BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 化石的日本の言論機関、ちょいたし論法は言論統制か

<<   作成日時 : 2013/10/08 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「表現の自由」とは、特定の人々だけが使える「特権」らしい・・・。
その「特権」を甘受しているマスコミは、今日も今日とて自分達の「特権」に
足を踏み入れれば、メディア・スクラムで言論統制を敷いてしまう・・・。

画像


ヘイトスピーチなる言葉を流行らせたいのか、盛んに使われだした「ダサさ満点」
の言葉を司法判断を歪曲して広報してしまうのは、一見民主的だが、そのそこに
あるのは「自分達の特権」としての「表現の自由」は、民衆の手には渡さず、我々
だけが使う、まして「在日特権」などというものは「検証無視」しても、我々は全く
関心がないと表明しているようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ヘイトスピーチ―司法からの強い戒め

朝鮮学校近くで、差別的な言動を繰り返した団体や会員らに、京都地裁がきのう、
計1200万円を超す損害賠償を命じた。学校周辺での今後の同様な活動も禁止した。
判決は、団体側の言動が、学校の名誉を傷つける民法上の不法行為であるとともに、
日本も18年前に加盟した人種差別撤廃条約が禁じる「人種差別」にあたる、と判断
した。
条約が「効果的な救済措置」をとるよう裁判所に求めているとして、あえて高額な損
害賠償額を算定した。
外国人らへの差別感情をあおるヘイトスピーチが社会問題化しているなか、裁判所
が法に照らして、「人種差別」と断じた意義はきわめて大きい。各地でヘイトスピーチ
を展開している人たちには、司法からの強い戒めと受け止めてもらいたい。
朝鮮学校は以前、隣接する公園を京都市の許可なく占用していた。団体側はこれへ
の抗議という公益を図る目的があったとし、言動も憲法が保障する表現の自由の
範囲内で違法性はない、と主張した。
だが判決は「公益目的とはとうてい認められず、免責される余地はない」と一蹴した。
社会の中の少数者を動物や虫とあざけり、「たたき出せ」などと連呼する言動は、聞
く人の心情を傷つける。多様な人々が共生する現代社会の基盤を揺るがす。
自由を最大限尊重するこの社会においても、許されていいはずがない。
ユダヤ人排斥を唱えたナチスの台頭が大量虐殺につながった記憶が鮮烈な欧州で
は、ヘイトスピーチそのものを処罰対象にした法規を持つ国が多い。
日本にはこうした規制はない。法制化の議論もあるが、「表現の自由が制約されか
ねない」という消極論も強い。
表現行為の規制は「どこまで許されるか」という線引きが難しい。恣意(しい)的な運
用の恐れもあり、慎重に考えていくべきだ。
大事なのは、人種差別撤廃条約が持つ普遍的価値を尊重することだ。条約は196
5年の国連総会で採択された。
「すべての人間が法律の前に平等」で、いかなる場所でも「人種差別は正当化でき
ない」とうたう。
人が人を差別する考え方が、いくたびも悲劇を繰り返してきたことへの反省を踏まえ
た、人類の到達点である。
「差別は絶対に許さない」という認識を社会全体で共有し、あおるような言動には厳
しい姿勢でのぞむ。そういう積み重ねを通じ、憎悪の増幅を私たち自身で抑えてい
きたい。

朝日新聞 2013年 10月 8 日(火)付
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

画像


特定の人種や民族への憎しみをあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)と呼ばれる
言動の違法性を認める初めての司法判断が示された。
東京や大阪などの在日韓国・朝鮮人が多く住む地域などで繰り返され、社会問
題化しているこうした行為の歯止めにつながることを望みたい。
朝鮮学校を運営する学校法人が、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」や
会員らに損害賠償などを求めた訴訟で、京都地裁は1226万円の賠償を命じ
、学校周辺での街宣活動も禁止した。「密入国の子孫」「朝鮮学校をぶっ壊せ」
と怒鳴り上げ、その様子を撮影した映像をインターネット上で公開したことが業
務を妨害し、名誉を傷つける不法行為と認めた。当然の判断だ。
判決はさらに、一連の言動が国連の人種差別撤廃条約が禁止する「人種や民
族的出身などに基づく区別、排除」に該当すると認めた。
このような差別行為であれば条約に基づき、損害も高額になるという判断も示した。
在特会側の街宣活動は、学校が隣接する公園を、管理者である京都市の許可
を得ないまま運動場として使っていることを非難するものだった。しかし判決は、
事実を示す内容が含まれていたとしても、在日朝鮮人に対する差別意識を世間
に訴える意図があることは明らかで違法とした。演説も公益目的のない侮蔑的
発言としか考えられないと述べ、「政治的意見を述べる自由は保護される」という
在特会側の主張を退けた。

(中略)

日本も加盟する人種差別撤廃条約にはヘイトスピーチに対する処罰規定がある。
ヨーロッパなどには刑事罰を科す国もあるが、日本はその部分を留保している。
新たな法規制をすれば、表現の自由をおびやかし、行き過ぎた言論統制を招く
恐れがあるためだ。
判決は現行法でもヘイトスピーチに対応できることを示した。
判決は、人種や民族などの違いに基づく差別は許されないという常識を改めて
強調した。個人の尊厳を傷つける言動はいけないという社会的合意を広げてい
くことが大切だ。教育の場などを通じて人権感覚を育てる取り組みを充実させたい。

(毎日新聞・10/8社説)
http://mainichi.jp/opinion/news/20131008k0000m070132000c.html

画像


ヘイトスピーチが問題になっている。
人種や民族、宗教などを理由に差別意識や偏見を持ち、激しい言葉で憎しみを
表現することをいう。「憎悪表現」などと訳される。
この問題をめぐり、注目される判決が出た。ヘイトスピーチで授業を妨害されたと
して、京都朝鮮学園が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などを訴えた
裁判だ。
京都地裁は、学校周辺での街宣活動の禁止と損害賠償を命じている。
業務妨害や名誉毀損(きそん)にとどまらず、一連の行動を「人種差別に当たり、
違法だ」と指摘した。
差別や憎しみをあおる言動は許されない。そんな社会的合意をつくっていく一歩
にしたい。
問題の街宣活動は2009〜10年に3回、行われた。
「朝鮮学校を日本からたたき出せ」「スパイの子ども」などと拡声器で連呼したという。
一連の行動を動画で撮影し、ネットで公開もした。
判決は「在日朝鮮人に対する差別意識を世間に訴える意図」を指摘した上で、
日本が批准している人種差別撤廃条約も根拠に賠償を命じた。
差別の結果として不利益を受けた人に賠償を求める権利を確保すると定めている。
在特会側は、「表現の自由」の範囲内などと主張したが、退けられた。
子どもらに与えた苦痛を考えれば、当然だろう。
ヘイトスピーチに広く目を向けさせたのは、在日韓国・朝鮮人が多く住む東京・新
大久保などでの在特会のデモだ。
「殺せ」「たたき出せ」と叫びながらの行進が繰り返された。これに反対する集団
との衝突も起きている。
差別的な発言の広がりは、表現の自由を守る観点からも見過ごせない。
欧州の国々は、特定の人種や民族などへの憎悪をあおる差別的な言動を法律
で禁じている。
日本でも深刻化すれば、同じように法規制すべきだとの議論が高まることも考え
られる。
一つの方法ではあるにせよ、慎重さが欠かせない。何がヘイトスピーチに当たる
のか、 恣意(しい)的に判断されるようだと、表現の自由が脅かされる。
法規制をするまでもなく歯止めができるなら、それが一番いい。
差別的な振る舞いが広がるのを許せば、その矛先は人種や民族だけでなく、社
会的弱者や少数者に向く可能性もある。
誰にとっても人ごとと済ませられない。
ヘイトスピーチに反対する団体を設立する動きも出ている。問題意識を広く共有
していきたい。

http://www.shinmai.co.jp/news/20131008/KT131007ETI090003000.php

画像


【社説】ヘイトスピーチ 「言論の自由」守るには

「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の街宣活動をめぐる京都地裁の判決
は、在日コリアンへの侮蔑(ぶべつ)や排除をあおる人種差別だと判断した。
結果的に表現の自由を守ったのではないか。
特定の人種や民族を差別し、憎しみをあおる「ヘイトスピーチ」は在日コリアンが
大勢住む東京や大阪などで深刻だ。
在特会は「殺せ」「たたき出せ」と大音量で連呼する街宣活動を続けている。
四年前に朝鮮学校の前に押しかけた街宣活動がどのように評価されるのか。
注目された京都地裁の判断は国際条約を根拠にした。
街宣活動やその映像をインターネットで公開した行為について、日本も批准する
人種差別撤廃条約に照らし、「著しく侮蔑的。人種差別に当たる」と指摘し、原告
の学校側の請求通り在特会に学校周辺での街宣活動を禁じた。学校運営に与え
た損害賠償も「人種差別行為に対する効果的な保護および、救済措置となるよう
な額」として、二〇〇九年十二月から三回の街宣に対し、約千二百万円の支払い
を命じた。
被告の在特会側は「公益目的」で、憲法が保障する「表現の自由」の範囲の正当
な論評だと主張したが退けられ、不服に違いない。
しかし、朝鮮学校の子どもたちは心無い言葉を長時間にわたって大音量で浴びせ
られた末、四年たった今も一人で学校に行けない子や、大きな音に怯(おび)える子、
腹痛を起こす子など、心身に傷を負った。それらの結果は常識を外れた行動である
ことを示している。
学校側は一連の発言をヘイトスピーチだと主張した。判決ではその言葉こそ使わな
かったが、発言の違法性を認めた。
その点で、人種差別はいけないと社会に知らしめた。また、一般にヘイトスピーチと
受け取られるような行動に対し、抑止する効果を持つのではないか。
在特会の街宣活動に対して、国連の委員会からも勧告が出され、ヨーロッパにある
ようなヘイトスピーチそのものを禁じる法整備を求める声も出ている。しかしそれで
は権力に頼ることになり、恣意(しい)的な取り締まりにもつながりかねず好ましくない。
残酷な言葉を叫ぶヘイトスピーチに参加する人は常識に欠けるし、それを見逃して
いる人も思いやりに欠けているとはいえないか。言論の自由を守り、差別的な行動
を自らなくしていくために、もう一度考えたいことである。

中日新聞 2013年10月8日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013100802000105.html

画像


ヘイトスピーチ(憎悪表現)と呼ばれる差別的発言を人種差別と認定する初の司法
判断が出た。
差別的な活動に対する一定の抑止効果が期待される意義深い判決だ。 
京都朝鮮第一初級学校(京都市)周辺で大音量の街宣活動を繰り返して授業を妨害
したとして、運営する学校法人が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などを訴
えた訴訟で、京都地裁は学校の半径200メートル以内での街宣禁止と約1200万円
の賠償を命じた。
橋詰均裁判長は街宣とその様子を撮影した映像をインターネット上で公開した行為に
関し「著しく侮蔑的な発言を伴い、人種差別撤廃条約で禁止した人種差別に当たり、
違法だ」と認定した。「示威活動で児童らを怖がらせ、通常の授業を困難にし、平穏
な教育事業をする環境を損ない、名誉を毀損した」とも指摘した。
ヘイトスピーチは人種や民族、宗教などを理由に激しい言葉で憎悪をあおり立てる。
在日韓国・朝鮮人が多く住む地域などで、「殺せ」「たたき出せ」「レイプしろ」と叫ぶ
デモが繰り返されている。
おぞましい言葉の矛先は沖縄にも向けられた。1月に41市町村の首長らがオスプ
レイの配備撤回を訴えて東京都内を行進した際には、日章旗や旭日旗、米国旗を
手にした団体が「売国奴」「日本から出て行け」などと数時間ののしった。
 自分と立場や属性が異なる人々のもとへ突然現れ、差別的発言を浴びせ続ける。
常軌を逸した行動だが、ドイツや英国、フランスなどの欧米では「犯罪」に該当する
のに対し、日本にはヘイトスピーチを規制する法律がない。
 ヘイトスピーチに対して日本政府は「禁止法が必要になるような差別は存在しな
い」との立場だ。NGOのヘイトスピーチ対策に関する国会議員アンケートでは、回
答率が1割以下だった。政府や国会の関心の低さが、憎悪表現が増幅する温床
になってはいないかと深く憂慮する。
判決が言及した人種差別撤廃条約に、日本は1995年に加入している。ヘイトス
ピーチの法規制に対しては権力側の乱用により表現、言論の自由が奪われると
して警戒感も強いが、人権差別など対象を絞った法制化の議論も必要ではないか。
ヘイトスピーチは、個人や民族の尊厳を否定するもので断じて許されない。
現行法の厳正な運用による規制も検討すべきだ。

琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-213510-storytopic-11.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
例の如く自分たちに都合よく歪曲、拡大解釈してしまう日本の偏狭なマスメディアの
「日本人叩き」は異常である。
そのうちに見え隠れする「表現の自由」を使える特権の立場保全は、血相変えて
購読者に視聴者に伝えなければならないらしいが、一斉に同じことを伝えれば
そこには「言論統制」の恐ろしさも垣間見えてしまい、メディア・スクラムのそれは
日本人逆差別の臭いが漂ってくる。

画像


何より裁判の詳細わ割愛して、もっともセンセショナルに伝える要旨が、とんだ
ものであるは、今のネット時代には「無理くりな歪曲・印象操作」と揶揄されても
仕方ないし、それを実行しているのが日本にあるマス・メディアであるは由々しき
事実である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日
:2013/10/07(月) 20:30:50.57 ID:6A+hhZPD0
在特会の裁判の判決、この裁判官がおかしいのかと思ったら、
NHKはじめマスメディアが恣意的な報道をしているようだな。
NHKなんか「ヘイトスピーチ」が差別発言で、
差別発言をすること自体が、民法709条の不法行為による賠償責任に問うことが
できる、というトンデモ判決みたいな印象操作だ。

http://togetter.com/li/573853
判決文を閲覧してきた。京都地裁の判断は、示威行為とその様子の動画の公開が、
業務妨害と名誉毀損にあたることを違法性のある事実として認定している。
また、特定の被害者のいない差別発言については、709条の責任を問えないと明確
に述べている。.
差止は、学校の半径200メートルの範囲で、業務妨害又は名誉毀損となり得る表現
行為のみを制限するが、「被告らによる表現行為そのものを差し止めるものではな」
いとも、書いている。
とりあえず、今は以上です。京都地裁第2民事部書記官室前から、お送りしました。
事件番号は平成22年(ワ)第2655号です。
ogi_fuji_npo 2013-10-07 15:13:53
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「被告らによる表現行為そのものを差し止めるものではない」
これによれば「表現の自由」として「嫌悪感表現」も法に問えないとなるものだが、
そこらへんの「表現の自由」の制約や編集はマスコミの専売特許として、そうそう
庶民に手渡してなるものかの、一種の特権共有者となり、国民の知る権利阻害と
も受け取れる「金太郎飴」ぶりである。

画像


何より「拉致被害者」やらも解決しない根本は、世論に訴えるべきマスコミが及び
腰で顔色伺いなどしている、そして言論統制で「批判してはいけない」雰囲気を
壌成してきた賜物なのだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
京都朝鮮第一初級学校(現・京都朝鮮初級学校)周辺での「在日特権を許さない
市民の会(在特会)」の街宣活動をめぐり、人種差別に当たり違法と判断した7日
の京都地裁判決を受け、学校関係者は同日午後、京都市内で集会を開き、支援
者ら約150人が肩を抱き合いながら喜びを分かち合った。
2009年12月に街宣が行われた当時、小学5年の娘を学校に通わせていた母
親(45)は壇上で「日本の良心に触れた」と話した。
娘から「どうして朝鮮人は悪いと言われるの」と聞かれるつらさを振り返り、判決
を受け「日本には朝鮮人が堂々と生きていく土壌がある」と胸を張った。

(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013100700783

画像


日本と韓国間の懸案となっている従軍慰安婦問題で、両国政府が 昨年秋、
被害者へのおわびや人道支援などで最終的に解決させることで
合意しかけていたことが双方の関係者の話で明らかになった。
野田佳彦首相が元慰安婦に送る手紙の文言で最終的な詰めに入っていたが、
衆院の解散で動きは止まったという。
慰安婦問題をめぐっては韓国の憲法裁判所が 一昨年8月、 韓国政府が日本と
交渉しないことを違憲と判断。同年12月に京都であった日韓首脳会談はこの問
題で決裂した。
日本政府は野田首相や斎藤勁(つよし)・官房副長官が外務省幹部と検討を重ね、
昨年3月、佐々江賢一郎・外務次官を訪韓させた。
当時の複数の日韓政府高官によると、次官は
(1)政府代表としての駐韓日本大使による元慰安婦へのおわび
(2)野田首相が李明博大統領と会談し、人道的措置を説明
(3)償い金などの人道的措置への100%政府資金による支出――の3点を提案した。
日本政府は慰安婦問題について、日韓請求権協定により解決済みとの立場。
これを守りつつ人道支援を探るぎりぎりの内容だった

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131008-00000006-asahi-int
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この「前政権」の体たらくが付け上がらせる原因であっったを、そもそもの原因
創造主が伝えるギャクは、アッパレな「厚顔無恥」ぶりではある。

画像


日本のメディア・スクラムで「擁護」してしまう民族は、世界中でトンでもな行為を
嬉々として行っているのには、流石に「報道する・しないの選択権」は我々にある
とばかり「国は国民を守らない」とかぬかしながら、自分達は自国民に対する警戒
と警鐘を与えぬまま、「被害者になる可能性」を膨らませてしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「日系人に英語を教えるな」 在米反日韓国系団体の暴挙
藤井厳喜氏衝撃リポート

米国内で韓国系団体による、日本を貶める暴挙が続いている。全米20カ所以上
で、慰安婦の像や碑の設置計画を進めるだけでなく、「日系人に英語を教えるな」
などと常軌を逸した要求まで突き付けているという。
国際政治学者の藤井厳喜氏は9月中旬、日系人や在留邦人からの「反対運動に
協力してほしい」という求めに応じて、米ロサンゼルスで慰安婦問題の講演をして
きた。藤井氏による衝撃リポート。
韓国、中国系による日系の子供に対するいじめや、日系企業の米進出妨害の懸
念などは伝えられているが、ロス地域の成人学校に通う在留邦人は、次のような
エピソードを披露した。
「ある日、韓国の反日団体から成人学校に手紙が届いた。そこには、何と『日本人
にはあなたの学校で英語を教えないように。日本人は英語を学ぶに値しない国民
だ』と書かれていた。状況は、反日ヘイトスピーチ(憎悪表現)といった段階ではなく、
反日ヘイトクライム(憎悪犯罪)に近づきつつある。背筋が寒くなった」
韓国人の反日活動家の言葉をもってすれば、「慰安婦像設置の真の目的は、日本
国民が道徳的に世界で最低最悪の国民であることを世界に証明すること」だという。
彼らが、真に人権思想が分かっているならば、とてもこんな反日活動はできない。
ここまで来ると、単なる歴史捏造による反日運動の枠を超えて、もはや、「新しい人
種差別(レイシズム)」「日本人に対する人種的偏見(レイシャル・プレジュディス)を
創り出す運動」と言わざるを得ない。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131007/frn1310071811011-n1.htm

画像



ダイヤモンド・バーで、ある韓人一家が住んでいる住宅に白人男性がガラス窓を
破って侵入しようとして警察に捕まった。家に侵入して物を盗もうとしたと話すこの
男は韓国人が嫌いでこのような犯罪を犯したと述べた。
セリトスでは、ある韓人男性が友人と歩いていると3人のヒスパニック・ギャングの
襲撃を受けた。
ギャングは人種差別的な発言を吐いてスケートボードでこの韓人の顔を攻撃した。
ヒスパニックギャングの突然の攻撃を受けた韓人は、周辺にいた通行人がギャング
に向かって警察に通報するぞと大声を出したおかげで解放された。
サンフェルナンド • バレーに位置するある韓人教会では正体不明の窃盗犯が侵入
し部屋をめちゃくちゃにしてからトースターにビデオテープを入れて室内を煙で充満
させた後、壁に‘アジアンらはみな消えてしまえ’という落書きを残して逃走した。
これは去る2009年から2012年まで受けた韓人対象のにしたヘイト・クライム(憎悪
犯罪)事例で韓人もヘイト・クライムの無風地帯でないことを見せる。
LAカウンティ人間関係委員会が2日発表した年次ヘイト・クライム現況報告書によれ
ば去る2012年、公式に受け取られたアジアン対象ヘイト・クライムは合計12件でこの
中で韓国人が被害をこうむったヘイト・クライムは2件と集計された。
LAカウンティで韓人対象ヘイト・クライム件数は2003年3件が報告された後2004年2
件、2005年3件、2006年4件、2007年2件、2008年4件、2009年1件、2010年には3件、
2011年には1件など着実に発生しており10年間に合計25件が報告された。
2003年から2012年まで韓人を対象にしたヘイト・クライムで経済的か物質的に被害
をこうむった韓人は合計31人と明らかになった。
この中で人種憎悪心理によって発生した犯罪比率が約90%以上で最も高い比重を
占め、宗教による犯罪が6件、性的傾向が原因になったヘイト・クライムは3件と調
査された。
ヘイト・クライムが起きる場所は住居地が最も多く、公共の場所、事業場、学校、
宗教的場所、政府機関、地域団体機関などが後に続いた。子供たちと青少年らが
多くの時間を送る学校でも韓人対象ヘイト・クライムが起きたことが分かった。
去る2010年には韓人補助教師に向かって学生が人種差別的発言を吐き、警備員
ら連れて行かれながらも「刃物で刺してやる」と脅迫した。また、コリアタウンに位置
する、ある中学校では韓人学生に向かってヒスパニック学生が背中を理由もなくた
たいてけんかになったこともある。
一方、今回の報告書によればLAカウンティで2012年に黒人対象のたヘイト・クライ
ムが155件に集計されて最も多く、続いて同性愛者対象132件、ユダヤ人対象80件、
ヒスパニック対象32件、トランスジェンダ対象13件などが明らかになった。
ヘイト・クライムの動機としては人種差別が232件で最も多く、性的傾向が132件、宗
教89件、性差別が13件、不明な理由が8件と集計された。
<キム・ハナ記者>

コリアタイムズ(韓国語) 韓国人対象ヘイト・クライムぐんぐん増えた
http://www.koreatimes.com/article/817082

画像


▲高麗如来仏像(左側)のように立像は通常、鋳物作業する際のガス排出と中間枠
組みを固定するため、仏像頭部と本体後方に丸く穴を開けておくが、金銅如来立像
(右側)裏面は人為的に切り取った形がはっきりしている。
日本から韓国に密搬入された'対馬仏像'2点が模造品だという主張が提起されて論
議がおきている。7日、世界日報によれば京畿道(キョンギド)無形文化財第47号の
鋳成匠イ・ワンギュ(58)氏は「昨年10月、韓国窃盗団が対馬から掠めてきた金銅如
来立像と観音寺の金銅観音菩薩座像を精密撮影した写真300枚余りを分析した結
果、これらの仏像は我が国の仏像伝統鋳造技術である蜜蝋で作られたものではな
く、日本の'鋳型切削法'で作った模造品」と主張した。
これまで如来立像は8世紀の統一新羅時代に、観音座像は忠南瑞山浮石寺で133
0年に各々作られたと見られ日本で重要文化財に指定された。
イ氏は「如来立像は台座がなく日本で20年以上前に補修したというが、本体と色が
全く同じということはありえない。大邱(テグ)金銅如来立像など台座がなくて国内で
補修した5つの仏像は全て色が違う」と話した。
また「普通、立像は鋳物作業をする時、ガス排出と中間枠組みを固定するため仏像
の頭と本体の後方に丸く穴を開けておくが、如来立像の裏面は人為的に切り取った
形がはっきりしている。蜜蝋で鋳物を作れば仏像全体が一体型でできるが、如来立
像の指には穴があけられており、私たちの伝統技法で製作された仏像とはほど遠
い」と説明した。
それだけでなく観音座像の場合、化学薬品で青銅を強制腐食させてできた赤サビと
亜鉛・アルミニウムを多く含む時に現れる百態があちこちで発見され、仏像の下の方
にクギがついているところ、さらに左手は溶接で付けた跡もあると確認された。
韓国に密搬入された'対馬仏像'がにせ物という主張にネチズンらは「にせ物という事
実がばれるかと思ってはやく回収しようとしてたのか」「文化財登録した日本、面目丸
つぶれ」「日本が持っていった珍品なら対馬の寺に寄贈するわけないだろう」「文化財
庁はなぜ調査を拒否しているのか?」等の疑問をあげた。

イートゥデイ(韓国語) 密搬入'対馬仏像'にせ物論議拡散...日帝強制占領期間製作
された模造品容疑
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=801060





ヤン議員によると、4月1日付の公文書には、3月末にキルギスのカミラ・テリエバ
社会文化保健労働副総理がキム・チャンギュ韓国大使と副総理室で会い、キル
ギス人女性と韓国人男性の国際結婚増加による問題を提起したと記されている。
テリエバ副総理は、キルギス人女性と韓国人男性との結婚増加に伴い、キルギス
人女性が嫁ぎ先の韓国で不幸な生活を送ったり、中には死に至るなどの問題が
報告されていると説明。「議会で韓国人との結婚を禁止する必要があるとの話まで
出ている」と述べ、韓国側に対策を求めた。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1007&f=national_1007_006.shtml

画像


2013年、米国シアトル空港の案内の文字は英語と日本語のみになった。
空港内のシャトルの放送も英語と日本語のみ。韓国政府は差別だと猛抗議したが
拒否された。シアトルでは韓国人が「最も嫌われている民族」だからだ。
中国語も同様に廃止され「英語と日本語」だけの表示となった。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5195.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こういった海外の出来事を伝えれば、日本のでの「軋轢」が理解できようものであ
るし、それが知れ渡れば日本のマス・メディアとそれらの情報の落差に唖然とさせ
られると同時に、商業主義のそれも「唾棄されてしまう存在」に近づく。

画像


何より画像のように「嫌悪感」がある人にとっては、報道の歪曲さなど今では、
せせら笑われる類いだし、「売文屋」風情がと貶される。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
化石的日本の言論機関、ちょいたし論法は言論統制か BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる