BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「茶番劇」の幕開け、政策論争は有耶無耶

<<   作成日時 : 2012/06/26 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「絵に描いた餅」でも、大量のマスコミの報道型宣伝効果で政権を担って
みたはいいが迷走に継ぐ迷走は、ここに来て「政治生命を賭けた増税」
という意味不明な意気込みで、政権公約とは様変わりの体をそうして・・・。

画像


「出来もしないこと」が幅を利かせて、そしてそれが不可能となれば「国民の
生活は二の次」で、与野党抱きこみ方解散阻止政策で活路を見い出して・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連8法案は26日午後の衆
院本会議で民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決され、衆院を通過
した。消費増税関連法案の採決では、民主党内から小沢一郎元代表や鳩
山由紀夫元首相を支持するグループを中心に反対が50人台後半に上った。
このほかに欠席した議員もいる。
元代表は離党や新党結成を視野に入れており、消費税政局は民主党が事
実上分裂する事態に発展した。
今後は反対票を投じた小沢元代表が民主党を離党し、新党を結成するかど
うかが焦点。元代表が新党に踏み切った場合、党内で、同調する議員の規
模がどの程度になるのかが今後の政局の行方に影響する。
一体改革法案は参院での審議が順調に進んだ場合、8月上旬にも成立する
見通しだ。 衆院通過を受け、野田佳彦首相は本会議後の同日夕に首相官邸
で記者会見する。
本会議で採決した8法案のうち、各議員の賛否が明確に分かる記名投票をし
たのは、消費増税法案(国税分)、民主、自民、公明3党が議員立法で提出し
た社会保障制度改革推進法案、「認定こども園」設置法改正案の3本。
年金制度改革関連法案など残りの5法案は起立方式で採決した。
各議員の賛否が分かる記名投票の採決をした3法案のうち、消費増税法案の
賛成は363票、反対は96票(投票総数459)だった。社会保障制度改革推進法
案は賛成378票、反対84票(投票総数462)、「認定こども園」設置法改正案は
賛成377票、反対85票(投票総数462)だった。
本会議での採決で、民主党で消費増税法案に反対したのは小沢元代表や鳩
山元首相ら。羽田孜元首相、石関貴史氏、横山北斗氏の3人は欠席した。
自民党では中川秀直元幹事長が欠席した。
無所属では与謝野馨元官房長官、鳩山邦夫元総務相が欠席した。
元代表を支持する議員で消費増税法案に反対した議員は残る7法案もすべて
反対したとみられる。
元代表は本会議での採決後にグループ会合を開き、離党や新党構想などの今
後の政治行動についての見解を表明する。
本会議前には、造反を前提に政務三役や党役職を辞任する動きが相次いだ。
小沢元代表に近い福田昭夫総務政務官は同日午前、首相官邸で藤村修官房
長官に政務官の辞表を提出。
鳩山元首相も電話で輿石東幹事長に党最高顧問を辞任する考えを伝え、了承
された。鳩山氏に近い松野頼久氏は衆院議院運営委員会筆頭理事の辞表を
民主党執行部に出した。
民主党執行部は午後の衆院本会議の議事進行係を、増税反対派の太田和美
氏から賛成派の鷲尾英一郎氏に差し替えた。
反対後に民主党から離党する衆院議員が54人以上に達すれば少数与党に転
落し、野党が提出する内閣不信任決議案を与党だけで否決できなくなる。
輿石氏ら党執行部は党の分裂回避のため造反議員への処分先送りを探っている。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2600W_W2A620C1GX1000/

画像


小沢元代表「民主党再生にまず全力を尽くそう」

衆院本会議で消費税率引き上げ関連法案に反対した民主党の小沢一郎元代
表は26日午後、自らのグループ会合であいさつし、「民主党の再生にまず全
力を尽くそう」と述べた。出席者が明らかにした。
 
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120626-OYT1T00911.htm

画像


小沢氏“私に任せてもらいたい”

社会保障と税の一体改革に関連する法案は、26日の衆議院本会議で
採決が行われ、いずれも賛成多数で可決され、参議院に送られ、このうち
消費税率引き上げ法案には、NHKの集計で、民主党から小沢元代表ら
57人が反対しました。
小沢氏は、本会議終了後、みずからに近い議員と今後の対応を協議し、
「皆さんの本当の思いについて私は分かっているので、私に任せてもらいたい」
と述べました。
消費税率引き上げ法案など、社会保障と税の一体改革に関連する法案は、
26日午後1時から始まった衆議院本会議に緊急上程され、特別委員会の
委員長の報告に続いて、各党が賛成・反対の立場から、それぞれ討論を
行いました。
そして午後2時すぎから関連法案の採決が順次行われ、消費税率引き上げ
法案や、今後の公的年金制度や高齢者医療制度について有識者らによる
「社会保障制度改革国民会議」で検討することなどを盛り込んだ社会保障制度
改革推進法案など、一体改革の関連法案は、いずれも、民主・自民・公明・
国民新党・たちあがれ日本などの賛成多数で可決され、参議院に送られました。
このうち消費税率引き上げ法案の採決では、民主党から小沢元代表や
鳩山元総理大臣など、NHKの集計で57人が反対しました。
小沢氏らは、新党の結成も視野に離党を検討していて、本会議終了後、
小沢氏と小沢氏に近い40人余りの衆議院議員と10人余りの参議院議員が、
国会内に集まり、今後の対応を協議しました。
この中で小沢氏は、「政権交代を実現するため民主党の再生を必死に考えてきた。
本来の民主党に戻すため全力で努力してきた。状況が難しくなってきているが、
いろいろな角度を模索しながら最善を追求する。皆さんの本当の思いについて
私は分かっているので、私に任せてもらいたい。何としても国民の生活が第一の
政治を実現していきたい」と述べました。
一方、本会議のあと、野田総理大臣や輿石幹事長ら野田政権の幹部が国会内で
会談し、消費税率引き上げ法案などの採決で、党の方針に反して反対したり、
棄権または欠席したりした議員の処分について協議し、今後の具体的な対応
について、野田総理大臣と輿石氏に一任することを決めました。
このあと輿石幹事長は記者団に対し、「処分、処分という声もあるが、今後の
対応は、野田総理大臣と私に、一任することを確認した」と述べました。

NHK 2012年06月26日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120626/t10013120961000.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
造反という「見た目の格好」にこだわり、増税反対のポーズで「選挙受け」
だけを目指せば、批判の矢面から「増税に反対」した気骨の集団とでも
みられる思惑を滲ませて、もともと野党を抱き込めば成立してしまうもの
を上手く利用したはいいが、それが好感度となり得ないのは、「議員としての
資質」に瑕疵があるからとなりそう。
単にパフォーマンスを駆使して、政権与党の「厳格処罰」の建前を揺らがして
小猾く立ち回る政治屋集団。

画像


上の画像の本を執筆した著者は、国民の願望をそっと口にする。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「こんなひどい、えたいの知れない政党がこの世にあるのかと驚いた。
マニフェストとは何だったのか。
民主党は嘘つきなのではなく、単に頭が悪かっただけだったことが分かり、
国民は唖然(あぜん)としている。
もともと増税論者だった小沢一郎氏と一派が沈没船から出て行こうとして
いるが、そこに高邁(こうまい)な理想などはなく、生き残ろうとしているだけ
に見える。党利党略ではなく個利個略だ。
彼の解決策は壊すことで、最後はまた党の分裂で終わった。
これほど政治が国民から遠ざかったことはない。
早く総選挙をやってほしい」

ソース:産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120626/stt12062618090023-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
何でもいいから、「国民に信を問え」で、マスコミの「狂騒」の数字解析も
なにもいらないから、「総選挙」を挙行して、国民の鬱積を晴らすのに利用
して貰いたい・・・。
どの道、「行政改革」など夢の夢ならば・・・。


上杉鷹山 ~二百年前の行政改革~ [DVD]
NHKエンタープライズ
2005-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 上杉鷹山 ~二百年前の行政改革~ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「茶番劇」の幕開け、政策論争は有耶無耶 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる