BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 神社参拝 発狂メディア騒動空からの報道に「テロも簡単」となりそうな日本

<<   作成日時 : 2013/12/26 18:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ヘリコプターからの映像を見ながら、ふと思うのは日本のリーダーの乗る車
を射程に捉える映像に、もしがあれば、日本でのテロも簡単・・・。

画像


発狂メディアは現政権の次々と出てくる「御注進問題」にてんてこ舞いをさせら
れて、相当な経費をぶち込んで、結果はネット・アンケートの国民の「参拝賛成
八割」という民意を報道にのせることなく、御注進メディアの常套句「世界から
孤立してしまう」を適度に振りまいて、国民をうんざりさせている。
靖国神社参拝が、国民にとっては当然な行いで、参拝出来ないのが異常と
認識されているにもかかわらず、発狂したままのメディアは、醜い文章を羅列
させる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安倍晋三首相の靖国神社参拝について、韓国政府は日本側から事前に
連絡を受け、 参拝前の26日午前に外交ルートで強く抗議した。韓国政府
は安倍首相や閣僚らが靖国に参拝しないよう繰り返し求めてきており、日
韓関係がさらに冷え込むのは必至だ。
韓国外交省の担当部局は急きょ、会議を開いて対応を協議している。同省
は靖国神社の春と秋の例大祭や8月15日などに日本の閣僚や国会議員
が参拝するたびに懸念を表明。
4月に麻生太郎副総理が参拝した際には、尹炳世(ユンビョンセ)外相が直
後に予定していた 訪日を中止し、日韓関係が冷え込む大きな要因となっ
た経緯がある。
韓国政府関係者は「参拝など絶対にあってはならない。日韓関係をどうした
いのか、とにかく理解できない」と述べた。
一方、中国の国営新華社通信(英語版)は26日午前、日本の通信社報道
を引用する形で「安倍晋三首相が午前、論争のある靖国神社に参拝する」
と速報した。欧米のメディアも参拝を相次いで速報。ロイター通信は「中国
や韓国が反発することになりそうだ」と伝えた。

http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312260098.html

画像


韓国では、日本との関係改善を図るべきだという声が出ていたやさきだった
だけに、安倍総理大臣の靖国神社参拝について、
韓国政府は「日本側の信頼と誠意が疑われる」と厳しく非難しています。
韓国政府の関係者は
「日韓両国が互いに努力してきたのが水の泡になる。
これまで参拝をせず、うまくいっているのにどうしてこうなるのか分からない。
日本側の信頼と誠意が疑われる。関係は回復することなく悪化するだろう。
大変残念だ」と述べ、安倍総理大臣の靖国神社参拝を厳しく非難しました。
日韓関係は、去年、イ・ミョンバク大統領による島根県竹島への上陸で急速に
悪化し、その後、ことし2月に韓国でパク・クネ政権が発足してからも日韓首脳
会談は開かれていません。
韓国では、安倍政権の発足を受けて「日本は右傾化している」という見方が強
まり、パク大統領は、日本と関係を改善するには
いわゆる従軍慰安婦問題など歴史認識を巡る問題で
日本側が前向きな対応を取ることが必要だという考えを繰り返し示しています。
その一方で、ことし10月、
日本の集団的自衛権の行使容認が検討されていることを
アメリカが歓迎する意向を示したのをきっかけに、
韓国では、メディアなどから、首脳会談に応じることの検討も含めて
日本との関係改善を模索すべきだという声が出るようになりました。
そうしたやさきだっただけに、安倍総理大臣が靖国神社を参拝したことに対しては、
韓国政府のみならず国民やメディアが激しく反発するのは必至とみられます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131226/k10014126201000.html

画像


朴槿恵大統領は今年2月の就任以来、安倍首相の歴史認識や竹島問題を
めぐる対立から日韓首脳会談を見送ってきた。一方で、植民地時代に日本
企業に徴用された元労働者が、日本企業を相手取って起こした損害賠償訴
訟など、一層の関係悪化を招く懸案の処理について外交当局間で協議が
続けられてきた。
しかし、韓国外交省関係者は本紙に対し、「安倍首相が靖国神社を参拝す
れば、日韓関係は当面動かなくなる」と語った。別の韓国政府関係者は、
「日韓両国の努力が水泡に帰す。
安倍首相がこれまで靖国神社に行かず、いろいろとうまくいっていたのに、
なぜ参拝するのかわからない。日本政府の信頼と誠意が疑われる」と語った。
(抜粋)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131226-OYT1T00504.htm

画像


安倍晋三首相が靖国神社に参拝したのは、第一次政権で参拝しないまま退陣
したことを「痛恨の極み」としてきた自らの信念に加え、首相の支持基盤である
保守層の中でも特に右寄りとされる支持層が、参拝を強く希望していることに
応えるためだ。
だが、中韓両国に加え、同盟国の米国も日本と中韓との冷え込んだ関係がさ
らに悪化することを危ぶみ、参拝に懸念を示していたとされるため、日本が外
交的に孤立化する恐れもある。
首相は就任直前に同神社の秋季例大祭に参拝。一年前の安倍政権発足以
降は中韓両国の反発を懸念し、参拝していなかった。
だが、尖閣諸島問題や歴史認識問題で中韓との関係は改善されないまま。
日本側が対話を呼び掛けても、両国との首脳会談すら実現しなかった。
このため、「配慮をしても同じなら、年内に参拝するべきだ」との声が、保守層
から出ていた。
一方、菅義偉(すがよしひで)官房長官ら首相周辺は中韓の反発以上に、米国
との関係悪化を懸念し、「参拝を必死に止めていた」(周辺)とされる。
実際、米国からは官邸側に水面下で首相の参拝を憂慮し、自制を促す意向が
伝えられていたという。
米国内には首相の歴史認識を疑問視し「過去の戦争を正当化する国粋主義者」
との指摘がある。A級戦犯が合祀されている靖国神社参拝は、こうした見方を強
めることになりかねない。

(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013122602000240.html

画像


安倍首相靖国参拝:年の瀬に電撃!遺族や識者から批判も

・安倍首相の参拝が伝えられた靖国神社には午前10時過ぎから報道陣が集ま
り始めた。同11時には100人を超える規模まで膨らみ、海外の報道機関の記
者やカメラマンの姿もあった。
首相を乗せた車が止まるとみられる「到着殿」付近には警視庁の警備担当が乗
り込んだ黒塗りの車両が続々と入り始め、制服姿の警察官も警戒に当たり始めた。
神社の上空は複数のヘリコプターが旋回し、境内は物々しい雰囲気に包まれた。
一般の参拝者は詰めかけた報道陣や厳重な警備態勢に戸惑いの様子を浮かべた。
毎日参拝に訪れるという近くの近藤孝子さん(70)は「やけに警察が多くてどうし
たのかと思っていた。今日っていうのは知らなかった」。参拝については「首相が
独自に決めたこと。中国や韓国との関係は今、あまりよくないけれど、あちらの
考えに惑わされず、やっていいと思う」と話した。
平和を願い戦争に反対する戦没者遺族の会事務局長・上田美毎さん(72)は
「靖国神社はA級戦犯がまつられているだけでなく、多くの犠牲者が出た戦争を
美化し、合理化している。個人なら思想信条の自由があるが戦争の反省の上に
恒久平和を誓った憲法を持つ国の首相が参拝すべきではない。政教分離という
問題もあり、首相参拝は何重にも問題がある。来年始まる通常国会を前にした
この時期の参拝は、集団的自衛権行使を禁じる憲法解釈の見直しをしていこう
という思惑の表れではないかとも勘ぐってしまう」と話した。
秦郁彦・日本大学講師(現代史)は「『人気取り』の効果を狙ったのだとしたら、
遅きに失したと言わざるを得ない。安倍首相が打ち出す施策は、どれもタイミング
が少しずつ遅れている。中韓との関係などを気にしながら1年が過ぎてしまったの
だろう。『北朝鮮との対立が深まる韓国は、今なら日本にあまり構っていられない』
との読みもあるのかもしれない。就任直後の参拝なら人気上昇につながっただろ
うがこんな気の抜けたようなタイミングでは批判の世論も噴き出すし、効果が相殺
されてしまう。相当の決心で参拝に踏み切ったとしても、インパクトは弱い」と話した。
(抜粋)

http://mainichi.jp/select/news/20131226k0000e040244000c.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「参拝を必死に止めていた」(周辺)とされる 米国からは官邸側に水面下で
首相の参拝を憂慮し、自制を促す意向が伝えられていたという。


憶測で物書きが成り立つのは、小説という架空の書き物だけ・・・。

画像


平和を願い戦争に反対する戦没者遺族の会事務局長・上田美毎さん(72)
聞きなれない戦没者遺族の会の人物ってのが、以下のような人物なのだから、
そりゃそれなりに意見をお持ちだろうが、どこから探してきた「ジャーナリズム」の
発狂振りは、一般の人々から隔離されているのかも・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第43回衆議院議員総選挙 千葉県第9区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率   比例重複

当 水野賢一 37 自由民主党 前 103,199票 49.3%  ○

比当 須藤浩 46 民主党 元 89,057票 42.6%  ○

上田美毎 62 日本共産党 新 16,892票 8.1%

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
何にもまして、メディアの姑息さは「意に添う発言」をする人を多用して、
自分たちの意見が民意と錯覚させるのだが、それが御注進の丁稚の様だ
から、より軽蔑され、唾棄されてしまう。

画像


こんなキャプションを点ければ、クスりと笑える映像となる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安倍首相が靖国参拝の舞台裏で本紙既報記事が話題に

安倍晋三首相(59)が26日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。
現職としては、2006年8月15日に当時の小泉純一郎首相が参拝して以来
7年ぶり。第2次安倍政権発足からちょうど1年での決行で、安倍氏は首相と
して初めての参拝となった。
突然の参拝は、かねてこれを求めていた保守層の支持者に配慮したとみられる。
参拝後、首相は記者団に「日本のために尊い命を犠牲にされたご英霊に対し、
尊崇の念を表し、手を合わせた」と神妙に語った。
首相参拝の一報がメディアを駆け巡ったのは午前10時半ごろのことだった。
11時半すぎに靖国神社に到着した安倍氏は、本殿で参拝。「内閣総理大臣
 安倍晋三」名で白い菊を献花した。理由については、安倍政権1年の歩みを
英霊に報告するためと強調した。
寝耳に水の中韓両国はさっそく猛反発を始めたが、安倍氏は「中国、韓国の人
の気持ちを傷つける考えは毛頭ない」として、両国首脳に直接説明したい意向
を示した。
実は今月に入り永田町では「安倍首相の靖国神社参拝はいつか」とピリピリし
た雰囲気が漂い、関係者は“Xデー”がいつかを詮索し始めた。本紙は11日付
紙面で「NHKのニュース枠を押さえてまで…安倍首相14日にも緊急会見の
ワケ」と報じたが、この動きは安倍首相の年内参拝を暗示するものだったと政府
関係者は打ち明ける。
「東スポで安倍首相が14日に緊急会見と伝えたことで、官邸の記者らは年内
に靖国神社を参拝するものだと受け止めるようになりました」
会見で靖国参拝宣言は出なかったが、定例でない会見を行ったことに、首相
の“決意”を感じとった関係者もいたということだ。
来年の干支はうま。安倍首相は年男となるが、より一層存在感を示していくこ
とだろう。

□ソース:東スポ
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/218230/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なんだかこのメディアの論調が、正常に思えるのだから、日本のメディア
の劣化加減は凄まじい。

画像




なによりの「お隣の発狂メディア」と遜色なくなった加減は、致命的である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国連南スーダン派遣団(UNMISS)の一員として現地に派遣されている韓国
軍の「ハンビッ部隊」が、現地で日本の自衛隊から小銃用の弾丸1万発の提
供を受けていた問題が、韓国と日本との外交問題に発展しつつある。
韓国と日本は弾薬提供が行われるに至った経緯について、互いに異なった
説明をしている。

画像


韓国側は▲現地の国連軍を通じて要請した▲韓国軍が使用する5.56ミリ口
径の銃弾を使う国は米国と日本しかない
▲国連から弾薬の支援を受けた−とコメントした。
これに対して日本側は▲韓国軍将校が現地で直接自衛隊に電話で支援を
要請した
▲国連は窓口の役割を果たしただけ−と主張している。
韓国政府は日本側に対し「この問題を政治的に利用すべきでない」と強い遺
憾の意を伝え、また韓国政府の一部では「これでは日本を正常な国と見なす
ことなどできない」と激しい怒りの声まで出ているという。
支援された弾薬の数がたとえ何発であっても、
緊急事態に直面した韓国軍に日本が弾薬を提供してくれたのはありがたいこ
とだ。しかしこの決定を下して以降、安倍政権が示した態度は「日本という国の
度量」をあらためて考えざるを得ないものだった。
米国も今回3400発の銃弾を韓国軍に提供したが、今のところ何のコメントも反
応もない。これに対して日本ではメディアが前面に出て、
弾薬を積んだヘリが韓国軍部隊に到着する前からこの問題を大々的に報じ、
現地の韓国軍指揮官が「感謝の意を伝えた」という事実まで公表した。
安倍首相をはじめとする日本の閣僚たちは「今回のことをきっかけに『積極的
平和主義』という原則に基づき、国際社会の平和と安定により貢献していきた
い」との考えを相次いで表明した。
安倍内閣が掲げるこの「積極的平和主義」という言葉の中には、
日本の軍事的役割の拡大という意味合いが当然込められている。
安倍内閣は韓国軍に330万ウォン(約32万5000円)分の弾薬を提供したことを
「『積極的平和主義』が適用された最初の事例」のように宣伝し、
同時に自衛隊が他国に実弾や武器を提供することを禁じる原則の「初の例外
措置」であることも強調し始めた。
韓国軍が国連に弾薬提供を要請した直接の理由は、韓国軍が保護している
1万5000人の現地住民の安全を守るためだ。
25日には韓国軍の駐屯地からわずか300メートルの地点に迫撃砲弾が落下した。
このような状況をよく知るはずの日本が、1万発の弾薬提供を通じ、
ありとあらゆる形で「恩着せがましい態度」を軽々しく取り続けるのは、本当に
「せせこましい」態度だ。
これでは近隣諸国が抱く日本に対する不信と不安はさらに大きくならざるを得
ないだろう。
日本は今、自らの足元を突き刺していることを知らねばならない。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/26/2013122600743.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これの問題は、派遣する政府の「徴兵制の国民への守護」が、なっていない
ぶざまさにあり、現場では「政府を怨むし、使い捨ての人命」と悟るのだが、
そこは「自国民の危機管理」は無視してしまう蛮行を他に向ける「狂気」と見なさ
ないと、いざという時「国民を守らない国」のメディアの常套句が現実化する。
その劣化具合のメディアは、タレントへの台本もまともに作れないらしい。

画像


可哀相に以下のような「台本」だとすれば、日本語理解が足らぬか、または
「トンデモ天然」か、さよならタレントと相成ってしまうか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
26日に放映された読売テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」の中で、コメンテータと
して出演しているタレントの「春香クリスティーン」さんの発言が波紋を呼びブ
ログのコメント欄が炎上している。
事の発端は安倍総理の靖国参拝問題に関するもので「靖国神社はヒトラーの
墓と同じ」という内容の発言をしたことがきっかけのようだ。ブログでは「ミヤネ
屋での発言、謝罪してください。」「とんだ侮辱&無知発言」と非難轟々だ。
春香クリスティーンさんは、タレントながらもコメンテーターとして情報番組に出演。
この日はたまたま「安倍総理」の靖国問題が取りざたされていただけに、日本
のメディアは各局ナーバスな雰囲気に包まれていた。
そんな中、司会の宮根誠司に話しを振られると春香クリスティーンは
「海外ではこの問題よく比べられるので、もしもドイツの首相がヒトラーの墓に墓
参りをした場合ほかの国はどう思うのかという論点で議論されるわけですが・・・
まぁ難しい問題ですよね」
とドイツのヒトラーを例に挙げてしまい「失礼だ」「歴史の認識不足」「トンチンカン
だ」と激しく批判されている。
案の定ブログは大炎上。「ヒトラーの墓となぜ同列なのか?」「ヒトラーの墓を同
列に例えるなど 失礼にも程がある。」「謝罪しろ」などのコメントが寄せられており、
現在も多くのユーザが殺到している状態だ。



この問題はしばらく続きそうだ
ツイッターでも彼女を批判する声が相次いでいる
・何も解らんのに余計な事を喋らん方がいいよ。 御英霊に失礼だし、TVで訂正
して謝罪しろ。
・戦争で亡くなられた皆を祀ってる場所じゃないの??
・春香クリスティーンは今後の身の立ち回り方を考えるべきだな
・春香クリスティーン が安倍首相をヒトラー呼ばわり
・つか春香クリスティーンてそんな子だったか
・ドイツの首相がヒトラーの墓参りとかトンチンカンな例えばなししてんじゃねぇ
・春香クリスティーンは単純に政治家フェチなのか?
・正しい歴史を学んでから発言しましょう、
・皆さん、春香クリスティーンを全力で叩いてください。
・ミヤネ屋に出演してる時の春香クリスティーンは毎回可愛いな。
・春香
・春香クリスティーンちゃん、靖国に祀られてるのはA級戦犯だけじゃないからね。
・春香クリスティーンのような何も知らない無知な外国人タレントに靖国神社の
事を語って欲しくない
・ミヤネ屋の春香クリスティーンは何バカなことを!

番組の内容として場違いなキャスティングをしたスタッフにも問題がありそうだ。

http://www.yukawanet.com/archives/4596992.html

春香クリスティーンさんのブログ
http://ameblo.jp/haruka-christine/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
メディアの劣化は、バラエティーに思惑を埋め込み、なんとか誘導してとか
だが、視聴者たる国民の品位と格差がありすぎて、せせら笑われてしまう
のだから、どこまでも「劣化具合」を見せ付けてしまう。
これだもの「国民から怨嗟」が噴出する。

こんな世の中に、先人達はどんな思いだろう・・・。

画像






こんな歌があるのを知ったが、特定アジアを世界と見なすメディアの孤立は
日本人国民から「永遠のゼロ」となってしまうか・・・。


街場のメディア論 (光文社新書)
光文社
2010-08-17
内田 樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 街場のメディア論 (光文社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神社参拝 発狂メディア騒動空からの報道に「テロも簡単」となりそうな日本 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる