BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後っ屁は華々しく・・・、優柔不断な決断

<<   作成日時 : 2012/11/10 21:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「近いうち」の惑わし言葉も、さんざに批判を浴びて「決断出来ぬ男」の烙印は、
いきなりのTPP参加を「最後っ屁」にしてとは、どこまでも党利党略しか脳に
ない政党らしさの表明のようで、悪夢の三年が続くか・・・。

画像


「解散に追い込まれれば、最後っ屁」を放って、以後は「知らぬ存ぜぬ」の野党
暮らし・・・。
この政権政党の「いい加減さ」極まれりで、後々大問題になりうるものを「政権か
ら滑り落ちても」攻撃材料としてブーメランを用意しておく周到さは、あまりにも
陰湿なものだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
首相、マニフェストにTPP推進を盛り込む考え
読売新聞11月10日(土)13時43分

野田首相は10日午前、民主党の次期衆院選公約(マニフェスト)に環太平洋
経済連携協定(TPP)の推進を盛り込む考えを表明した。
視察先の福岡市内で記者団に、「TPPは日中韓FTA(自由貿易協定)、RCE
P(東アジア地域の包括的経済連携)と同時に追求するのが政府の基本的な
姿勢だ。マニフェストに書くことになる」と述べた。
首相は、TPPの交渉参加を表明し、その直後に衆院解散に踏み切ることを検
討している。解散時期については記者団に、「時期は明示しない」と語った。
首相は10日午後、福岡市内で民主党の2009年衆院選公約に関する「政策
進捗(しんちょく)報告会」に出席した。同日午前には同市中心部の商店街を視
察し、若手商店主らと懇談。次期衆院選を見据えて国民との対話に力を入れ
始めた。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1110/ym_121110_0379838966.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
棚上げしていたものを、「どうせ政権は取れない」となれば、以後の政権に
難題を先送りする態度は、この政党の姿が「国益毀損」しかなかったの体言
なのだろう。

画像


そして第三極とかマスコミの浮かれ文句に、舞い上がった人も「大賛成」な
グローバル云々とか、グローバル云々の「村社会」は一部の者の利益再配分
の恩恵が国力減退の証でもあるを欠念しているようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大阪市の橋下徹市長は2012年11月9日朝の囲み取材で、時期衆院選に向けて
野田佳彦首相が早期に環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加を
表明する方向だと報じられたことについて、「まっとうな、正しい判断だと思う」と
高く評価した。
その上で、交渉参加の反対派については、「交渉参加すら拒むようだったら、こ
れからの熾烈な国際社会の外交交渉なんかに日本は舞台に上がれない。
TPPの交渉参加なんか、自由貿易圏のルールなんですから、他の外交・安全保
障の交渉に比べれば、大したことない」「これぐらいの外交交渉もできないのに、
安全保障に関するギリギリの交渉なんてできる訳ないじゃないですか」などと批
判を展開した。
また、「交渉参加して、どうしょうもない悪いルールだったら、それはやめればい
い。別に、そのルールに乗っからなくていい」と、ルール作りに参加することと、
ルールそのものに参加することとは切り分けるべきだとも主張。改めて反対派
を厳しく非難した。
「今からやろうとするのは『ルールづくりに参加しますか?』ということですから、
これすれ否定するなんて言ったらもう、主権国家なんて恥ずかしくて返上しな
けりゃいけない。議論が
おかしくなっていて、交渉参加すらダメだダメだ、というのは主権国家として恥
ずかしい」

http://www.j-cast.com/2012/11/09153359.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
何より参加表明からの脱退が出来るとかの「国際認識」の素晴らしさは「村社
会」の独善、これで内需も減退すれば「消費税増税」が歳入減退へと繋がれば
元も子もない「歳入欠陥」政策になって来て、経済も財政もボロボロへと、そこへ
行政の罰則強化とかが加われば、全土に怨嗟の絶え間ない叫び声が響き・・・。

画像


罰則強化が裏目に出た政策には、こんな「音楽規制」が、結局クリエイト出来な
い役人が「音楽寄生」している構図では当たり前である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
6月に私的違法ダウンロード刑罰化法案が闇討ち的に成立、10月から施行され
ました。このタイミングでマイボイスコムが「音楽ダウンロードの利用に関するア
ンケート調査(第5回)」を実施して探った動向は衝撃的です。
音楽にお金を使わない、ダウンロードもしない傾向が一段と鮮明です。CD売り
上げ減少を補うと期待された有料音楽配信の売上高も、つるべ落としの激減ぶり。
消費者に買いたくさせる魅力的コンテンツを育てずに、刑罰の力に頼ろうとする
音楽業界は末期症状露呈です。
「あなたは音楽CD・DVDの購入やレンタル、曲のダウンロードなど、音楽を聴くた
めに1ヶ月あたりどの程度のお金を使っていますか」に対する回答が上のグラフ
です。全くお金を使わない層が2007年調査までは55%程度に止まっていたのに、
2010年に62.5%、2012年は68.6%と拡大しました。2割前後いた5百円未満層が
16.8%へ、11%くらいいた千円未満層が7.1%に細ってしまいました。千円から3
千円という上得意層は2005年頃までの半分、5.4%です。
「あなたはここ1年以内で、音楽のダウンロードに1ヶ月あたりどの程度のお金を
使っていますか」の質問に答えた上の集計グラフで、無料でもダウンロードしな
くなっている傾向がはっきりします。1年以内にダウンロードしていない層が201
0年の32.4%から2012年は43.9%まで増え、無料ダウンロード層が30.4%から24
.2%に減りました。
日本レコード協会の「有料音楽配信売上実績」から四半期ごとのデータを抜粋し
たのが下の一覧表です。

http://blogos.com/article/49593/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
既得権益の打破を行政がせずに、より強固にしている構図は、新たに政策
懸案でも起こり得て、一部の者の権力強請へと繋がって行く。

画像


中共と同じ思想でもないのに、近づけていくのだからなんとも・・・。
あと何年かしたら「毛沢東思想」の復古が起これば、内戦状態へと向かう
と予測が出来る国並みにして行きたい思考法は、全く理解出来ない・・・。


TPP亡国論 (集英社新書)
集英社
2011-03-17
中野 剛志

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TPP亡国論 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない (新潮文庫)
新潮社
櫻井 よしこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最後っ屁は華々しく・・・、優柔不断な決断 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる