BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 内外での反応の差は、日本マスコミの引き篭もり体質が原因

<<   作成日時 : 2012/12/14 19:36   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「国防軍」なる言葉に敏感に反応し、即戦争云々とかの論調に持ち込む
手合いが海外の反応とする「アジア」がいかにも偏狭なナショナリズムを
煽る「変な隣国」だけで、他の国に反応を求めれば・・・。


画像


ベトナムにしても、フィリピンにしても、「横暴な隣国」は中狂中国と意識が
共通であり、そんなところは日本の一部歪んだマスコミと違って、いたって
「普通の反応」を示すのに、「過去の云々」とかよりは「現在の境遇」に焦点
を当てて、「頑迷な被害者意識」の薄まりが際立っているようで・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本の軍事的強化「歓迎」=「中国の対抗勢力に」と要望−フィリピン外相

フィリピンのデルロサリオ外相は10日付の英紙フィナンシャル・タイムズとの
インタビューで、日本が戦後の平和憲法から解き放たれ、軍事的強化に進む
ことを歓迎すると表明した。
同紙は、中国の高圧姿勢に懸念を強めるアジアの国々が日本の軍事的強化
を支持することによって、自衛隊を「国防軍」に格上げする憲法改正を目指す
自民党の安倍晋三総裁に勢いづける可能性があると指摘している。
インタビューの中でデルロサリオ外相は、「われわれはアジア地域でバランス
形成の要因を求めており、日本はそのための重要な存在になり得る」と述べ、
中国に対抗するための日本の「再軍備」を「強く歓迎する」と語った。 
中国の脅威にさらされているフィリピンなどは今、「第2次世界大戦時の旧日
本軍の侵略の記憶以上に、現在の中国の圧迫により大きな懸念を持ち始め
ていることが示されている」と同紙は解説している。

時事通信 2012/12/10 09:56
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012121000131

○“対中国”で同志 東南アジア各国、日本の軍備強化に期待

フィリピンの外相が、英紙とのインタビューで、日本が正規軍を持つことを支持
すると発言したが、日本がアジアでもっと軍事的な貢献をすべきだという意見は、
東南アジアの他の国々でも聞かれる。日本の敗戦から70年近くがたつ今、アジ
アの人々が求めているのは、過去に対する日本の謝罪ではなく、「中国の脅威」
という現在の問題に、日本が何をしてくれるのかということでしかない。
(フジサンケイビジネスアイ)

◆謝罪より貢献
フィリピンのデルロサリオ外相の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)での発言は
、憲法改正と自衛隊の強化を訴える安倍晋三元首相の返り咲きが確実視され
るなかだけに、とくに欧米メディアにとっては、驚きを持って迎えられたようだ。
同外相は日本の再軍備についてどう思うかという質問に、「大変歓迎したい。
地域で(中国との)バランスがとれる要素を探しており、日本なら十分、そうなり
うるだろう」と語っている。
中国との領有権問題で苦労するフィリピン側からすれば、当たり前の発言だが、
FT紙にすれば、想定外の発言だったようだ。同紙は「中国を怒らせかねない異
例の発言」としたうえで、「南シナ海の領有権を主張する中国による挑発へのフ
ィリピンの警戒心を反映したもの」と解説。さらに「他のアジア諸国からの支持は、
安倍氏の憲法改正の動きをあおりかねない」「中国は長らく日本の軍国主義の
復活に対する不安を提起してきた」などと、中国政府が喜びそうなコメントが続く。
そのうえで「かつて日本の植民地だったフィリピンの日本の再軍備に対する姿勢
をみると、中国への恐怖が、日本の戦時中の攻撃的な行為に対する記憶を打ち
負かすきっかけになるかもしれない」と、まとめている。
そもそも、フィリピン側に「戦時中の日本の行為」の記憶にこだわっている人は、
もはやほとんどいない。
かつて日本軍の航空基地があったマニラ北西部のパンパンガ州を訪れ、何人
もの地元の人に取材したが、そのうちのマバラカット市幹部の言葉が印象に残
っている。彼は「日本人はよく、侵略してすまなかったというが、フィリピンはスペ
インにも米国にも侵略された。しかし、彼らは謝りなどしない。いつまでも、そんな
ことを言う必要はない。重要なのは今だ」と話したものだ。同じような声はフィリピ
ン人以外からも聞いた。

◆対中国の同志
とくに、ここ数年の南シナ海における中国の「蛮行」は、ベトナムやマレーシア、
ブルネイなど同様に中国と領有権問題を抱える国々の警戒心を呼び起こしている。
中国との領有権問題がないはずのインドネシアでさえ、領海侵犯した中国漁船を
めぐり武装した中国艦艇と対峙(たいじ)する事件が起きている。
これらの国々からすれば、中国の領土的野心にさらされる尖閣諸島を抱える日本
は、同じ中国の脅威と戦う同志なのだ。
もっとも、フィリピンやインドネシアが、本気で日本の軍事力の増強に期待している
ようには思えない。中国の反発を恐れ、尖閣諸島に自衛隊を配置することすらでき
ない日本が、どうしてアジアの国々のために軍隊を送ることができるだろう。
そんなことは先刻承知なのだろう。フィリピン政府は今週、米国との間で、米軍のプ
レゼンスをいかに増すかについて協議を始める。
1991年にフィリピン議会は、米国との安保条約を批准せず、スービック海軍基地
から米軍を追い立てた。しかし、フランス通信(AFP)によると、あるフィリピン高官は、
今回の協議では同基地の再利用が焦点の一つになると話す。
理想を唱えるだけでは自国を守れないことを知ったフィリピンの人々の期待に、われ
われ日本人は応えることができるのだろうか? 今回の選挙が1つの答えになるの
は間違いない。(編集委員 宮野弘之)

□ソース:産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121213/asi12121309090000-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
66:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/12/13(木) 13:28:40.33 ID:FoH9+1Hz

かつて、欧米列強の覇権主義に対抗するために
支那やインドが中心となってバンドン会議を開催し、日本もそれに呼ばれたわけだ
インドのネルー首相はこう演説した
;アジアはもう受け身ではありません。黙って人の言うことを聞いたりもしません。
;今日のアジアは力強い活気にあふれているのです。
;われわれは今さら、アジアを支配した国に、憎悪の念を抱くつもりはありません。
;これから先は兄弟として席を並べたい。そう願っているだけなのです。
;今でも世界が自分の言いなりになると思っている大国の論理。アジアはこれを
断固否定します。
;アジアの民は我々にふさわしい輝かしい未来を、自らの手で切り開いていかね
ばならないのです。
ところが、いまでは主催者であった支那が、覇権主義に毒され、アジアを脅かし
ている支那抜きで、ふたたびバンドン会議をやったほうがいいだろう
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


テレビ・メディアの解説者が変な解説をするのだが、「反日徹底」の「かの国」
では誰がどうしたって「変更を許さない」し、いつものことで「とても友好など、出
来る意識はない」のは、この一年の行動様式だけでも分かりきっている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安倍総裁「番組に国民の声反映されるべき」の風潮紹介

・自民党の安倍晋三総裁(58)が自身のFacebookで、「『番組作りには本当の
国民の声が反映されるべき!』との大きなうねりが起きつつあります」とのコメ
ントを寄せている。
安倍総裁は自民党の総裁選直前に朝の情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』
(TBS系列)に出演しており、 その番組上で「安倍元首相に期待するか」という
街頭インタビューの内容が紹介されたのだが、安倍総裁は「『安倍さんは結局
(首相在任中に)何もしなかった!』などのコメントを取り上げ、実に八割の方々
が『安倍晋三には期待しない』とのご意見でした」と説明する。
同番組に関しては、ネット上で「あの報道は明らかにおかしい」「絶対に情報操
作している」などとの声が寄せられ、 10月12日に「反日メディア連続抗議行動
〜安倍バッシングを許すな!」と題したデモがTBS周辺で行われており、 安倍
総裁も「TBSがデモ隊に取り囲まれたのは記憶に新しいと思います」とデモが
行われたことを知っている様子。
こうした動きに安倍総裁は「『番組作りには本当の国民の声が反映されるべ
き!』との大きなうねりが起きつつあります」とコメント。
「その意味では皆様に積極的に番組に意見を伝えることも、草の根の声を活か
していくことに繋がるのではないでしょうか」とし、同局の視聴者センターの電話
番号をFacebook上で紹介している。

http://yukan-news.ameba.jp/20121105-250/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



画像


以下は、偏狭な特亜のナショナリズムを無視して「何々に見習え」とかの
無責任すぎる日本のマスコミの「差別意識」の残骸を・・・。
その前にそんなマスコミへの批判。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
65 :名無しさん@13周年:2012/11/05(月) 22:20:53.97 ID:3RFsOFKz0
民族主義はいけないと言いながら、朝鮮人やアイヌ人の民族主義は持て
囃し、ナショナリズムはダメだと言いながら
中韓の反日極右愛国主義には喜んで荷担し、
人権の尊重を言いながら、人権無視の北朝鮮や中国を礼賛し、
人種差別はいけないと言いながら日本人への差別にはだんまり
多文化共生と言いながら
天皇や靖国神社といった文化とは共生できないと絶叫
これが日本の馬鹿左翼ご高尚な言論の正体
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


特に「アサヒる」報道機関の「差別意識」はものすごいものがある。
なんでも「日本のせい」とする印象操作を駆使するのだから、それはどんどん
影響力も信頼も失墜してしまうのは「自業自得」だろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
6年前「再チャレンジ」という言葉を掲げて政権を取った人物は安倍晋三元
総理だった。高所得の「勝ち組」と満足な職業さえない「負け組」。そんな言葉
が流行する程貧富の格差拡大が問題になった。多様な再就職支援策を通じ
て努力した人が報われる社会を作るというのが‘再チャレンジ’政策の意味
だった。だが、就任してたった1年後、特別な成果もなく参議院選挙で敗北し
胃腸に問題があって突然退陣した安倍元総理は政界の‘負け組’だった。
そんな彼が今、再チャレンジしている。9月、自民党総裁選挙で勝利した勢い
で16日行われる衆院総選挙でも自民党の圧勝を導こうとする。安倍政権の
復活は間違いないように見える。初代総理、伊藤博文をはじめ日本では何回
も総理を歴任した人は少なくないが第2次世界大戦後は吉田茂元総理ただ一
人だけだ。安倍総裁は珍しい例で歴史に名を残すと見られる。
(中略:経済政策について)

韓国人が気を遣うのは安倍政権の登場で日本の右傾化が一気に進むので
はないかということだ。
自民党は‘国防軍創設’を中心にした憲法改正を公約に掲げ領土問題と歴史
認識でも強硬姿勢を見せる。安倍総裁は以前、達成できなかったことの後悔
もしばしば語った。例をあげれば総理の資格で靖国神社を参拝できなかった
こと。軍隊慰安婦問題を扱った河野談話と侵略を謝罪した村山談話も自分の
手で変えたがった。
安倍政権の再登場が順風になったのは領土問題をめぐる李明博(イ・ミョンバ
ク)韓国大統領の行動と中国の反日暴動だった。これについて「民主党外交の
敗北」と言う安倍総裁は執権後、強い外交姿勢を取るのは間違いない。
そのような勢いで後悔が残ったテーマに再チャレンジするだろう。
だが、果たしてどこまで可能だろうか。
自民党の圧勝は民主党の失敗と大小12政党の乱立という大混戦によるものだ。
安倍総裁は極右が得票にマイナスになると見たからか選挙戦ではそれほど表
に出さなかった。憲法改正に強く同調したのは日本維新の会の石原慎太郎代
表程度だ。連立相手の公明党は国防軍創設に強く反対し世論調査でも反対が
多かった。
今、手をつけられるのはやっと現実的範囲で集団的自衛権行使を容認する程
度だ。靖国神社参拝は総理の判断事項だが質問しても以前の様に曖昧に答え
る。反日暴動が再現されるかも知れないのにあえてするか疑問だ。信じている
米国もブレーキをかけることに違いない。同じ理由で村山談話と河野談話の修
正もそう簡単にはできないだろう。
実はここまで書いたところで北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射に成功した。
私の心も平穏ではない。思い出すのは小泉純一郎政権末期だった2006年7月、
北朝鮮が7発のミサイルを発射した。
それが北朝鮮に強硬姿勢を取った当時の安倍官房長官に力を加え総理になる
可能性を大きく広げた。皮肉にも今回のミサイルも安倍政権誕生に力を加える
ようだ。ナショナリズムの連続だが、とにかく少なくとも日本と韓国はこの問題に
うまく歩調を合わせたい。

若宮啓文、朝日新聞主筆

東亜日報(韓国語) [若宮の東京小考]アベ政権の再チャレンジは…
http://news.donga.com/Column/3/04/20121213/51550492/1

画像



『約束の日 安倍晋三試論』 小川榮太郎著

『約束の日 安倍晋三試論』

安倍叩きは「朝日の社是」

メディアと政治家との関係に関心がある人に、ぜひ読んでもらいたい。
戦後体制からの脱却と公務員制度改革、教育改革、憲法改正への道筋作り…。
文芸批評、音楽批評を専門とする著者が畑違いの政治分野で丹念に追跡し、
拾い集めた安倍政権の足跡、実績と、スキャンダル暴露と印象操作に終始した
朝日新聞の報道のあり方をたどると、あまりの乖離(かいり)に愕然(がくぜん)
とするだろう。
「安倍の葬式はうちで出す」。本書では、この安倍内閣当時の朝日幹部のグロ
テスクな言葉が繰り返し引用される。
政治評論家の三宅久之は著者に、朝日の若宮啓文論説主幹(現主筆)とのこ
んなやりとりを明かしたという。
三宅「朝日は安倍というといたずらに叩(たた)くけど、いいところはきちんと認
めるような報道はできないものなのか」

 若宮「できません」

 三宅「何故(なぜ)だ」

 若宮「社是だからです」


特定の政治家を叩き、おとしめることが社是である新聞社とはどんな存在だろ
うか。それは、むしろ政治的意図をあらわにしたプロパガンダ機関というべきだ
が、社論を決定する地位にある人物がこう述べたというから驚く。
メディアが権力者を批判するのは当然だが、著者が指摘する「明白なウソ」「虚
偽のストーリー」による安倍叩きに正当性はあるのか。本書は、安倍内閣で首
相補佐官を務めた世耕弘成が大学生に語った述懐を取り上げる。
「今でもよく思うんだよね。安倍内閣とは一体何だったのだろうって。あの叩か
れ方は何だったのだろう」
また、本書は実証的なアプローチも欠かさない。それによると朝日は、安倍内
閣の松岡利勝農水相の政治資金問題の関連記事は125件も掲載した半面、
民主党の小沢一郎代表の政治資金問題は14件のみ。安倍が推進した教育
基本法改正に関して反対運動の記事70件を掲載したが、賛成派の動きは3件
だけだという。
反安倍勢力に封印されたあの時代を、正確な記憶として取り戻す−。本書は
そのために書かれ、安倍復活の「約束の日」への切望を表明して締めくくられ
ている。(幻冬舎・1575円)
評・阿比留瑠比(政治部)

MSN産経ニュース 2012.9.9 07:53
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120909/bks12090907550009-n1.htm

画像


朝日新聞の中国語版ツイッター(微博)が、他の利用者の書き込みに対して
書き込んだコメントが「炎上」し、謝罪コメントを発表した。
コメントを付けた書き込みが、石原慎太郎前東京都知事に関するもので、
コメントには「小鬼子」という言葉が含まれていたため、一部のツイッター利用
者が「朝日新聞が石原慎太郎さんや日本人を、超侮辱した言葉"小鬼子"と呼
んでくださいと中国人に呼びかけています。
どこまで反日新聞ですか?」などと猛反発していた。
朝日新聞の微博は、すでに18万人以上のフォロワーがおり、なりすましでない
ことを示す認証マーク「Vマーク」もついている。
プロフィール欄によると、朝日新聞の中国語ウェブサイトの運用チームが微博
も運用しているようだ。
中国語版ウェブサイトは、英字新聞の「ヘラルド朝日」を発行していた「国際編
集部」が運用している。
微博では、中国語で配信された日本関連のニュースを中心に紹介しているが、
他の書き込みにコメントをつけることもあった。
実は、今回の騒動の発端は、民主党の細野豪志政調会長が2012年11月3日
に読売テレビ系で放送された「ウェークアップ!ぷらす」
の中でした発言にある。番組のテーマは、いわゆる石原新党に関するもので、
細野氏は石原氏の都知事としての業績を評価する一方、
「ただ一方で、例えば『シナ』という言葉を使われる。私は、あの言葉というのは、
やはり慎むべきだと政治家は思う。
中国を見ていて、よく『小日本』って使いますよね?あれは日本を蔑視する言
葉として使っている。
お互いに、ああいう言説は謹んで、もちろんしっかりと国益は主張するけれども、
ナショナリズムを煽るというのはやらない、
というのが政治家の役割だと思う」と、石原氏の言動を批判した。
この発言を人民日報の電子版が、「日本の高官、中国人に日本に対して『小日
本』と罵らないように求める」といった見出しで報じ、微博でも拡散した。
この記事を転載した微博の書き込みに対して、朝日新聞のアカウントが11月4
日夜、 「『小鬼子』を叱らなきゃ」 コメントを付けたのだ。
「小鬼子」という言葉は、石原氏をはじめとする、中国では右派だとみなされて
いる政治家に対する蔑称として使われることがある。
第二次対戦中に、日本人が連合国を「鬼畜米英」などと呼んでいたのと近いニ
ュアンスがあるとされる。
コメントを付けた書き込みは石原氏の写真付きだったため、石原氏に対して朝
日新聞が「小鬼子」と言う言葉をぶつけた、と受け取った人もいたようだ。
このことから、一部のツイッター利用者が「微博で朝日新聞が石原慎太郎さん
や日本人を、超侮辱した言葉"小鬼子"と呼んでくださいと中国人に呼びかけて
います。
どこまで反日新聞ですか?狂っています!!」
「中国人は喜んでコメントで日本を馬鹿にします。朝日は中共の新聞ですか?
なぜ日本人は朝日新聞を読みますか?
日本が大好きな台湾人のわたしはとても悲しいです」
などと猛反発。この書き込みが拡散し、日本のネット上でも騒ぎが広がっていた。
これを受け、11月5日には、朝日新聞の微博のアカウントが以下のコメントを発
表して謝罪。問題とされた書き込みは削除された。

――――――――――――――――――――――――――――――――

画像


【お知らせ】昨日、朝日新聞中国語版ウェブサイトの微博は、別の微博の書き
込みを転載し、「『小鬼子』を叱らなきゃ」とコメントをつけました。転載した微博
の書き込みには、石原慎太郎前東京都知事の写真がついていました。
我々のコメントは石原慎太郎氏とは何の関係もありませんし、悪意もありません。
もし、石原氏本人、および日本人の中に不快感をいだく方がおられるのであれ
ばお詫びいたします。
すぐに転載した微博の書き込みを削除します。

http://www.j-cast.com/2012/11/06152912.html?p=all
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これなど凄いことである。
あの「変態毎日」の海外サイトのウザサと共に、日本のマスコミの「内部の不穏
分子」の暗躍が会社の中で「イメージを落としまくる」のに力を添えている。
まぁ、今までのような「自分達の意見が民意」とはいえぬ世の中になったのは、
「普通の国」になっていく過程では、斜陽へと向かう産業もあり、淘汰されるのは
仕方のないことである。

画像


総選挙に雪崩れてしまったから、以下のような「危険な法案」も棚上げ状態だが
これへの警鐘をしないと、またまた歪な社会構造に日本がなっていってしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
─ 田中慶秋前法相の辞任を受けて再起用された理由をどう考えているか?

滝:今回は緊急事態だ。(先の内閣改造で)後を継いでもらった田中前法相が
体調不良で辞任したので、
直前の法相としてカムバックしろということだと理解している。

─ 最優先の課題は?

滝:人権委員会設置法案は、最優先に取り組んでいかなければいけない。
民主党としても政権交代以来、この法案を用意してきて、ようやく党内で取りま
とめることができた。(9月に)法案を閣議決定できた意義は大きい。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012110601012
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

006 名無しさん (2012/11/06(火) 23:07:34 ID:at0S7VcbdI)
●正当な批判さえ差別と取られる可能性がある
●テレビやマスコミでほとんど取り上げられてないため、国民のほとんどが
知らない
●差別の基準があいまい、(人権委員会が好き勝手できてしまう)
●新しい権力機関を作ること
●人権委員会の行動を監視、抑制する機関が存在しない
●インターネットを潰す事によるマスコミの情報操作能力の向上。よってマスコ
ミの曲解報道に一切対抗できなくなる (マスコミの情報規制ができるので議員
の汚職及び犯罪隠蔽が容易になる
●何が差別と取られるかわからない、使える表現が減る事によるアニメ、漫画、
ゲーム、小説、映画、テレビ、お笑い、音楽、ドラマの衰退(当たり障りのないも
のしか作れなくなる)
●特定の人権を過剰に守るという事はそれ以外の人権を踏み躙る事に繋がります

011 名無しさん (2012/11/07(水) 04:45:56 ID:B/yUtHKf.6:DoCoMo)
【村田春樹氏、東京法務局人権擁護部から訴えられた! 2012/02/04】
http://www.youtube.com/watch?v=ni7Fq0GCTeI
@在日韓国・朝鮮人が経済的理由で日本に来た。
A日韓両国間で、特別永住権を取り決めたのは間違いだった。
B特別永住者は、一般永住権と比較して著しい特権を有している。
------------------------------
これらを言ったら、著しい人権侵害で訴えられ、出頭を命じられました。


従って、もしも※人権救済機関設置法が成立施行されれば、
・いわゆる従軍慰安婦は売春婦
・在日は帰国しろ!
これらを公言したら、著しい人権侵害で訴えられる可能性大です。
従って、人権救済機関は、日本国家の国益に反します。

※人権救済機関設置法
・人権委員会は政府の干渉を受けない三条委員会という強力な権限を持った
もの
・例えば話したことが在日朝鮮人の方々の人権に関わるかもしれないとなると、
警察と関係なく令状もないまま家宅捜査できる
・それを決定する人権委員には、外国人でもなれる
・マスゴミは対象外(言論弾圧だと騒がない理由)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内外での反応の差は、日本マスコミの引き篭もり体質が原因 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる