BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 先を見通せない「変態」は、自虐的発想のみの滅び行く言論

<<   作成日時 : 2013/01/04 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自虐的な態度でないと、近隣諸国に対して「反省が足りない」とかの論調が
ベースになる日本のマスコミにとって、自分達の「言い分」を無視されると、
とたんに「火病」を患って、発狂してしまうかの姿勢は異形な日本の変革を許
さぬ「既製の押し付け」の範疇から出れないジャーナリズム・マンネリの典型。

画像


この画像のような姿が、日本には似合うと妄想する姿勢は、日本はいつも萎縮
してなければならないを「社是」にしているようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社説:2013年を展望する 強い経済は構造改革で

年頭の経済社説は、過度の悲観論を排することから始めたい。

まず、米国きっての知日派、ジェラルド・カーティス・コロンビア大教授の話を聞こう。
「日本衰退論の不毛」という興味深い論文をフォーリン・アフェアーズ・リポート12年
12月号に寄せている。
教授によれば、日本経済に対する衰退論は誇張されている。日本の過去20年間
の経済のできばえは、他の先進諸国に比べて見劣りしない。
日本衰退論は日本の人口減少を考慮しない見方であり不毛である。

◇「幸せな不況」に安住

1人当たり実質国内総生産(GDP)成長率の平均値でみれば、日本は他の先進国
にまったくひけをとらない実績をあげている。
「停滞」といわれた時期にも生活レベルは改善し、失業率は低く抑えられてきた。
格差は広がったかもしれないが、米国よりはるかに小さい。
中国と日本のどちらで暮らしたいか。生活レベル、社会サービスのレベル、平均余
命などからみて答えは明らか。
台頭する中国より「衰退途上の」日本で暮らすほうがはるかにいい。
そう教授は言うのである。
こういう日本の状況を、幾ばくかの皮肉を込めて「幸せな不況」と呼ぶ人もいる。
金融市場でカリスマ的な影響力を誇るゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
のジム・オニール氏である。
日本はすでに十分豊かになり失業率も低い。社会は調和がとれ落ち着いている。
しかも、1人当たりGDPは伸びている。不況に見えるが幸せなのだ。
このため、現状に安住することを選び、きつい改革を望まなくなっている、と。
今年私たちが問われているのは、この「幸せな不況」にどう向き合っていくか、である。
これでずっとやっていけるなら「幸せな不況」も悪くない選択なのかもしれない。
しかし、日本はGDPの2倍にも達する公的債務残高を抱えていることを忘れ
てはならない。
デフレのままでは税収も上がらず、年金・医療など社会保障制度の維持が難
しくなるばかりか、財政破綻の危機が現実のものとなる。
安倍晋三首相の答えは「強い経済を取り戻す」だ。
そのためにはまずデフレからの脱却であり、公共事業の集中投資と日本銀行
の金融緩和でそれは実現できると主張する。
経済学者の多くは懐疑的である。むしろ国債市場の波乱をよびかねないと警
戒している。私たちもそう思う。
とりわけ、2%の物価上昇に達するまで、無制限に日本銀行に国債などを買い
入れさせるという主張は危うい。
すでに長期金利が上がってきていることに注意しなければならない。長期金利
が上昇すれば、国債は借り換えも新規の発行も難しくなり、ギリシャ化への第
一歩を踏み出すことになる。長期金利の上昇だけは避けなければならない。
過去10年の日本の実質経済成長率を平均すると0.9%だ。日本銀行は少子
高齢化による経済の構造的マイナス要因と、技術進歩などによる経済拡大要
因を差し引きすると、いまの日本経済の潜在成長率(実力)は1%にやや届か
ない程度、と見ている。

◇ミニバブルを志向?

ということは、これまでの日本経済はほぼ実力相応の成長をしてきたということだ。
無理がない。
だからこそ国債市況は安定し、ひとびとは「幸せな不況」にまどろむことができた。
「それではダメ。強い経済を取り戻す」というなら、物価の引き上げでなく、構造改
革で潜在成長率の引き上げを目指すのが筋なのだ。
まずは年金・医療・介護の社会保障制度を維持可能なものにし、国民が安んじて
消費を拡大できるようにする。
財政改革に道筋をつけ着実に実行する。企業活力を引き出すため雇用、税制を
中心に大胆な規制緩和を行う。
環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に参加しアジアの活力を取り込む、等々だ。
ギリシャやスペインなど南欧諸国の体たらくを人ごとだと考えているとすれば、それ
は大きな間違いだ。
財政が行き詰まり金融政策にも手立てがなくなり、彼らはついに身を切る改革に
踏み出した。
10年前に、いや5年前に改革に踏み出していればここまでつらい思いをしなくても
済んだかもしれない。そういう悔悟にさいなまれつつ。
安倍首相の政策が効果ゼロとは思わない。日銀に社債や株式を買わせれば、物
価は反応せずとも株価や地価があがり、ミニバブルにすることが可能だ。
それが狙いなのかもしれない。だが、それは資源配分をゆがめ、かえって経済の
健全な発展を阻害しかねない。
安倍政権に集まる人々は国債市場のXデーは当分先と楽観的に考え、かつ、万
一の場合にも対応可能と考えている。
だが、政権担当者の最大の仕事はリスク回避であって危ない経済実験をすること
ではない。
過去の失政の責任をなにもかも日本銀行に押し付け、金融緩和しさえすれば強い
経済を取り戻せるというのがアベノミクスであるらしい。
それは「幸せな不況」を「不幸せな不況」にしてしまうおそれがある。(引用終了)

毎日新聞 2013年01月04日 02時30分
http://mainichi.jp/opinion/news/20130104k0000m070095000c.html
http://mainichi.jp/opinion/news/20130104k0000m070095000c2.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まずはヘンテコな造語「幸せな不況」とはなんぞや・・・。
万人が頷く用語なら、そんな心象投影と捉えることも出来るのだが、人の不幸を
「ネタ」にする報道機関として、批判したくともどこも出来ないとなれば、造語を
作り出し、これまでの論調など委細構わずとするから、読者も混乱してしまう
もっとも、こんなところの情報に信憑性も皆無になれば、間違っても購読する
端緒にすらならない。

画像


いくら「喚きチラシ」ても印象操作を駆使しても、情報の殺生権は「読む側」に
ありとなれば、「選択の自由」を駆使する国民は、以下のように「表現の自由」
や「信教の自由」を謳歌する。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
‘ティアラいじめ一針’キャリ パミュパミュ、旭日昇天旗論難

[ヘラルド経済=チェ・サンウ インターン記者]‘日本版レディーガガ’として有名な
日本のアイドル歌手きゃりーぱみゅぱみゅが日本の帝国主義を象徴する‘旭日
昇天旗’とともに新年の挨拶を残して国内ファンたちに失望感を残した。
きゃりーぱみゅぱみゅは去る1日自身のツイッターに‘謹賀新年’という挨拶の言
葉と共に写真を公開した。
写真の中のきゃりーぱみゅぱみゅは富士山を連想させる青色のかつらをかぶり、
自身の顔が真ん中に入った旭日昇天旗を背景にポーズを取っている。
また他の写真できゃりーぱみゅぱみゅは着物をきちんと着て旭日昇天旗を片手
に持っている。
この写真は国内オンラインコミュニティを中心に瞬く間に広がった。写真を見た
ヌリクン(インターネットユーザー)らは「いくらパフォーマンスと破格的な衣装で
有名になったとしても、戦犯旗を揚げたグラビアなんて失望だ」、「気分が悪い」、
「どうにか特異に見せようとじたばたしようとする姿」、「T-ARA(ティアラ)事件の時、
良識的な発言で良く見えたのに、この友人も良識喪失だね」等と不快感を表わした。

画像


きゃりーぱみゅぱみゅは昨年7月30日、自身のツイッターを通じて、「いじめに遭う
人も問題があると言うがそれはみんな嘘。いじめる人たちが100%悪い!1000000
000%悪い!人間というのは本当に面倒だね。いじめられる子供がどれくらい大変
だろう、はあ」と所信を明らかにして国内ファンたちに良い印象を残した。
だが、今回の事件できゃりーぱみゅぱみゅは国内ファンたちの間でイメージ失墜
を甘受しなければならないものと見られる。特に来る3月9日の韓国公演が含まれ
た‘ワールドツアー2013’スケジュールを公式ホームページに上げてまだ10日にも
ならない状況で広がったもので、より一層苦々しさをかもし出している。

ヘラルド経済(韓国語) 記事入力2013-01-03 15:06
http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20130103000779&md=20130103150651_AN

画像


中国大手検索サイト百度の掲示板に「AKB48のメンバーが靖国神社へ初詣に
行ったことで、中国で激しく批判されているぞ」というスレッドが立てられた。
スレ主が伝えた情報について、中国人ネットユーザーからさまざまなコメントが
寄せられた。

**********

報道によれば、AKB48の板野友美と島崎遥香の2人は1日、初詣のため東京千
代田区(千代田区)の神社靖国を訪れた。中国や韓国では、「靖国神社は軍国
主義の象徴」であると批判しており、韓国でも板野友美と島崎遥香に対する批判
の声があがったが、中国の一部のネットユーザーからは、「2人は歴史的な背景
を知らず、ただ近くて便利だから行っただけではないか」との意見も出ている。
板野友美と島崎遥香の初詣に対して、中国人ネットユーザーからは次のようなコ
メントが寄せられた。
・「初詣に行っただけだろ。別にどうってことないじゃん」
・「歴史を知らない?そんなバカな。靖国神社は誰でも入れるところだ。戦犯者を
拝みに行ったわけじゃなければ別にかまわないだろ」
・「ともちんの言動からすると、本当に歴史を知らなかった可能性があるね」
など、靖国神社での初詣を容認する意見が多く寄せられた。しかし「アイドルという
のはファンの目にはどんなことをしても許されてしまう存在なのだ」、「歴史を知らな
かったって?なんて自己欺瞞的な意見だ」と指摘するユーザーもいた。
また、靖国神社での初詣は許しがたいというコメントもあり、「靖国神社は右翼の聖
地であり、知らないはずはない。秋葉原から近いとはいえ初詣に行くべきところで
はない」、「なんて恥知らずな日本人だ。日本のアイドルは好きになれない」などの
意見もあった。(編集担当:畠山栄)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0104&f=national_0104_004.shtml
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これらの行動に対して非難する言論とかの「ウザさ加減」は、いくら印象操作し
て「洗脳」を行う日本のマスコミの力のなさの証として、より輝く。
まして「自虐思考」しか出来ぬ「引き篭もりメディア」には、若い世代も愛想を付かし
ていて、鼻でせせら笑われている。

画像


その一つに「ネトウヨ」なる珍奇な造語がある。
もう国家挙げての「ストーカー状態」の「かの国」は、日本人の反応がすべてみたい
で気色悪いのも半端ない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ゲソムン・ドットコム。国民大3年生、雀煕充(チェ・ヒユン)さん(24)から「よく見ている」
と教えられた掲示板翻訳サイトを覗いてのけぞりそうになった。
「韓国人は日本から出ていけ」。
目を覆いたくなるような中傷が並ぶ日本の投稿サイト「2ちゃんねる」が克明に翻訳
されていた。
「中国や米国などの掲示板翻訳サイトもあるが、2ちゃんがダントツで人気。
面白いネタは一気に広がる」。
雀さんは当然とばかりに言った。既存の対立が帰って深まるのでは。
「趣味で韓日関係を研究しているアマチュア」を自称。だが、今回あったどんな韓国
人よりも歴史問題に対する日本人の見方を正確に知り、韓国と日本がなぜ行き違
うのか冷静な視点を持っていた。驚いたことに日本語ができないばかりか、日本に
も一度も言ったことがない。
大学時代に「情報は多いのに、どうして等身大の日本を知るのがこんなに難しいの
かと疑問を持った。
今は個人のブログ、フェイスブック、ツイッターも翻訳機能で読む。2ちゃんねるも日
本人の本音を知るために欠かせないという。

詳細は朝日新聞 2013年1月3日紙面で
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
取り上げたのが「アサヒる」報道機関という、読者もどこかずれている意識の
人々の集団だから、どこまでいっても「認識の差異」は埋められぬものだろう。

画像


そんなところと「友好」を結ぶ海外の報道機関も同調しているからこそ、発行部
数も経営も上手くいかなくなるのは、「当たり前」の結果だろう・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
NYタイムズ、安倍首相を酷評 河野談話見直し「重大な過ち」「恥ずべき衝動」

米紙ニューヨーク・タイムズは3日付朝刊の社説で、「歴史を否定する新たな試み」
と題し、旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」に関して、有識
者による再検討の必要性に言及した安倍晋三首相を「重大な過ち」と強く批判した。
社説は、12月31日付産経新聞1面などに掲載された安倍首相へのインタビュー
記事を引用し、安倍首相について、「右翼の民族主義者」と決めつけ、「朝鮮などの
女性を強姦、性奴隷にし、第2次世界大戦で侵略したことへの謝罪の見直しを示唆
した」と非難した。
また、「戦争犯罪を否定し、謝罪のトーンを弱めるどのような試みも、韓国や中国、
フィリピンなど、戦時中の日本の野蛮な行為で苦痛を受けた国々を激怒させるだろ
う」とした。
最後に、「安倍首相の恥ずべき衝動は北朝鮮の核開発など地域の重要な協力態勢
を脅かす恐れがある。こうした修正主義は、日本にとって恥ずべき愚かなことだ」とし
ている。
ブッシュ前政権の国家安全保障会議(NSC)でアジア上級部長を務めたマイケル・グ
リーン氏は、ニューヨーク・タイムズなど一部米メディアによる「安倍たたき」について、
「安倍氏を危険な右翼だと憎む朝日新聞や一部毎日新聞の見立てを輸入したものだ」
との見解を示している。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130104/amr13010410070004-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「幸せな不況」と、裕福な給与を頂く斜陽産業の言には、いよいよ切羽詰った
断末魔を聞いている様である。
誰しも「幸せな不況」に馴染んでいるはずもなく、まして「不況」の原因を政治
に求めていた言論が、「自虐ネタ」にする、その根性だけは「嘲笑して褒めて
やらんでもない」が、そんなところは「すぐに廃業」してくれないかと、やはり
「返し言葉」は「あってもなくてもいいのなら、あるだけ迷惑」な存在として
忌み嫌われる・・・。今年は「忌み嫌われるメディア」が流行語になる?。



「幸せな結末」 大滝詠一

たまにはこんな題名のように、未来志向してみろ。


A LONG VACATION 30th Edition
SMR
2011-03-21
大滝詠一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by A LONG VACATION 30th Edition の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



メディアの大罪
PHP研究所
三橋貴明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メディアの大罪 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先を見通せない「変態」は、自虐的発想のみの滅び行く言論 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる