BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS どうにもならない日本マスコミの汚染度

<<   作成日時 : 2013/05/23 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

「捏造慰安婦」の大本として国会で暴露されて以降、必死な覚悟でもあるのか
地方首長の「戯言を利用」して、これまで批判的アメリカの言までの用いて、
更に他のメディアをも使った論点そらしに懸命になる姿は、ジャーナリズムの
それではない。

画像


被害妄想がエスカレートすれば、テロをも敢行してしまう恐ろしさには、日本人
の安全を基本にした「警備体制」としての、予防措置が大切である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大阪市生野区無差別通り魔 逮捕の韓国籍男「日本人を殺す」

22日朝、大阪市生野区で60代の男性と女性が相次いで刺され大けがをした
事件で、逮捕された男は、「日本人を殺す」などと供述していることがわかった。
無差別通り魔事件の現場で、容疑者の韓国籍の男(31)に話しかけられたとい
う男性は、
「『日本人か?』と2回聞かれて、刺されそうになったから逃げて」と証言した。
男は、さらなるターゲットを物色していたのか。
22日午前5時15分ごろ、大阪市生野区のマンションで、新聞配達員・川口修
一さん(61)が、見知らぬ男に、いきなり包丁で刺された。
マンションで男に刺された川口さんは、マンションの外に逃げたということだが、
路上にはまだ血痕が残っていた。
そして、逃げる際には、自ら110番通報をして助けを求めたという。
その後、男はおよそ120メートル離れた路上で、ビル清掃業・越智 美智子さん
(63)を刃物で刺したところを、通報を受けた警察官に発見され、殺人未遂の
現行犯で逮捕された。目撃者は「片手に刃物持ってたから、『えっ』と思った
矢先、女性に声をかけて、後ろから羽交い締めにして刺した」、「みんなが馬
乗りになって、(男は)手を地面につけられて、すぐにパトカーに乗せられた」な
どと話した。
第1の犯行から、現行犯逮捕されるまでの10分間、容疑者の男は、刃物を持
ったまま、 現場周辺をうろついている姿が目撃されていた。
目撃者によると、男は川口さんを刺したあと、周囲の人たちに「お前、日本人
か?」と尋ね、「そうだ」と答えると、いきなり包丁を取り出して相手に突きつけ
たという。
容疑者に声をかけられた男性は、
「『日本人か?』と聞かれて、『そうやで』と答えて。相手の顔色がおかしかった。
殺気と恐怖を感じたから逃げた。怖かったから」と話した。
2人を刺したことを認めているという男は、「生粋の日本人なら何人も殺そうと
思いました」
などと話しており、警察は、責任能力などについて慎重に調べを進めている。

05/22 17:39 関西テレビ)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00246505.html

画像


大阪府警南署は19日、知人の男性を刺したとして、自称京都市右京区、
韓国籍の無職文永一容疑者(48)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。
男性は病院に搬送されたが死亡。
同署は殺人容疑に切り替えて調べている。
発表によると、文容疑者は19日午前3時40分頃、大阪市中央区瓦屋町
のマンションで、住人の職業不詳泉本義孝さん(48)の右脇腹を、持って
きた包丁(刃渡り約20センチ)で刺した疑い。
文容疑者は約30分後に天王寺署に出頭し、刺したことを認めた。「詳しい
理由は言いたくないが、男性に怒りを感じていた」と供述しているという。

(2013年5月20日 読売新聞)
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130520-OYO1T00294.htm?from=main3

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国籍男「日本人を殺す」
明らかな目的意識をもって犯行に及ぶとなれば、精神は正常であり、責任
能力あるとなる。犯罪重刑軽減の「精神病」も、疑うものではなく偽った精神
病院通院という「生活保護要件の精神障害」のための方便と見て取れる。

画像


日本人の被害・実害・迫害が出ても、それには目をつぶり「ヘイトスピーチ」
とかの「言葉遊び」をさも大変そうに日本人に注意喚起を徹底させるべく、
論を尽くす「アサヒる」報道機関は、購読者が日本人ではないのか、とっても
不思議になる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東京や大阪の在日コリアンの多い街で「朝鮮人は出て行け」「殺せ」など
と連呼して歩く、ヘイトスピーチ(憎悪表現)と呼ばれる動きが増えている。
デモに参加するのは、日本のごく一部の人々だ。
しかし、その文言をみれば、大正時代の関東大震災後におきた朝鮮人
虐殺の暗黒を思いおこさせる。
惨事から90年。日本はいま、国際社会の責任ある一員になっている。
それなのに、なんとも悲しすぎる現実である。
たしかに韓国との間には、竹島の領有権問題など懸案が山積みだ。
日本から多くの支援を受けて成長した韓国の企業が、いまや日本企業
を追い越し、苦しめている。
そんな現状へのいらだちが、心ない言葉をうみだすのか。
けれども、日韓は持ちつ持たれつの大切なお隣さんだし、在日コリアン
はともに社会をつくる仲間だ。
たとえば世界的に売り上げが好調なサムスンのスマホは、多くの日本
の部品でできている。
もうすぐ離任する申ガク秀(シンガクス、ガクは王へんに玉)・駐日大使
は着任早々、東日本大震災の被災地を訪ね、最後の講演も先日、東北
で終えた。
安倍首相の歴史認識発言などで韓国の対日感情もよくない。
それでも日本を完全に排除したり、抹殺したりしようという動きは、いま
のところない。
韓国メディアは日本のヘイトスピーチを報じている。
同時に最近では、反韓デモとともに、それに抗議する人々がいることも
大きく伝えている。
日本での動きを受けて、国連の社会権規約委員会は一昨日、ヘイトス
ピーチの防止や包括的な差別禁止法の制定を、日本政府に求めた。
日本も加盟する人種差別撤廃条約の中には、ヘイトスピーチを法律で
禁じるよう求める条文もある。
実際、ドイツなど多くの欧州の国には、ヘイトスピーチを処罰する規定
がある。
ただ、日本政府はこの条文について保留している。表現の自由との関
係があるからだ。
おりしも、自民党は憲法草案に、定義がはっきりせぬ公益や公の秩序
を理由に、表現の自由を制約する、と書いている。
憎悪表現のスピーチを規制する法は表現の自由への両刃の剣となり
かねず、憲法学者の中でも消極的な見方が多いという。
言葉の暴力はそもそも、取り締まりの方法をさぐる以前の常識の問題だ。
この国は、差別を助長する言葉があちこちに氾濫(はんらん)する社会
になってもいいのか。
わたしたちはどんな国をつくるのか。そこが問われている。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1




深刻な人種差別、韓国がワースト2番目グループに―米紙
Record China 5月22日(水)14時15分配信

2013年5月21日、韓国紙・朝鮮日報は米紙ワシントン・ポストに掲載され
た記事を引用し、「韓国の人種差別は世界的に見ても極めて深刻だ」と
伝えた。 中国紙・環球時報もこれを国内に伝えた。
世界80カ国を対象に行われた価値観に関するある調査では、人種差別
の深刻度を7段階に分けて各国を振り分けた。
その結果、韓国は上位から2段階目にランク付けされた。
韓国の調査対象の36.4%が、「他民族出身者とは隣人になりたくない」
と回答している。
ワシントン・ポスト紙はこの結果を受けて、「韓国は経済的にも教育的に
も高い水準にあり、国内に民族問題を抱えていないが、人種差別は極め
て深刻で、他に類を見ないほどだ」と指摘した。
スウェーデンのある経済学者によれば、一般的には経済水準が高まるほ
ど他民族への許容度も高くなる傾向になることが明らかになっている。
しかし、韓国に関しては今回の調査では一致しない結果となった。
ワシントン・ポスト紙は、韓国の深刻な人種差別は、韓国が古くから単一
民族であったことや、近年になって東南アジアからの移民が激増したこと、
日本との歴史観問題などが背景にあるのではないかと分析している。
(翻訳・編集/岡田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130522-00000017-rcdc-cn
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
世界的にみて、ヘイトスピーチの蔓延している国と、その国の人々への
それとを比較しても、帰れる国の存在があるだけ、憤りから来るデモの主
張にも一理あるし、ヘイトスピーチ云々も、動画に晒されている「デモを中
傷するやから」の方が、相当に酷く完璧な差別主義者としか思えないのだ
が、平和すぎる日本では、こんな「やから」も存在していけるのだから、な
んとも「マスコミ」の伝える実情との乖離には、社会性の失われた言論機
関の様相である。

画像


そこに経済的窮地が覆いかぶされば、何のことはない「日本」叩きにまい進
してしまう「昔取った杵図化」の旧態然とした「マスコミ脳」が、足の引っ張り
以外しない「害悪」を滲ませている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日銀の大規模な金融緩和が新興国経済に影響を及ぼし始めている。

円安が進み株式市場が活況に沸く日本とは裏腹に、新興国では通貨高
から輸出にブレーキがかかり、対抗措置として利下げに踏み切る中央銀
行も出てきた。こうした緩和の連鎖が続けば、カネ余りに拍車がかかり、
あちこちでインフレやバブルが生まれるなど、世界経済が不安定化する
恐れがある。
日銀は22日の金融政策決定会合で、物価上昇率が安定して2%近辺と
なるまで、今の緩和を続ける方針を確認したが、長期化はマネーのひず
みを増幅させるリスクを伴う。
結果的に自国経済に跳ね返る経済・金融危機を招いては元も子もない。
日本など量的緩和を進める先進国は細心の注意を払う必要がある。
日銀が黒田東彦総裁の下で大規模な量的緩和を決めた今年4月以降、
インド、オーストラリア、韓国、ベトナムなどが相次ぎ、利下げした。
国内経済を浮揚させる狙いだが、円などに対する自国通貨の値上がりで、
産業界の不満が募り、政治家が中央銀行に緩和圧力をかける傾向も強
まっているようだ。
例えば今月利下げに踏み切った韓国では、ウォンが対円で半年に約25
%上昇し、 中銀に「より積極的な役割を」と利下げを求める声が与党幹部
などから上がっていた。
今月末に金融政策委員会を控えたタイでは、中銀に対する緩和圧力が勢
いづく。
すでに利下げ済みの国でも、追加措置への期待が消えそうにない。
新興国の通貨が値上がりしているのは、日米など主要国による大規模な
量的緩和を受けて、あふれ出したマネーがより高い利回りを求め新興国
に流入しているためだ。
しかし、そうした国の影響力は限られ、金融緩和で対抗しようとしても資金
の流れを単独で反転させるのは難しい。
必要以上に緩和すれば国内でインフレを招いたり不動産市場を過熱させ
たりする危険がある。
投機マネーは逃げ足が速く、新興国の通貨を一転、急落させることもある。
日本を責めるのは筋違いだとの見方もあるだろう。
「円安の副作用があったとしても日本がデフレから脱却すれば世界経済に
もプラスだ」というのが政府・日銀の主張だ。
歴史的にみて、まだ円安とは言えない、との指摘もあるし、
大規模な量的緩和を先に始めたのは米英で、日本単独の仕業でないの
も事実である。
とはいえ、世界経済の安定した成長があってこそ日本の繁栄も持続する
というものだ。
その世界経済の安定に尽くすのは主要通貨を持つことに伴う責務である。
手遅れにならないよう、米国はもちろん、日本もしっかり認識しておくべ
きだ。

http://mainichi.jp/opinion/news/20130523k0000m070120000c.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ご大層に物申す「変態報道機関」も、自社の業績不振を回復に向かわ
せるアイデアでも募って、どこその「広告料金」やらで賄うでなく、日本人
の購買層の拡充に心血を注げ。
正論なら、日本の国民は「耳に痛い話」でも耳を傾けようが、そこにある
のは偏在な思考法の「トンデモ」だから、変態とせせら笑われるのだ。

画像


何より国会で提議された「慰安婦問題の原罪」そらしが、懸命な「逃げ惑う
日本のマスコミ」をより強調させていて、日本人の不信感は相当な数値に
なってきたようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年3月、維新の会に所属する中山成彬衆議院議員が"慰安婦問題"に
ついて質疑を行う様子がインターネット動画サイトにアップされた。
しかしその動画は、なんと"NHKからの申し立て"により削除されることと
なる。
他の国会映像はネット上に溢れているにも関わらず…である。その後は
中山議員自らが同動画をアップし話題になった。
近年、インターネットを中心に物議を醸している"偏向報道問題"。
「ある事象について複数の意見が対立する状況下で、
特定の立場からの主張を特に取り上げるべく直接・間接的に情報操作
が行われている」。
…少なくとも視聴者サイドには、その傾向を感じ問題視する流れがある。
テレビやラジオといった電波報道はもちろんのこと、新聞や雑誌も例外
ではない。
ジャンルも政治・経済から事件、裁判、芸能まで多岐にわたる。
そこでNewsCafeのアリナシコーナーでも「今のマスコミはかなりおかしい
と思う?」という調査を実施した。
結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…92.7%】
■偏りが多く、自分達に都合の悪い事は報道しない。韓国系とか。
■犯罪被害者に対する配慮が皆無。不愉快極まりない。
■報道の自由の意味を勘違いしてると思う。
■番組を見ればおかしいのは明白。
■芸能人の妊娠情報や、離婚報道いらない。

■情報操作されている気がして信じられない。
■増税やむなしの洗脳報道をし続けたのはマスコミ各社です。
■マスコミは一般市民の為ではなく、スポンサーの為に仕事している。
■日本人による犯罪は増えてるの? 通名報道やめて!
■おかしい通り越して壊れてる。

【ナシ…7.3%】
■昔からおかしい。実際情報操作などは戦時中から行われてます。
■都合だけ取り、不都合はデマと決め付けるネットの流れのが危険。
■NewsCafeさんが明るい話題を扱って下さればそれでいいです。
■かなりと言う程でもないだろ。所詮は経済活動の商業放送にすぎん。

結果は【アリ派】9割超と、数多いアリナシテーマのなかでもかなり圧倒
的な数字となった。
寄せられたコメントも、マスコミへの抑えきれない怒りをぶつけたような
内容ばかりである。
なかでも特に多かったのは「犯罪被害者への配慮」と「通名報道」に言
及する意見。
今年1月に起こったアルジェリア人質拘束事件で、朝日新聞が遺族の
意向を無視して実名報道に踏み切ったのは記憶に新しい。
また3月には、韓国籍の強盗強姦容疑者をNHKだけが通名報道する
という騒動もあった。
一方の【ナシ派】のコメントも「昔からおかしい」「所詮は商業放送」など
冷ややかな意見ばかり。
マスメディア全体への払拭しがたい不信感が溢れていた。
[文・能井丸鴻]

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/newscafe_1274492
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
メディア・リテラシィー云々など、商業主義と一部勢力の支配下に置かれ
たかのマスコミの歪みは、今更どうにもならないが、そこは「国民からの
圧力」としての不買という「静かな抵抗」が、ちいさなボディ・ブローが
「良心の呵責」わもって正常化していく・・・。と、期待

画像


「先人の忠告」は、常に先を見続けた聡明さが、後の世界を見ていた
ようである。こんな先人の先見性は大切である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今から百数十年前、福沢諭吉翁は当時の清国と朝鮮を
「亜細亜東方の悪友」と名付け、この両国との交渉を
「謝絶するものなり」と提言した。21世紀になった今でも、
この提言は依然、現実的な意味を持っている。

日本は今後、この2つの「悪友国家」との関係を根本的に
見直すべきではないかと思う。できるだけ、彼らとは一定
の距離をおきながら、両国を除外した国際大戦略を再構築
すべきであろう。

たとえば、アジア外交に関していえば、日本にとっての友好国家
はいくらでもある。 インドやベトナム、タイやフィリピン、ミャンマー
やモンゴル、それらの国々は日本との間で「歴史問題」や「領土問題」
などの厄介な問題を抱えておらず、中国大陸からの膨張を食い止め
なければならないという日本と共通した危機感がある。

日本は今後、こういった「亜細亜の良友」と連携すればよいと思う。
アジア外交を超えたより大局な戦略としては、米国との同盟関係を
基軸にしてEUとの伝統的友好関係を保ちながら、もうひとつの
大国・ロシアとの関係を深めるべきだ。「米・露・欧」という中国以外
の世界の3極との強固な関係を構築できれば、日本外交の腰も据わってくる。

今後の成長センターともなりうる環太平洋諸国と連携し、共存共栄の
一大経済圏を構築することは、日本にとっての将来の繁栄の保証と
なるだけでなく、大陸からの脅威を防ぐための安全保障上の意味が大きい。

考えてみれば、中・韓以外のアジア諸国との連携、米・露・欧の3極と
の関係強化、そして環太平洋大経済圏の構築、この3つの戦略を
きちんと展開していけば、世界の中の日本の立場は安泰なのである。
そうなれば中国も韓国も、日本にとって謝絶しても構わない国となる。

いざとなった場合に中国や韓国と関係断絶しても、あるいはこの2つの
反日国家と全面対決する局面になったとしても、日本の安全と繁栄が
きちんと保証されるような国際関係を作り上げていくことが、
今後の日本が進めていくべき核心的な外交戦略となるのではないか。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130523/chn13052308230000-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
排外主義や差別主義でなく、「性質・性格の相違」は価値観や人生観も
含めて「相容れない人々」という認識で「救えない、教えない、関わらない」
を肝に銘じて、表向きの美辞麗句でさらりと接触すべきである。
それが精神衛生にとって最良の対処法である。

画像


明日の日本の姿を北欧が見せている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【ロンドン=伊東和貴】スウェーデンの首都ストックホルム北部の移民が多く住む
ヒュースビー地区で19日夜、警察に抗議する若者たちが暴徒化した。
地元メディアによると100台以上の車両に放火、ショッピングセンターが壊され、
警官3人が負傷。暴動は首都各地に広がり、少なくとも十数人が逮捕された。
21日も車両放火が相次いだ。
同地区で今月中旬、刃物をもった69歳男性が警察官に射殺されたことを巡り
暴動が発生。
鎮圧に来た警官は「サル」「ネズミ」などの言葉を使ったとされる。
同地区は人口の8割を移民とその子孫が占めており、人種差別や若年失業へ
の不満が暴動拡大の背景と指摘されている。
首都の別の地区では警察署が襲われた。


朝日新聞 2013年5月23日1時10分
http://www.asahi.com/international/update/0522/TKY201305220568.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

伝えるのが「アサヒる」という北欧礼賛したところだというのが、皮肉なもので
記事を書いていて、「礼賛」した過去は都合よく忘れ去ったか。
特に「アサヒる」報道機関が褒め称える地域や国のこれまでの事柄から言えば、
それの逆が真なりとなって来る。
リーダーの保身のための自国民大虐殺の文化大革命、ポル・ポトの親殺し、
共産主義に被れたリーダーの「狂信的横暴性」は、人知を失っている。
そこを絶賛出来る神経は、やはり・・・。

画像


こういった真っ当な感想を、日本国民が礫のように投げかけてやらないと、
国民に向けたメディアの再生はないだろう。
まぁ、再生せずに倒産し跡形なく消し去れば、万々歳となって来るのだが・・・。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「汚染」

ではなく、

「汚鮮」

ではないでしょうか?
ニック
2013/05/23 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうにもならない日本マスコミの汚染度 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる