BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 異常な反応、余裕のないメディアで禄を食む人

<<   作成日時 : 2014/03/25 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヘイトスピーチなる語句を駆使する人の言葉を聞くと脳髄反射で、胡散臭さ
が溢れかえって来て、もう全くきくに値しないと断を下してしまう。
というような現象にさせてくれるメディアの露出過多な人々の影響力は、思惑
とは違うだろうが反面教師の役目を果していると・・・。

画像


テレビ・メディアにおける「コメンティターやらしたり顔の芸人」の戯言は、不愉快
なものが多く、それでテレビ視聴も極端に少なくなる現代を象徴している。
いつも感じる「お宅何様」なものは以下のものが特徴的・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
23日のTBS系ラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」で、お笑いコンビ・爆笑問題の
二人が、安倍晋三首相の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)出演について本音
を漏らした。
安倍首相は、21日の「いいとも!」テレフォンショッキングのコーナーに登場して
いた。同番組に現役首相が生出演するのは初めてということもあり、スポーツ紙
などのメディアも大きく取り上げていたが、共演した芸能人の中には複雑な心境
の者もいたようだ。
安倍首相の「いいとも!」出演が話題にのぼると、爆笑問題の田中裕二は当日の
スタジオの様子を語るとともに、自身の本音を吐露している。田中によれば、当日
のスタジオには、SPによるものものしい警備体制が敷かれていたそうだ。
また、安倍首相が上手(舞台向かって右手)に座るため、いつも上手から出ている
出演者に「客席の横から出てください」などと要請があり、田中は安倍首相と顔を
あわせることもなかったという。
こういった舞台裏を振り返り、田中は「めんどくさい、正直!」と、ひそかに
不満を持っていたことを明かした。また、3月で放送を終了する「いいとも!」への
自身の出演が、21日を含めて残り2回であることに触れ「安倍さんが来るっていう
ので番組が注目されるのはいいことかもわかんないけど…出演者としてはあの…
『余計なことして』って、少しね。本音といえば」とも語っており、あまり快く
思っていなかったようだ。
一方、当日番組に出演していなかった相方の太田光は「(安倍首相は)
クソ面白くもなんともねえトークしやがって。つまんなかったな」と漏らし、
テレフォンショッキングの内容自体にも不満の様子。田中も「内容はたしかに
つまんなかったですよ…」と同意し、二人とも安倍首相の出演を厳しい目で
見ていたことを明かしている。
爆笑問題の二人は、自身のラジオで何度も「いいとも!」放送終了について、
想いを熱く語ってきた。相手が首相とはいえ、残り少なくなった番組出演を
大事にしたいという気持ちが先に立ち、つい本音が出てしまったのだろう。

livedoor ニュース/トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/8661984/



安倍晋三首相は21日、フジテレビ系列の番組「笑っていいとも!」に出演しました。
司会のタモリこと森田一義さんとのトークで安倍首相は「笑いは健康に良い」などと
述べました。同番組は3月末で終了予定で、終盤に出演するゲストが注目されてい
ます。
収録スタジオのある東京都新宿区のアルタ前では、秘密保護法の強行採決や4月
からの消費税増税など国民を締め付ける安倍首相に対し、「笑ってる場合ではない」
と約300人が駆けつけ、抗議の声を上げました。
フジテレビの日枝久会長と会食を重ねる安倍首相が同社の人気番組に出演したこと
に、東京都目黒区の男性(40)は「あからさまなメディア戦略だ」と批判。安倍政権が
消費税増税や企業が派遣を「常用」できる労働者派遣法の改悪をねらっていることに
ふれ、「バラエティー番組に出て愛嬌(あいきょう)を振りまき、悪政をごまかそうとして
いる」と語気を強めました。
男性(45)は、妻と娘の3人で東京都豊島区から来ました。「安倍政権になって右寄り
にどんどん行ってしまっている。人気の落ちているのを取り戻したいと『笑っていいと
も』に出演したのだろうがひどい。許せない。
原発再稼働を推進しようとしているのががまんできない」と話していました。
西東京市の女性(66)は「本当は顔も見たくないのですが行動しないと好きなことを
やられてしまう。諦めないで国民の声を上げ続ける」と声をからしていました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-03-22/2014032215_02_1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
万年野党の共産党も、これでは「ウンザリ」してしまう。
少しでも期待をした時期もあったが、結果的に「日本に対する真摯な姿」は翳んでし
まい、なんでも反対の「どうでもいいですよ、その発言」の一派と代わらぬのでは、
残念過ぎる・・・。
何より「過去の捏造」が一人歩きして、これからの人をも卑しめるのでは、どうにも
ならない。

画像


その元凶は、流石な姿勢を隠そうともしない。
日本人には人権無視を堂々やって、あの人達には「心底配慮」をはらう言動
には、公共財としての資質は全くないだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4月1日のエイプリルフールにはまだ1週間もございますが、朝日新聞が嘘の
ニュースを寄稿し波紋を呼んでおります。
問題の記事は「小保方さん、『大人AKB48』で歌手デビュー!」というjもので、
言ってみれば虚構新聞の様なパロディニュースのようです。
しかし大手メディアである朝日新聞が嘘のニュースを配信してよいものかと波
紋を呼び、ついには記事を削除せざるをえなくなったようです。
問題の記事は朝日新聞の「今井舞 ウソうだん室」と呼ばれる記事で、タイト
ルにはなから「ウソ」と書いてあるので閲覧者は「パロディニュース」だと気づき
やすい。ただし、虚構新聞の様な個人のメディアであるのであればまだしも、大
手メディアである朝日新聞のサイト内にあるので、一見これがパロディだと気づ
くには少々時間がかかるのかもしれない。
内容も非常にリアリティあふれるインタビューで小保方晴子です。よろしくお願い
申し上げます。
ご存じの通り、今私は八方塞がりの状態です。生き地獄です。等と笑えない現状
を偽インタビューという形で晒している。
この記事が何故か虚構新聞にとばっちりがいき「現在お問い合わせいただいて
いる「ウソうだん室:小保方さん、『大人AKB48』で歌手デビュー!」は朝日新聞
社のコラム記事であり、本紙記事ではありません。」などと釈明している。
しかし、相当クレームが多かったのか記事が削除されてしまった。どうやらたとえ
嘘であっても、本名ということもあり、あまりシャレにならない記事だったのかもし
れない。

―ネットの反応

・ あーあ。虚構の悪影響だな!
・ なにこれ・・・悪趣味・・・ 
・ 「デビュー曲は『人生切り貼りしちゃえるNO!』
・ 朝日からは削除されたか。Web魚拓から。ブラックジョークのつもりなんだろうけ
ど全然面白くないのがね /
・ 今日かなり拡散されてたけど、反吐が出る…
・ 大新聞も当てにならない
・ ふざけてるとは思うけど、実際この通りでしょ? なのに新聞という理由で炎上。
・ やっぱり変態新聞の名は伊達じゃないな毎日
・ 朝日新聞デジタルのこの記事もひどいが、 そもそもこの企画自体がありえん。
・ こんな記事書くとは。

http://www.yukawanet.com/archives/4647878.html

画像


川崎市幸区の多摩川の河川敷にある戸手4丁目の一角。
ここに戦後まもなく在日韓国・朝鮮人が住み始めて60年余り。
わずかに残ったトタン屋根の住宅が、スーパー堤防などの都市開発で消えようとし
ている。地域を歩き、この街に生きた人たちの思いを聞いた。
JR川崎駅から北に2キロ足らず。多摩川沿いに200メートルほどの集落が続く。
かつては約1キロにわたって並んでいた。住民登録していない人も多く、住んでいた
人数は市も分からない。
いまこの街で暮らすのは3世帯。ほかに古紙回収業者の事務所やキリスト教の川崎
戸手教会、廃屋などが並ぶ。
1961年から2005年まで住んだ岩本守男さん(80)に話を聞いた。
両親と一緒に静岡県から上京し、人づてにここを紹介してもらった。
丸太とベニヤ板を組んで家を建てるところから始めた。集落の人が営む古紙回収業
を手伝い、何とか生計を立てた。「苦しかったけれど、集落の中には焼き肉屋や赤ち
ょうちんの店があり、よく酒を飲んでいたよ」。卵や唐辛子などの食材を融通し合った
日々を懐かしむ。
堤防はなく、雨で水位が上がるとたびたび畳から水がしみ出てきた。
1999年の豪雨では床上64戸、床下12戸の浸水被害が出た。
雨の降り方から「危ない」と判断すると、若者がお年寄りを連れ出し、近くの小学校や
教会の2階に避難させた。
「俺みたいな大工仕事が得意な人間が借り出されて、水害のたびに街を作り直し
たよ」 (以下略)

http://www.asahi.com/articles/ASG3B6S11G3BULOB02B.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一級河川の河川敷を「不法占拠」を長年に渡りしているのには配慮しても、
日本人の「個人の人権は蹂躙」して、それを笑いにする「気色悪さ」は、あちらの
メディアの特色と一致してしまい、社員研修はきっとあちらへの「洗脳」から始まる
のではないかと想像してしまう・・・。

画像


こんなやからが、跋扈出来る日本は平和で住みやすい「地球市民の憩いの場」
なのだろう・・・。
フランスの地方選挙で躍進した「国民戦線」という政党の主張する政策にこそ、
その国の危機感からの「叫び」が聞こえてきそうだが・・・。

==============
政策
移民の制限。ただし、フランスの文化を尊重、保護する移民は拒まない。
たとえフランス国籍を持つ移民や移民二世・三世でも、犯罪を行った場合は出身
国へ強制送還させる。
伝統的な生活様式を保護する。特に農民を尊重する。
フランス国内のモスク建設の停止。
麻薬の密売人や、小児性愛などの性犯罪者、母親による児童虐待、殺人者、テロ
リストを特に対象として、死刑を復活させる。
公務員の削減。
減税。
極左に操られているような団体に対する補助金の廃止。
放任主義を減らし、道徳の復権をはかる。
犯罪者や移民には寛容ゼロ (tolérance zéro) で臨む。
同性カップルもパートナーシップを結べる民事連帯契約法の廃止。
国籍に関してはいわゆる血統主義を採用する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%88%A6%E7%B7%9A_(%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9)
                             ===============

これからの日本にも生まれてきそうな政党の「政策」とも思える。






移民と現代フランス ―フランスは「住めば都」か (集英社新書)
集英社
ミュリエル・ジョリヴェ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 移民と現代フランス ―フランスは「住めば都」か (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
異常な反応、余裕のないメディアで禄を食む人 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる