BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 英霊をも脅かす「御注進メディア」の狂乱の一日

<<   作成日時 : 2013/08/16 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

護送船団と化している「日本メディア」の真夏の狂乱ぶりは、国内的慰霊について
あれやこれやと「特定国と特定人」を慮って、安らかな慰霊から遠いところにいつもに
まして、追いやる姿勢はいかがなものか・・・。

画像


国内の「慰霊に対する行動」をご注進に上がる健気さは、単にメディアのお目出度い行動
様式として、国民から見れば「休まることのない英霊への慰霊」への「嫌がらせ」とも思える
特定国がなにをいようが、そんなことは速報で伝えることなく、一ヶ月後でも「大して差はない」
報道と価値は同じである。
それをパフォーマンスに「売名行為」を持つ込むやからまで登場させて、報道を過熱させる
のかはなはだ「違和感」が溢れて来てしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
来日中の韓国の野党・民主党の議員らが15日午前、靖国神社を訪問し、日本の右傾化と
軍国主義復活の動きを糾弾する声明を発表する予定だったが、警察の制止を受け、神社
内には入れなかった。複数の韓国メディアが報じた。
民主党のイ・ジョンゴル、イ・サンミン、ムン・ビョンホ議員及びイ・ヨンドク最高委員は15日、
靖国神社を訪問し、安倍政権の右傾化の動きに対する抗議声明を読み上げる予定だった。
しかし、神社への入り口の前で日本の右翼らがこれを阻止しようと待機しており、衝突を憂
慮した日本の警察が民主党議員の訪問を制止。その後午前9時頃、神社周辺の路上でイ・
サンミン議員とムン・ビョンホ議員の2人が、韓国と日本の取材陣の前で声明文を読み上げた。
イ・サンミン議員は、「太平洋戦争の犠牲になった日本国民に慰労を申し上げる」とし、「われ
われは再び不幸なことが起こらないように、日本国民と力を合わせて平和の意志を明らかに
する。軍国主義を復活させようとする安倍晋三首相の愚かさを強く警告する」と述べた。
またムン・ビョンホ議員は、「安倍政権の右傾化に深刻な懸念を表せざるを得ない。
過去の反省のない日本の政策が日韓関係と北東アジアと世界の善隣関係に害を与えている。
安倍政権は保守右傾化を停止し、平和と韓日友好のために力を尽くしてほしい」と強調した。
前日の14日には、議員ら一行が入国審査を拒否され、2時間余りにわたって羽田空港で足止
めされていたことが分かった。
イ・ヨンドク最高委員はこの日、「午後5時30分に羽田空港に到着したが、入国審査を拒否され
来賓室に移動。担当者と論争を繰り広げた」と話した。
イ・ヨンドク最高委員は、「明確な入国拒否の理由を明らかにもせず、大韓民国の第1野党の
議員と最高委員を犯罪者のように扱い、2時間以上拘束したことに対し、大きな残念さを感じる」
と批判した。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0815&f=national_0815_030.shtml
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ブーメランの行動様式で「都合のよくない物に対しては忘れ、自分に都合のよいことは言葉を
極める」その生態は、とても同じ人類とは思えぬものである。
そんな違和感たっぷりの人々に対しては、「ガーナ大統領」の行動様式でも、見習ったらどうか
と「囁いて」やる気骨はメディアには皆目ないのが残念である。



その残念なメディアの筆頭が、以下のような読者を持つところだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2 :名無しさん@13周年:2013/08/15(木) 21:14:11.36 ID:yahq2BMU0
朝日新聞2013年08月04日(日)朝刊「声」欄より

スポーツに政治を持ち込むな
無職 堀内彰(宮崎県 59)
http://www.asahi.com/opinion/articles/TKY201308030208.html

ソウルでのサッカー東アジア杯の日韓戦で、韓国側サポーターが「歴史を忘れる民族に未来
はない」と日本を非難したと見られる巨大な横断幕を掲げた。
一方、日本側の応援席でも、韓国で「侵略の象徴」のイメージもある旭日(きょくじつ)旗がサ
ポーターによって振られた。
またしてもスポーツの場に政治的な主張が持ち込まれてしまった。
どちらも国際サッカー連盟(FIFA)で規定する応援時の政治的な主張の禁止に抵触する可能
性があるのではないか。
昨年のロンドン五輪でも竹島(韓国名・独島)の領有権を主張するメッセージを掲げてFIFA
の処分を受けた韓国選手の例がある。
こと日韓戦となると試合以上にヒートアップする中傷合戦は、どうにかならないものだろうか。
残念ながら今回の事案について日韓双方に反省の弁は聞かれない。
スポーツの場での政治的主張が、日韓両国の政治問題に発展する可能性もある。
スポーツは友好への一歩であるべきではないか。

画像


6 :名無しさん@13周年:2013/08/15(木) 21:04:08.42 ID:yahq2BMU0
朝日新聞2013年08月07日(水)朝刊「声」欄より

隣国を思いやる度量見せる時
無職 村上博彦(愛知県 77)
http://www.asahi.com/opinion/articles/TKY201308060318.html

8月15日。安倍政権の稲田朋美行革相はいち早くその日に靖国神社参拝の意向を固め、
首相官邸の了承を得たという。
稲田氏はその理由を、「自分の国のために命を捧げた人に対し、感謝と敬意、追悼の意を
表すことは主権国家として許されるべきだ」と述べた。
ほかにも安倍内閣の閣僚の参拝が予想されるが、韓国や中国などの苦悩を思いやる自省
はないのか。
ソウルであったサッカー東アジア杯の日韓戦で、「歴史を忘れる民族に未来はない」という
横断幕が観客席に掲げられた問題について、菅義偉官房長官は「極めて遺憾」と述べ、日
本サッカー協会は主催の東アジア連盟に抗議文を送った。
さらに下村博文文部科学相は、「その国の民度が問われると思う」とまで述べた。
そこには、日本の応援団が韓国にとっては植民地支配の屈辱となる巨大な旭日旗をスタン
ドに掲げたことへの自省はない。これでは不信を増すばかりとなろう。
日本国憲法は、前文に普遍的な政治道徳の法則として「自国のことのみに専念して他国を
無視してはならない」とうたう。
中韓との関係改善のために、日本は屈辱を受けた相手を思いやり、その法則を進んで実行
する度量を見せる時ではないか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このご注進メディアに投書する人々は、以下のような自発的友好には、相当に「苦虫を噛む」
思いだろうか・・・。



この小さな国が「大きな共産国家」を呑み込むこともあるのを理解するメディアもないだろうが、
あちらでは小さな疑問に対して憂慮する冷静な意識も存在して、それが「天安門事件」の時の
民主化への羨望が膨らんでくれば、同じ言語圏の小さな国の姿に憧憬を抱く時が来る。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
先月14日、中国中央テレビは日本での現地取材を内容とする報道番組を放送した。
いわゆる「歴史認識問題」がテーマである。中央テレビ局といえば、
中国における反日教育と反日宣伝の中心的な存在である。この報道番組も当然、宣伝目的で
作られたものだ。
日本取材の中、中国人記者は街を歩く中学生たちをつかまえて、「日中戦争中に多くの中国人
が死んだことを知っていますか」「南京大虐殺を知っていますか」などの質問を投げかけた。
とっさのことで中学生たちが「知らない」と答えると、番組の解説者はすかさず
「なるほど、日本の歴史教科書は歴史を改竄(かいざん)して子供たちに侵略の歴史を教えてい
ないから、こうなったのですね」と、日本の歴史教育への批判を繰り広げた。
中国では昔から、この手の反日報道が日常的に行われ、それなりの効果を上げている。
今回も同じ繰り返しかと思えば、多くの視聴者から上がってきたのは意外な反応だった。
人民日報社が開設するミニブログ「微博」専用ページには次のようなコメントがずらりと並んでいる。
「中国人民は皆知っている。よく嘘をつくメディアは人民日報、よく捏造(ねつぞう)する教科書は中
国の教科書だ。
お前らこそ、毎日のように中国人民をだましているのではないか」
「文革以来、一体誰が多くの中国人民を惨殺してきたのか。日本人ではないぞ」
「自国の歴史さえ正視できないこの国が他国に正しい歴史認識を求めることができるのか。
嘘ばかりをつくこの政府は、他人に真実を語れと要求できるのか」
などなどと現在もこのような辛辣(しんらつ)なコメントが書き込まれ続けている。
こうしてみると、政府の行う反日宣伝は完全に裏目に出ていることが分かる。
「日本の教科書が真実を教えない」と批判すれば、「中国の教科書こそ嘘ばかりではないのか」との
反論が返ってくるし、「南京大虐殺が忘れられた」と騒げば、「お前らこそ多くの中国人民を殺したの
ではないか」と突っ込まれる。
反日宣伝をやった分、それはすべて、政府自身に返ってくるのである。
8月に入ると、今度は「網易」という民間サイトが
「日本の歴史教科書と中国の歴史教科書、どちらの方が嘘をついているのか」
というネット上の討論を開始し、一般ユーザーにも意見を求めた。その結果、
「日本の教科書の方が嘘をついている」と答えた回答者数が2730人であったのに対し、
「中国の教科書の方が嘘つきだ」と答えたのはその数倍以上の8949人に上ったのである。
ここまでくると、中国政府が長年やってきた反日教育が破綻し始めていることは一目瞭然である。
丹念に行った日本批判のすべてが政府批判展開のきっかけを作ったのにすぎないのであれば、
「それでは一体何のための反日だったのか」と、政府の宣伝担当者はさぞかし落胆しているのでは
ないか。
それどころか、御用宣伝機関筆頭の中央テレビ局や政府発行の歴史教科書までもが多くの中国人
民に「嘘つき」だと認定されているようでは、反日教育を含めた、政権が行う思想教育・統制、
それ自体がすでに失効していることがよく分かる。
インターネットが発達する情報化の時代、市場経済の中で多くの人々が自立的な生活基盤を得て
自由な思考を始めた「啓蒙(けいもう)の時代」、
共産党政権が国民大半の頭と心をコントロール下におくことはもはやできなくなっている。
国民規模の「思想解放運動」はただ今展開している最中だ。思想の統制が崩壊した暁には、
政治の統制が後どれくらい維持できるのか。それこそが、まさに今後の「見どころ」なのである。

【プロフィル】石平(せき・へい) 1962年中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。
88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。
『謀略家たちの中国』など著書多数。平成19年、日本国籍を取得。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130815/frn1308151132002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130815/frn1308151132002-n2.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
特定国の現体制にべったりが、日本メディアの欠陥となった時、国民から見放されるのも
こんな利権に寄生するメディアの運命となろう。



静かに先人達の残してくれた偉業を偲んで慰霊するのなら、それこそ記念日として貴重な
ものとして大切にしいが、日本のメディアの狂乱の姿勢にはうんざりさせられる・・・。




こんな日本軍人もいた・・・、終戦記念とするなら、こういった動画紹介やらを画面に紙面に
載せてくれるのなら、まだ救いはあるのだが・・・。



終わらざる夏 上 (集英社文庫 あ 36-18)
集英社
2013-06-26
浅田 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 終わらざる夏 上 (集英社文庫 あ 36-18) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



終わらざる夏 中 (集英社文庫 あ 36-19)
集英社
2013-06-26
浅田 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 終わらざる夏 中 (集英社文庫 あ 36-19) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



終わらざる夏 下 (集英社文庫 あ 36-20)
集英社
2013-06-26
浅田 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 終わらざる夏 下 (集英社文庫 あ 36-20) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英霊をも脅かす「御注進メディア」の狂乱の一日 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる