BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS かつてのウエストコーストの歌姫も、病には・・・。

<<   作成日時 : 2013/08/26 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一時期、この地域からの歌が、世界的にも人気を博して、記憶に残っている
グループ名や強烈に印象深い歌い手もと、七十年代の大衆音楽をリードし
て、あれから何年・・・、知らされるのは難病を患った歌姫・・・。

画像


パーキンソン病と聞けば、すぐにアトランタ・オリンピックのモハメド・アリの
姿が思い浮かぶが、それと同じに、あの歌姫がと知ればショックが駆け巡る。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米グラミー賞歌手リンダ・ロンシュタット
さん(67)は、難病であるパーキンソン病を患っていると明かし、もう歌うこ
とはできないと述べた。高齢者のロビー団体「AARP」が23日明らかにした。
ロンシュタットさんはAARPとのインタビューで、8カ月前にパーキンソン病だ
と診断されたと告白。歌えなかった原因がこれで分かったとし、「どんなに頑
張っても、パーキンソン病にかかれば歌うことは不可能」だと語った。
米アリゾナ州出身のロンシュタットさんは1960年代後半から活躍。74年の
アルバム「悪いあなた」は200万枚以上を売り上げたとされ、数々のヒット曲
を生み出した。ロンシュタットさんの回顧録を今年発売するサイモン・アンド・
シュスターによると、ロンシュタットさんはグラミー賞を複数回受賞し、世界で
のアルバムセールスは1億枚以上だという。

http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPTYE97P03V20130826
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この病、高齢になってからの発病が主・・・。
七十年代は遠く過ぎにけり、を、再確認させられるが・・・。
この人の声は、溌剌として好きだった。













上からバディ・ホリー、次がウォーレン・ジヴォン  最後がニール・ヤングの楽曲を
自分の持ち味を生かして、特に二曲目のカントリーに良くある「ついてないあたし」
ってな放浪自虐的歌詞のものを、溌剌と明るく歌われると、逆に励まされた気分
もっともそれがカントリーの持ち味だが・・・。
パーキンソン病になると認知症の発症確率も高率になるらしい・・・。
失われていく記憶、本人が失っても多くの人は記憶にとどめる。
なんだか身に沁みるなぁ・・・、貧しい貧しい、寂しい私




Collection
Music Club Deluxe
2011-09-13
Linda Ronstadt

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Collection の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
かつてのウエストコーストの歌姫も、病には・・・。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる