BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本のマスコミの視野、笑える画像

<<   作成日時 : 2014/01/09 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本のマスコミに対する国民の違和感を画像で表せば、以下のような画像
になり、誰でも納得し「笑いが起こる」となると、日本国民の共通認識は、
日本のマスコミが「世界から孤立」している・・・。

画像


何より火種を御注進に及び、それを記事にして悦に入るとかの作法は、いかが
なものか、普通であれば「日本国の領土」に対しての反論をする意欲なら分かる
が、やはり「脳内での世界が画像のような偏狭過ぎる意識」なマスコミにとって、
日本などどうなろうと、自分達は「生活していける」という差別意識が充満して
いると、新年早々でも「相変わらず」な脳内世界への御注進メディアという地位は
不動なのか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【ソウル時事】韓国外務省報道官は9日の記者会見で、島根県の溝口善兵衛
知事が2月22日の県主催の「竹島の日」記念式典に安倍晋三首相らを招待す
る意向を示したことについて、「到底理解できない」と批判した。
報道官は「独島(竹島)が日本の朝鮮半島侵奪の最初の犠牲だった点を日本
は明確に記憶し、反省しなければならない」と主張。その上で「(日本が)独島
に対する不当な主張を一日も早くやめることが韓日友好の基本であり出発点
だと信じる」と述べた。 

時事通信 1月9日(木)16時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00000099-jij-kr
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
領有権を争うとか、実効支配しているのに「動揺」するさまは、まさに「嘘でやり込
めしかない後ろめたさ」のなせる業だからだろう。
それを日本のメディアが早速伝えるとか、なんとか「軋轢の火種」は絶やさない
姿勢に「商売は大変だ、国民に忌み嫌われても騒動にしたい」とかの「サディスト」
な姿が浮かんで来て、「逃げて、変なのが来た!」の今日捕まった変態犯の逃走
劇のやり取りを見せ付けている。

画像


批判が起これば、それを「取ったどぅ!」とばかりに「小躍りして喚き散らす」が、
国民はマスコミの狂乱をよそに冷静で、「靖国」に対しての意識も自国の犠牲者
云々で、何より国会の議会が「戦犯」の存在を否定して、すべてを戦没者として
も頑なに「悪いやつ」と、人道云々では「犯人は悪いが、周辺は悪うない」として
いるが、マスコミの視野の世界が反発すると、それに歩調を合わせてなのだから
「自立歩行が出来ないロボット」を見るようである。
そんな中でも、そこそこに自立歩行をしているのが、以下のような極稀なマスコミ
の姿。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「靖国参拝で日本が孤立」は歪曲報道だ むしろ日本を擁護する東南アジア諸国
2014.01.08(水) 古森 義久

2013年末から2014年の冒頭にかけて、安倍晋三首相の靖国神社参拝が内外に
大きな波紋を広げた。この参拝を中国と韓国の政府が公式に激しく非難した。
米国のオバマ政権も「失望」を表明した。ロシアやEUも政府や議会のレベルで
批判の声明を出した。
日本の主要メディアでは、こうした「点」をつないで、「日本は安倍首相の靖国参拝
のために世界で孤立した」(朝日新聞の再三の論調)と断じるような論調が多い。
だが本当にそうだろうか。

◆太平洋戦争の激戦地、東南アジア諸国の反応は?
靖国神社と一体化して語られる日本の軍事行動の肝心の舞台となった東南アジ
ア諸国はどうだろうか。
靖国神社が日本の対外的な軍事行動を象徴すると言うのならば、東南アジアこ
そ日本の首相の靖国参拝に最も激しく反発するはずだ。
ところがそうではないのである。東南アジア諸国からは、政府レベルでの今回の
首相の参拝への非難は1月7日の現在にいたるまでまったく出ていない。
中国や韓国のように政府の公式声明として糾弾した国は東南アジアでは皆無な
のだ。民間でも安倍参拝非難はほとんど出ていない。この事実は日本側としても
正確に認識しておくべきである。
本コラム(「日本人が知らない親日国家『20対2』の真実、安倍首相のアジア訪問
で明らかに」)でも詳述したように、アジアの多数の国家の中でも、歴史問題を理
由に日本を糾弾し、特に靖国問題で政府として日本を非難し続ける国は中国と
韓国だけである。そんな実態が今回の動きでも立証されたと言えるのだ。
繰り返しとなるが、安倍首相の参拝の12月26日から10日以上が過ぎた1月7日ま
でに、政府が公式の声明や言明でこの参拝を非難したアジアの国家というのは
東南アジアでは皆無である。インドやパキスタンを含む南西アジアでも同様なのだ。
この事実こそ大ニュースだろう。「日本が世界で孤立」などといった断定はとんで
もない間違いだということだ。(以下略)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39618
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
特定アジアの批判に、今回はアメリカが加わりとなるが、どこでも「民主党」という
名称の団体は「責任感の欠如が痛々しい」限りで、何よりは「信頼関係」というもの
に対して、相当に懐疑的な「人間不信の集団」と看做せる。

画像


「集団強姦・強盗」犯の逃走には、相当の経費を継ぎこんで「知らせる価値」が
あるかのようで、こんなものと以下のものでは、人道的見地からマスコミの集中
していい「紛争地帯の危険性」を知らせぬでは、なんともな平和ボケ・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
南スーダン首都で銃撃 国連施設の避難民増加
2014.1.7 11:02

国連報道官は6日、内戦の危機にある南スーダンの首都ジュバで先週末に銃
撃があり、緊張が強まったと述べた。ジュバには日本の陸上自衛隊の施設部
隊が宿営地を置く国連平和維持活動(PKO)拠点がある。
報道官によると市場などで撃ち合いがあり、ジュバのPKO拠点には新たに約
千人の市民が逃げ込んだ。同拠点には昨年末の段階で2万5千人が避難して
いる。
報道官は、南スーダンの各地で政府軍と、対立するマシャール前副大統領派
の衝突が伝えられていると述べた。双方が掌握を狙う東部ジョングレイ州の州
都ボルでは、南部で激しい戦闘が起きたと明らかにした。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140107/mds14010711020005-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
相当な危険地帯になって、国連の平和維持活動も暗礁に乗り上げたか。
にしても無能の事務局長は、なにをしているのだろう。
何でも韓でも「文句付け」だけでは解決しないだろう。





公告宣伝の質も、日本のテレビ・メディアで流れるものは「胡散臭い商品」の
物ばかりで、こんなコマーシャルを作る余裕はないのだろうが、今一度広告の
「目的」にある商品で豊かになる人間の心というものに立ち返らないと、結果的
にテレビの凋落に付き合うことになる。


ぼくらの祖国
扶桑社
青山 繁晴

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぼくらの祖国 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本のマスコミの視野、笑える画像 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる