BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS ランキングで見て取れるか、生まれた国の「幸せ度」と移民

<<   作成日時 : 2013/01/10 15:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

生まれた国によって「幸・不幸」もあるまいに、人間どこまでも傲慢になると
「こんな国に生まれたくなかった」とか不平を漏らし、周りが眉をひそめる
人物に成り下がるなんてのもあってか、ランキング好きは要素を盛り込んで
数値比較をしてしまうが、これは意味があるとは思えないが、利用する
ところは変な言い回しで、「隣は緑」と嘲笑されても・・・。

画像


好んで無国籍になるひともいないだろうが、戦乱後には存在した不幸な人も
いて画像のような本も出版されている。
で、ランキングでの比較で日本より上であるなら何でも取上げるストーカー国家
と成り下がっている「かの国」のマスコミは、こんなところにも優位性がありと伝え
ているが、その姿に不憫さを感じるのは、日本人なら当たり前?。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
英国の経済情報評価機関エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが、世界80カ
国を対象に「今日生まれた赤ちゃんに最高の国」を評価した結果、韓国は19位
となった。1位はスイス、米国とドイツは16位、日本は25位、中国は49位だった。
複数の韓国メディアが報じた。  
韓国メディアは、「新生児の住みやすい国、韓国19位、スイス1位…米国16位、
日本25位」 「今日生まれた赤ちゃんに最高の国は…韓国19位」などの見出しで
伝えた。
同機関は、経済的機会、健康レベル、政治的自由、男女平等、職業の安定性、
凶悪犯罪発生率、気候など、今日生まれた子どもが成人になる2030年の経済
見通しなど総11項目にわたって各国を評価した。
韓国メディアは、韓国の19位は、21位のイタリア、25位の日本、26位のフランス、
49位の中国よりも高い順位で、16位の米国とドイツとも大きな差がなかったと紹
介した。
今回の調査の結果、1人当たりの国内総生産(GDP)は、生活の満足度の差を
決定するのに67%の影響を及ぼすことが分かった。
しかし、代表的な大国である米国、ドイツ、日本、英国、フランスなどが10位以内
に入っていないのは、お金は人生の質に少なからぬ影響を与えるものの、「お金
で幸せを買うことができる」と断言できるほど絶対的なものではないことを示して
いると指摘した。
さらに、世界第2位の経済大国である中国(49位)は、深刻な経済難を経験して
いるイタリア、スペ イン(28位)、ギリシャ(34位)よりも順位が低かったと伝えた。
一方、1位のスイス以下はオーストラリア、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、
シンガポールとなり、「小さいながらも平和な国」、「単一民族国家」、「自由な民主
主義国家」などの要件を備えているためと分析された。
80カ国のうちナイジェリアが最下位を記録、北朝鮮は今回の評価対象から除外さ
れた。 (編集担当:李信恵・山口幸治)

サーチナ
http://n.m.livedoor.com/f/c/7298180

画像


[世界日報 2006-08-30 11:45]
「生まれ変わっても韓国人として生まれたいですか ?」

インターネットサイト『デ−シインサイド」が去る 23日から 30日まで訪問者
8000人余りを対象でこのようなアンケート調査をした結果、回答者の 69.7%が
「嫌だ。 他の先進国で生まれたい」と回答した。「当然韓国人で住みたい」と言う回
答は 24.2%に過ぎず「よく分からない」も 7.9%だった。
韓国人で生まれ変わりたくない理由では一番多いネチズンが ‘教育問題’を挙げた。
生まれ変わって韓国の地獄みたいな入試戦争に苦しみたくないというのだ。
アンケートに参加したあるネチズンは 「学生時代勉強のため頭が裂けてしまうようだ
った」と 「もう一度そんなストレスを経験するより他の国で気楽に暮すのがずっとまし
だろう」と言った。
他の応答者も 「勉強熱心にしたところで、社会に出れば使えるものが一つもないの
が我が国の教育現実」と言いながら 「実用性と效率性落ちる教育制度のためにでも
この国を発ちたい」と言った。
深刻な貧富格差を韓国人で生まれ変わりたくない理由で挙げた人々もいた。 ある
ネチズンは 「江南の金持ちの長男に生まれることができたら韓国人でまた暮すこと
も大丈夫のようだ」と 「韓国はまだ一応お金とコネならすべて通じる」と皮肉った。
その他に腐敗した政治と軍隊, 就職難なども韓国で生まれ変わりたくない理由と返
事した。 一方生まれ変わりたい国では日本, スイス, アメリカなどを挙げた。
しかし一部応答者の間では若者達の安逸な現実対応認識に対する慨嘆の声も出た。
あるネチズンは 「率直に言って、閉鎖的で不正腐敗も多く、極度に硬直した韓国社
会は誇らしくはないが、私たちの力で誤ったものを変えようとする努力もほとんどな
いようで 胸が痛い」と指摘した。 あるネチズンも 「海外に出れば我が国くらいにきれ
いで安全なところはもない」と顧みながら「自分の国を愛そうともしないのに、どうや
ってその国をもっと好きになることが できるというのか」と首をひねった。


世界日報 2006-08-30 「生まれ変わっても韓国人として生まれたいですか ?」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
伝える内容によっては、「かの国」の国民の意識の「ムラさ加減」にげんなりだが
やはり歴史認識、それも日本の方がより気に掛かると、こんなランキングを引用
してしまうのだから・・・。

画像


こういった悪ふざけも、国の評判を気にする人にとっては「癪に触る」からの気持ち
が、卑しめてやりたい性根の悪さの発露と映るものだが・・・。
以下のような明治時代の日本人が残した資料の発表が、上のランキング引用の
要因だったのだろうと推測すると、やはり「痛々しい限り」と感じるが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
文豪、夏目漱石(1867〜1916年)が新聞に寄稿した全集未収録の随筆が
見つかったことが6日、分かった。
初代韓国統監を務めた伊藤博文の暗殺などに触れた内容で、研究者は「初め
て見る貴重な資料だ」と評価している。
作家の黒川創(そう)さん(51)が国立国会図書館などから発掘した。
7日発売の文芸誌「新潮」2月号に随筆の執筆背景などを盛り込んだ黒川さん
の小説「暗殺者たち」の一部として全文掲載される。
随筆は「韓満所感」と題し、明治42(1909)年11月5、6日付「満洲日日新聞」
に2回掲載された。
1面トップの扱いで、計約2800字の分量がある。同紙は、日露戦争後に日本
の租借地となった満州(現在の中国東北部)の大連で発行されていた邦字新聞。
新潮社によると、随筆は全集や単行本には収録されておらず、約100年間忘
れられた作品になっていた。
伊藤博文暗殺の報に接した驚きに始まり、満州や朝鮮で活躍する日本人に頼
もしい印象を受けたことが記されている。
漱石は同年9〜10月、親友の満鉄総裁、中村是公の招きで満州・朝鮮各地を
旅行していた。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130107/art13010714090006-n1.htm

画像



夏目漱石「韓満所感」(抜粋)

「満韓を経過して第一に得た楽天観は在外の日本人がみな元気よく働いてゐる
と云ふ事であつた」
「歴遊の際もう一つ感じた事は、余は幸にして日本人に生れたと云ふ自覚を得た
事である。内地に跼(きょく)蹐(せき)してゐる間は、日本人程(ほど)憐(あわ)れ
な国民は世界中にたんとあるまいといふ考に始終圧迫されてならなかつたが、
満洲から朝鮮へ渡つて、わが同胞が文明事業の各方面に活躍して大いに優越
者となつてゐる状態を目撃して、日本人も甚だ頼(たの)母(も)しい人種だとの印
象を深く頭の中に刻みつけられた
同時に、余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた。彼等を眼
前に置いて勝者の意気込を以て事に当るわが同胞は、真に運命の寵(ちょう)児
(じ)と云はねばならぬ」
(※原文の旧字体は新字体に変更し、ふりがなは一部にとどめた)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130107/art13010714130007-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
明治時代の「時を映す鏡」にも、自国の良さよりは他と比較してが、コンプレックス
の裏返しとみれば、「そうなんだ」と素直に受け止めれば・・・。

画像


幸福の国としての「ブータン」も、鎖国的成り立ちが他との比較をしない風土を
生んでいるだけとも取れるし、まして「羨ましがる」の質が、どこか違うのでは
ないかとランキングに一喜一憂する「痛い人」に感じてしまう・・・。
以下のような「名もなき人の自己犠牲」の尊さが、やはり尊敬に値する国の礎
なのでは・・・。




幸福について―人生論 (新潮文庫)
新潮社
ショーペンハウアー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幸福について―人生論 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキングで見て取れるか、生まれた国の「幸せ度」と移民 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる