BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 人に好かれる態度、嫌われる態度

<<   作成日時 : 2014/03/13 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

好き嫌いは外見上だけでなく、その持って回った生き死にの潔さが人格形成に
漂い、それをして好感度により人に好まれたり、変な言い訳でより嫌われたり
それが国となれば、より民族度も加味されて・・・。

画像


画像のような関係は、一目でよくわかる信頼が絵になっている。
そんな絵にするには、それなりの関係の構築が背後に見え隠れする。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「日本の援助に台湾が“倍返し”」 震災3年後も届く感謝の声
2014/03/11 17:50

東日本大震災3周年を控えた2月末、不自由な暮らしを送る多くの被災者が中華
民国紅十字会総会(赤十字社)の職員とともに被災地を視察した中央社の記者
に対し、「台湾のおかげで、落ち着いた生活ができるようになった」などと話し、台
湾への感謝の気持ちを忘れないでいる。
津波で親族12人を失い、福島県相馬市で台湾が支援した災害公営住宅「狐穴団
地」に住む76歳の鈴木悦子さん(=写真)は、漁網づくりで生計を立てている。
家には毎月2500円で住むことができ、台湾からの復興支援に感謝したいと述べた
ほか、「ここに住んでいる9人の独り身だった高齢者たちが台湾のおかげで家族に
なった」と語った。
台湾が支援した災害公営住宅や保育園などの再建工事のうち、最も早く竣工した
のは福島県で、この狐穴団地には昨年4月から鈴木さんを含めて女性7人、男性2
人が入居している。
岩手県では、台湾支援の住宅が大槌町に建設されている。同町の碇川豊町長は
震災前は台湾をあまり知らなかったが、震災後は関心が「爆発的」に湧いてきたと
語る。山田町にある保育園では名称を震災前の「若木」から「日台きずな」に改名
するなど、台湾への謝意がいたるところで表れている。
紅十字会に寄せられた台湾の義援金(利息含む)25億7773万4705台湾元(約87億
8726万円)のうち99.5%がすでに被災地の復興事業に充てられており、残りの金額
も生活援助が必要な現地の人々への支援金として届けられる。日本赤十字社は、
1999年の台湾大地震で日本から寄付された30億円の義援金を台湾が東日本大震
災で“倍返ししてくれた”としている。 (楊明珠/編集:荘麗玲)

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201403110003.aspx
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
異常なほどの行為に対する謝意は、国民に響くものであるが、以下のような
異常な神経過敏な「発症したかの表情」には、一二歩と後ろに下がる。

画像


何より善意という「無償の代償」そのももという語句とは、到底縁のない民族は
「何か得られるから」という善意精神皆無な態度だから、それこそ忌み嫌われて
しまう。
もっとも自覚出来ぬ精神性は、治療の術無し・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2011年3月11日、東日本巨大地震の当時、日本人は戦後最大の災害に見舞われ
つつも、優れた秩序意識を見せつけた。
英紙フィナンシャル・タイムズは当時「日本の市民意識は人類の精神が進化すると
いう事実を証明した」と評した。
韓国など各国が日本に贈った義援金には、日本が苦痛を昇華させ、尊敬される国
になるのではないかという期待が込められていた。
1923年の関東大地震(関東大震災)以降、軍国主義へと向かった歴史が別の形態
で繰り返されるとの意見もあったが、そうした懸念は日本に寄せられた信頼の中に
埋もれた。
しかし、3年後の現在、信頼は懸念に埋もれてしまった。巨大地震後、政治の無気
力とその副作用で増幅された「日本再生」の熱望は、期待とは全く異なる日本をつ
くり出している。安倍晋三政権の右傾化の暴走は、福島原発事故のいい加減な収
拾よりも深刻な北東アジアの脅威として浮上した。「人類精神の進化」という評価を
受けた日本では現在、白昼堂々「韓国人を殺せ」というスローガンが飛び交い、巨
大地震後も無力だった日本の公権力は「表現の自由」という美名の下でそれを放
置している。
専門家は巨大地震後の日本社会の変化を「災害後民主主義」という枠組みで分析
している。日本は敗戦後、平和憲法に基づき、政治勢力間の合意と譲歩、国民世
論を重視する「戦後民主主義」の政治システムを維持してきた。
しかし、大地震、津波、原発事故という3大災害を経験し、日本特有の民主主義プ
ロセス自体が変化しているとの指摘だ。
文化学園大の白井聡助教は「政府が大地震の収拾に失敗し、日本国民が既存の
システムやプロセスを信用しなくなった。
そうした不信が『強い日本』を名分とした安倍の一方通行プロセスを容認する背景
になっている」と分析した。
そうした傾向は「政策」に対する支持と「政権」に対する支持が異なるという形で表
面化している。靖国神社参拝、集団的自衛権、原発再稼働、特定秘密保護法など
一連の右傾化政策には反対世論が優勢だが、安倍政権は60%前後の高い支持
率を記録している。
政治評論家の御厨貴氏は「3・11大地震以降、『反対なき政治』という不思議な状
況が続いている」と分析した。
千葉大の小林正弥教授は論文の中で「残念ながら、3・11以降の日本は治安維持
法と似た特定秘密保護法を作り、首相の靖国神社参拝によって、国際的孤立が
加速するなど、ファシズムに至った戦前と似ている」と分析した。
1923年の関東大地震当時にも、日本は現在のように速やかな復旧と民心の安定
に失敗した。当時、国民の憤怒の矛先を変えるため、日本の警察が組織的に行
ったのが「朝鮮人が井戸に毒を入れたり、放火したりした」「朝鮮人が日本人女性
を強姦(ごうかん)している」という虚偽の事実を流布したことだった。
日本政府の犯罪的行動は、在日朝鮮人に対する残酷な虐殺へとつながり、韓日
間の歴史に癒えない傷を残した。
日本は民主主義弾圧、けん制勢力の没落、軍国主義へと向かい、結局は破滅した。
程度こそ違うが、現在の日本社会も排他主義の道に向かっている。韓国人をター
ゲットにして、口には出せないような憎悪の言葉を並べるデモや書籍の出版が相
次いでいる。日本で「知性の総本山」と評価される三省堂書店ですら、そうした書
籍を集めた「特別コーナー」を設けた。
もちろん日本社会が軍国主義に回帰したとはいえない。静岡県立大の奥薗秀樹
教授は「極端な主張が強まったが、それに対抗する良心勢力が健在だ。
日本社会は今も自浄機能を持っている」と主張した。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/11/2014031101328.html?ent_rank_news
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「売れたいビジネス」を推し進めたいなら、あちらのマスコミの言を控えないと、
ますますもって「精神分裂」な人物像が出来上がって、「薄気味悪さ」が日本
に蔓延してしまう。

画像


薄気味悪さとなれば、日本のメディアも「変態」のそれが定着したものもあり、
どちらのメディアも自国にマイナスに働く「国益毀損」ぶりは似通っているか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
窓ガラス1枚が割られたことを放置してはいけない。黙っていると窓は次々と割
られて社会が荒廃するからだ。
私たちは人種、肌の色、性別、宗教などを理由にしたあらゆる差別が広がる前
に毅然(きぜん)とした態度で立ち向かわなければならない。
埼玉スタジアムで8日に行われたサッカーJリーグの浦和・鳥栖戦で浦和サポー
ター席へ入るゲートに日の丸とともに「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕
が掲げられ、試合後に撤去された。
意味は「日本人以外はお断り」。かつての米国やアパルトヘイト(人種隔離)政策
の南アフリカで黒人らを排斥する意図で公共施設などに掲げられた「ホワイト・オ
ンリー」を想起させる文言だ。
また、試合中にはサポーターによる差別的発言があったことも判明した。
Jリーグの村井満チェアマンは翌9日、浦和に対して徹底した調査と報告を求める
とともに差別的行為には厳正かつ毅然と対処する意向を示した。当然の対応だ。
浦和は横断幕を掲示した人物からすでに事情聴取を始めていて、今週中に報告
するという。
文言の意図がどうであれ、その行為の結果責任は問われなければならない。
近年、異なる意見や文化を持つ人たちに憎悪の言葉を浴びせたり、排斥したりす
るような事例が目立つ。
一例がヘイトスピーチ(憎悪表現)だろう。そうした非寛容な社会の動きがスタジア
ムにも飛び火したとしたら極めて残念だ。
世界各国から選手が集まる欧州リーグではサポーターを巻き込んだ人種差別的ト
ラブルが絶えない。 差別の撲滅はサッカー界共通の課題だ。
日本サッカー協会は昨年11月、国際サッカー連盟に倣い、懲罰規定の中に差別
に関する条項を追加した。
差別行為をした選手に最低5試合の出場停止および10万円以上の罰金などを科
すほか、クラブにはサポーターの行為についても監督責任があるとして重大な違
反には無観客試合や試合の没収、勝ち点の減点などの懲罰を科すことになった。
日常生活ではめったに体験できない熱狂や興奮に包まれるスタジアムにもルール
はある。
差別的横断幕のように個人の尊厳を害する行為が許されないのは言うまでもない。

http://mainichi.jp/opinion/news/20140312k0000m070159000c.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
変態が何か言ってるという。
変態が何だって・・・、どうせ変態だから・・・。
どこまでいっても「お前が言うな」が、国民のアンサーだと認識するべし・・・。
その上で「改心の見える」言を披露すれば、変態からサルベージされるかも・・・。

画像


ただ政府やその他が何とかなって、国民の信頼失墜の元凶は「そうそう許される」
ものでもないし、そこが言を極めても「お前が言うな」で、封殺される。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
天声人語

「少し」というところが、いい。東京都品川区が「英語少し通じます商店街」という
プロジェクトを始める。2020年の五輪では区内でも競技がある。
大勢の選手や観客を迎えたいと考え、企画した
▼なぜ少しか。英語を話せますと胸を張る日本人は限られる。でも「少しなら」と
思っている人は結構いる。
そんな人が積極的に話すきっかけになれば、と担当の寺嶋清(てらしまきよし)課
長。外国人にお店に出向いてもらい、注文や支払いなどのやりとりを学ぶ
▼半世紀前の世相を作家の丸谷才一さんが活写していた。五輪だからといって
〈何も一億総通訳みたいな雰囲気をあおりたてる必要はなかろう〉
(石井正己〈まさみ〉編『1964年の東京オリンピック』)。2回目は少し肩の力を抜
いて臨めるだろうか
▼柔らかな笑みが人を迎える作法とすれば、こちらはあまりに剣呑(けんのん)な
表情だ。
「JAPANESE(ジャパニーズ) ONLY(オンリー)」という横断幕が先日、埼玉の
サッカー競技場の観客席入り口に掲げられた。
日本人だけ、つまり「外国人お断り」である
▼心ない行為というほかない。以前にもあった。北海道内の温泉施設が外国人
お断りの張り紙を出し、米国出身で日本国籍をとった男性らの入浴を拒んだ。
裁判所は「人種差別」だとして慰謝料を支払えと命じた
▼ヘイトスピーチといい、強面(こわもて)がはびこって穏やかさが失われている。
人を拒み、締め出す。人を迎え、受け入れる。どちらの社会が住みやすいか。
寛容という作法を学びあいたい。まずは少し、でいいから。

朝日新聞デジタル 2014年3月13日(木)付
http://www.asahi.com/paper/column.html?iref=comtop_pickup_p
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
意味不明な文体を、殊更理解しようとする無駄な時間は、国民に残っていない。
理解されるように明快な、その上謙譲の精神を持って「言に命」を掛ける意気込み
を読み取れるようにしないと、振り向いてくれる人もいない。

画像


右・左のカテゴリーではない、好き・嫌いの生理的な感情は、なにをも影響されず
国民の支持は得られるものではない。
そんな敏感な感情は、これまでの延長線上にはないのを知るべし・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
右翼といえば、“黒塗りの街宣車に日の丸を掲げた男性”というイメージがあった。
ところが、この2〜3年、若い女性の間でも右寄りの思想に傾倒する人が急増して
いるという。
愛国活動に目覚めた女性たちを追って話題を呼んだルポルタージュ『女子と愛国』
(2013年11月、佐波優子著、祥伝社)でも、「ネットで“真実”を知った」という話が何
度も出てくる。
彼女たちに取材すると、2ちゃんねるなどネット経由で、韓国・中国が嫌いになった
という人が多い。
普通に恋やファッションに興味があるけれど、内心に「韓国・中国は許せない!」
「尖閣・竹島は日本のもの!」という怒りを秘めた彼女たち。
一般的な女性のなかでは際立った主義主張を持つために、悩みも多いという。
特に多い悩みは、職場での人間関係だ。
2ちゃんねるの中でも特に過激な論調で知られる「既婚女性板」(通称“鬼女板”)を
愛用する織田香里さん(仮名・34歳・OL)は、「職場に在日韓国人の方がいらっしゃ
るんですが、当たり前のように『自分の祖先は戦争中に強制連行されてきた』と言
うんです。
あまりビックリした顔もできないし、何言ってんの、と言いたいですが、私も大人です
し……」と語る。
また「職場に韓流ファンの方がいて、結局、疎遠になりました」(30歳・OL)という女性
もいた。
さまざまな葛藤があるようだが、日々、日本のために闘い続ける彼女たち。だが、冒
頭の竹中さんは、最も辛いことは別にあるという。
「それは“真実”に気づいてしまったことです。領土問題で中韓がどれだけ理不尽な
ことをしているか、在日外国人の悪行、朝鮮人のために活動する民主党、日本人を
洗脳する広告代理店やマスコミ……。
ネットを眺めていると、今、日本がどれだけ深刻な事態かわかり、ここ一年で精神的
に参りました。無知な頃に戻れるものなら戻りたい」(抜粋)

http://joshi-spa.jp/64067
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
結果的に「メディア垂れ流し」の広告が、より嫌悪の対象として注目されるのだから
マーケティングの誤りは、見余りの失敗。
なにをどう繕うと、生理的嫌悪感に包まれた人をなびかせるなんて無理。
それが「知れば知るほど、嫌いになる」の源泉であるを分析に活かさなければ、
どんなに広告宣伝費を掛けようと、代理店の儲けを膨らませるだけ、嫌悪が広がる
残念過ぎる結果になる。




自由なんてのは、失うものが何もなければ・・・。
ヒッピーの精神は、それはそれで素晴らしい哲学だ。




ずる―嘘とごまかしの行動経済学
早川書房
ダン アリエリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ずる―嘘とごまかしの行動経済学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人に好かれる態度、嫌われる態度 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる