BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS <訃報>松岡直也さん76歳

<<   作成日時 : 2014/05/01 12:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新聞の読み方。真っ先に見るのは「お悔やみ欄」、後はどうでも良い。
世情に疎くなると、何をするのを億劫となり、ブログもそのしかりで・・・。

画像


そのお悔やみに、以前盛んに耳にした人の訃報が載っていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<訃報>松岡直也さん76歳=作・編曲家、「ミ・アモーレ」

毎日新聞 4月30日(水)12時12分配信

日本におけるラテン・フュージョン音楽の第一人者で、作・編曲家の松岡直也
(まつおか・なおや)さんが29日、前立腺がんのため川崎市内の病院で亡くなった。
76歳。通夜・葬儀は近親者らで営む。喪主は妻照子(てるこ)さん。
神奈川県出身。日本レコード大賞を受賞した中森明菜さんの「ミ・アモーレ」や、
わたせせいぞうさんの「ハートカクテル」サウンドトラックの作・編曲を担当。
青い三角定規の「太陽がくれた季節」の編曲も手がけ、ピアニストとしても活躍した。
2001年に病気が見つかった。今年3月末ごろに体調が急変し、入院していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140430-00000037-mai-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
わたせせいぞうの画に、バックミユージックにナレーションと当時は斬新な手法
のものは、疲れたからだの癒しになったものだ。



第一回から見ていた「ハートカクテル」、バラホテルの投稿は埋め込み出来ないので、
こちらのものを貼り付けた。




良く出てくるものに喫茶店だとかがあって、そこのとろこのほのぼのさが
癒してくれる。いまは「珈琲屋の人々」なんてのを見てるから・・・。
店と客の関係ってなんとも、癒してくれる人、癒される人の相互関係がいいもんだ。




松岡直也も、ちっと人の子かいなと思ったのが、この曲。
どこか似てんなぁ・・・、




ピアノはショパンに行き着くのか、相当昔の曲が甦れば、こんな風に・・・。
作詞が売野って、初めて知ってへぇってなもんだ。




ときたま聴くピアノも良いもんである。
そしてあの頃、癒してくれた曲に感謝、作った人に「ありがとう」と、ご冥福を・・・。


A Farewell To The Seashore~午後の水平線
アーント
2002-04-25
松岡直也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by A Farewell To The Seashore~午後の水平線 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<訃報>松岡直也さん76歳 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる