BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活困窮の相互扶助の精神を蝕む「在日特権」

<<   作成日時 : 2013/05/21 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

日本人の生活困窮に対しての「相互扶助精神」を持ってなされる「生活保護」
の様相が、戦後直後を越える受給者となって「不景気云々」が分析されるが、
実際に増加傾向を示すのは、「日本人にあらず、永住外国人」となってくれば
そこには「税金納税意識」にも影響を及ぼし日本人の相互扶助に寄生する
という「表立っての批判」も、市民団体によって行われるのも、憤懣の形の表明
ではある。

画像


そこの「恒例デモ」で、「弱者を演じるのに長けている」者との衝突で、マスコミ
が喜んで記事にする「暴行という名の肩の触れ合い」があり、自称の人が
逮捕となったのだが、これがなんともな例の「自作自演」ものとこれまでの
「被害を作り出す創作能力」で弱者たらんとしている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東京都新宿区で行われている在日韓国・朝鮮人の排斥を主張するデモで、
デモを批判するグループのメンバーに体当たりしたとして、警視庁新宿署は
20日、暴行容疑で、デモに参加していた自称元自衛官の無職、赤井洋容疑
者(47)=埼玉県熊谷市拾六間=を逮捕した。
 同署によると、新宿の排外デモをめぐる逮捕者は初めて。「つまずいてぶ
つかっただけ」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は19日午後6時40分ごろ、同区西新宿の路上で、デモに抗議し
ていた男性会社員(51)の胸などに体当たりした疑い。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130520-00000057-jij-soci 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
同区西新宿の路上で、デモに抗議していた男性会社員(51)の胸などに体当
たりした疑い。

これまでも「作られた傷害事件」はままあったが、デモ批判が高まれば、いず
れは「言論による圧力に寄与する事件」は、風評を呼び込んでくれる。

画像


もっとも「在日特権」を批判しているデモと、それを糊塗しようとする反対派の構
図に、以下のような「実際に不正受給した外国人」が出ては、マスコミも批判する
のに躊躇が出て来る。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国人クラブを経営しながら生活保護を受給していたとして、警視庁組織
犯罪対策1課は、詐欺容疑で、韓国籍の韓国人クラブ「パートナー」経営、
許愛栄容疑者(54)を逮捕した。
同課によると、「病気で働けないと言ってだました」と、容疑を認めている。
許容疑者は平成17年3月から生活保護を毎月14万円受給。
同店は20年9月〜25年4月、クレジットカードだけで1億2700万円を売
り上げており、同課はその間の生活保護費840万円をだまし取っていた
とみている。
同店では女性従業員が「店外デートは3万円」などと男性客を誘ってホテ
ルを往復する姿が目撃されており、同課は管理売春の疑いもあるとみて
いる。
逮捕容疑は24年7月、同区の福祉事務所に「C型肝炎のため働けない」
などとして無収入を申告し、 24年8月〜25年4月、生活保護費計約138
万円をだまし取ったとしている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130519/crm13051911290000-n1.htm

画像


三原じゅん子氏 生活保護不正受給「絶対に許せない」

19日、時事通信は韓国クラブの経営で2008年9月以降少なくとも1億2700万円
の売り上げがあったにもかかわらず、同時期に約840万円の生活保護を受け
取っていた韓国籍の54歳の女が逮捕されたと報じた。逮捕容疑は2012年8月
から2013年4月までに生活保護費約138万円を騙し取った疑いだという。
この事件を、自民党の参議院議員・三原じゅん子氏がブログで紹介。
ブログのエントリーの最後に「こういうことは絶対に許せない!!!!」と一言
だけ青文字で書いた。三原氏に同様に考える人もおり、ツイッターでは「これは
ひどいわな、」といった感想が書き込まれた。
また、昨今全国各所で行われている「嫌韓デモ」では、在日コリアンが「生活保
護を簡単にもらえる」といった「在日特権」が声高に叫ばれているが、この事件
があったが故に“これでまた「在日特権」は声高に叫ばれヘイトスピーチが轟く
だろう”と予想する人も出ている。]

5月19日14時52分:アメーバニュース
http://yukan-news.ameba.jp/20130519-154/

画像


橋下市長の一連の発言。
いくつもの問題があるが、言葉と認識の関係で私のなかで不信感がどんどん
深まっているのは 「女性を活用」という表現だ。認識は人間性の表出である。
男である自分のために女性を「活用」するーー橋下市長には男尊女卑、女性
差別の思想がある。 そうでなければそんな表現はしない。

https://twitter.com/aritayoshifu/status/335696898759483392
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国会議員に野党・与党に関係なく、「税金で禄を食む公務員」の印象を持つと
とんだ「しっぺ返し」があるのが、民主党所属の議員さんで、弱者救済という
大義名分をもって、許可を得たデモに対する批判を路上でしてしまうと、「議員
の矜持」として、順法精神の「許可デモ」に対する姿勢には、立法という責務
のある立場とは、とても思えぬ。そんな人物は「人格攻撃」はしても「主張」に対
する思いは決して言わない「薄汚さ」を滲ませてしまうから、こりゃダメだ。
やっぱり「民主党の議員は・・・」の再認識になって来る。

画像


その外国人の受給が増えるのには、そこに指南役が居なければそうそう増加
するものではない。
あの行政で逮捕された市役所職員の例には、行政グルの構図が見えてきて
「税金にたかる悪辣なやつら」となり、受給申請の厳格化は当たり前となって来
るが、そこの「公務員」が凋落されれば・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本に永住、在留する外国人は徐々に減少しているが、生活保護を受ける
人は急速に増えている。厚生労働省の最新の調査(平成23年)では外国人
受給者は4万3479世帯、月平均で7万3030人に上る。10年前からほぼ
倍増し、ここ数年の伸びは年に5千世帯のハイペースだ。「ただ乗り感覚」の
受給者の存在を指摘する関係者もいる。
国籍別では韓国・朝鮮人が最多。国民年金に加入していなかった在日韓国
・朝鮮人の「無年金世代」が高齢化しているのが最大の要因だ。
伸び率が急速なのは、1980年代以降に来日したフィリピン、中国、ブラジル
人らの「ニューカマー」と呼ばれる人たち。東海地方で自動車などの製造ライ
ンを担っていた日系人らの多くがリーマン・ショック後に失業、生活保護にな
だれ込んだ。ブラジル人居住者が全国最多といわれる浜松市ではリーマン
後に一時、ブラジル人の保護率が8%に達した。
単純労働に従事する外国人ほど景気の波に左右されやすく、言語の壁から
次の就職先もなかなか決まらない。雇用保険の給付期間を挟んで、失業が
生活保護に直結しているのが現状だ。
日本人の配偶者だったフィリピンや中国出身の女性らが夫婦関係の悪化や
DV(配偶者間暴力)などの理由で離婚しても、子供が日本で教育を受けて
いれば、シングルマザーとして国内にとどまることに。この場合、「配偶者」か
ら「定住者」へ資格変更して、生活保護を受給するケースも多い。
「母国に帰っても生活保護の水準まで稼げない人が多い。フリーライド(ただ
乗り)感覚の外国人受給者もいる」(ある自治体の担当者)といい、外国人の
場合も保護の長期化が懸念されている。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130520/trd13052009430010-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フリーライド(ただ乗り)感覚の外国人受給者もいる
権利であるとする意識の「思い上がり」が、一部の政治家にもあり「相互扶助」
という美名も形無しである。

画像


この「生活保護」の外国人への恩恵には、以下のような相当前の通達が
活用されて「拡大解釈」されていったという事実がある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について
(昭和二九年五月八日)(社発第三八二号)
(各都道府県知事あて厚生省社会局長通知)
注 昭和五七年一月四日社保第一号による改正現在
―――――――――― ここから ――――――――――
生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置については、貴職におかれ
ても遺漏なきを期しておられることと存ずるが、今般その取扱要領並びに手
続を左記のとおり整理したので、了知のうえ、その実施に万全を期せられたい。

          記

一 生活保護法(以下単に「法」という。)第一条により、外国人は法の適用対
象とならないのであるが、当分の間、生活に困窮する外国人に対しては一般
国民に対する生活保護の決定実施の取扱に準じて左の手続により必要と認
める保護を行うこと。
但し、保護の申請者又はその世帯員が急迫した状況にあるために、左の各
号に規定する手続を履行する暇がない場合には、とりあえず法第十九条第
二項或は法第十九条第六項の規定に準じて保護を実施し、しかる後左の手
続を行つて差し支えないこと。

(1) 生活に困窮する外国人で保護を受けようとするものは、外国人登録法
により登録した当該生活困窮者の居住地を管轄する保護の実施機関に対し、
申請者及び保護を必要とする者の国籍を明記した保護の申請書を提出する
とともに有効なる外国人登録証明書を呈示すること。

(2) 保護の実施機関は前号の申請書の提出及び登録証明書の呈示があつ
たときには申請書記載内容と登録証明書記載内容とを照合して、申請書記載
事項の確認を行うこと。

(3) 前号の確認が得られた外国人が要保護状態にあると認めた場合には、
保護の実施機関はすみやかに、その申請書の写並びに申請者及び保護を
必要とする者の外国人登録番号を明記した書面を添えて都道府県知事に報
告すること。

(4) 保護の実施機関より報告をうけた都道府県知事は当該要保護者が、そ
の属する国の代表部若しくは領事館 (支部又は支所のある場合にはその支
部又は支所)又はそれらの斡旋による団体等から必要な保護又は援護を受
けることができないことを確認し、その結果を保護の実施機関に通知すること。

二 生活に困窮する外国人が朝鮮人及び台湾人である場合には前記一(3)
及び(4)の手続は、当分の間これを必要としないこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
通達一つなら、簡単に厳格化も難しくない。
そしてもう「困窮する戦後からはだいぶ時がたった」のだから、既得権益は
ないだろう。

画像


何しろ「生活保護の恩恵」を受けている外国人がもっとも多い民族は、戦争の
戦禍に対して、いまだに「物凄い妄言を妄想して憚らない」人外人である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
神は人間の手を借りて人間の悪行を懲罰したりする。最も苛酷な刑罰が大規
模空襲だ。歴史には代表的な神の懲罰が2つある。第2次世界大戦が終結に
向かった1945年2月、ドイツのドレスデンが火に焼けた。
6カ月後に日本の広島と長崎に原子爆弾が落ちた。
これらの爆撃は神の懲罰であり人間の復讐だった。ドレスデンはナチに虐殺さ
れたユダヤ人の復讐だった。
広島と長崎は日本の軍国主義の犠牲になったアジア人の復讐だった。
特に731部隊の生体実験に動員された丸太の復讐であった。
同じ復讐だったが結果は違う。ドイツは精神を変え新しい国に生まれた。
だが、日本はまともに変わらずにいる。
2006年に私はポーランドのアウシュビッツ収容所遺跡を訪問したことがある。
ここでユダヤ人100万人余りがガス室で処刑された。
どれもがぞっとしたが、最も衝撃的な記憶が2つある。ひとつはガス室壁面に
残された爪跡だ。
毒ガスが広がるとユダヤ人は家族の名前を呼んで死んでいった。苦痛の中
で彼らは爪で セメントの壁をかいた。
もうひとつは刑罰房だ。やっとひとり程度が横になれる部屋に4〜5人を閉じ
込めた。ユダヤ人は互いに顔を見つめながら立ち続け死んでいった。
彼らは爪で壁面に字を刻みつけた。最も多い単語が「god」(神)だ。
ナチとヒットラーの悪行が絶頂に達した時、英国と米国はドレスデン空襲を決
めた。軍需工場があったがドレスデンは基本的に文化・芸術都市だった。
ルネッサンス以後の自由奔放なバロック建築美術が花を咲かせたところだ。
3日間に爆撃機5000機が爆弾60万個を投下した。炎と暴風が都市を飲み
込んだ。市民は火に焼けた。大人は子ども、子どもはひよこのように縮んだ。
合わせて3万5000人が死んだ。
満州のハルビンには731部隊の遺跡がある。博物館には生体実験の場面
が再現されている。
実験対象は丸太と呼ばれた。真空の中でからだがよじれ、細菌注射を打た
れて徐々に、縛られたまま爆弾で粉々になり丸太は死んでいった。
少なくとも3000人が実験に動員された。中国・ロシア・モンゴル・韓国人だった。

http://japanese.joins.com/article/765/171765.html?servcode=100§code=140&cloc=jp|main|top_news
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
広島と長崎は日本の軍国主義の犠牲になったアジア人の復讐だった
ここまで言うなら、以下のように「外交を断絶」する道を選んだ方が互いの
「精神衛生」上、得策になって来るのではないのか。

画像


これの宣言をしてくれたら、「永住することない外国人」として、帰国を大いに
奨めることができるし、あの「デモ」で猛烈なレイシズムな反撃をすることなく、
精神疾患に陥ることない。
そして「売春婦」云々も、日本人が「監視するが如く、告発・通報を連発」することで
「被害者売春婦」も、不幸な境遇から救うことが出来、万々歳ではないだろうか。


虚言と虚飾の国・韓国 (WAC BUNKO)
ワック
呉 善花

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 虚言と虚飾の国・韓国 (WAC BUNKO) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生活困窮の相互扶助の精神を蝕む「在日特権」 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる