権」入門 (新潮新書 558) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「備えあれば憂いなし」を否定して、メディアはどこを目指す・・・。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる