BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 貶すことに長けた人々は、何でも利用する。

<<   作成日時 : 2012/03/15 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「都市伝説」とはまことしやかに綴られて、信じるも信じないも「あなた次第」
となって、オカルトチックなものの終末論もまたその類いだが、そこに「何でも
貶す」性分の人が加わると、妄想が一人歩きして・・・。

画像


以下のような海外ユーザーから非難殺到とかだが「それほど興味がある」
外国人が果たしているか・・・、何より自分達が食するものでもない。
ただ日本に粘着してくる海外の人も近くに存在しているから、その批判の
ほとんどが特定の地域からだと、笑ってしまうが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
TOKIOの出演CMに海外から非難

TOKIOが出演した「フードアクションニッポン」のCM「食べて応援しよう」の動画が
今年1月末にYouTubeにアップロードされたが、同CMの内容に海外ユーザーから
批判が殺到している。
物議を醸している、その内容は、TOKIOのメンバーが被災地を含む東日本でとれ
た食材を美味しそうに食べる姿と、「東日本を食べて応援」と掛け声をかける姿だ。
このCM動画のコメント欄には「神風に見える」「狂ってる。言葉を失った」「食べて
応援=食べて自殺」など、外国人ユーザーによる英語の批判コメントが 多く寄
せられる結果となった。
「戦時中に一億総玉砕とか言ってたのと何も変わらないな」など、日本語による
批判も書き込まれているが、「俺は買って食ってるよ。長生きする自信あるぜ」
「買って応援」など、日本語でCMの内容を支持する意見もあり、賛否両論の状態。
一方で英語で書き込まれた外国人ユーザーの意見はほぼ「否」一色の状態であ
り、日本人の“集団主義”を「理解できない」とする意見が多かった。

http://news.livedoor.com/article/detail/6369132/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「戦時中に一億総玉砕とか言ってたのと何も変わらないな」とかの書き込みも、
日本の歴史に詳しくなければ書けないものだ。
「絆」という摩訶不思議な「精神性」に恐れをなす人々の「分断・分裂」思惑の
書き込みと取ると、なんとも分かりやすく、また脳内花畑は「放射能」に対して
疑心暗鬼が凄まじいから、海外ユーザーに扮した「ご意見」もとも考えられる。

画像


そして「まことしやかに」再起に掛ける人を落ち込ます内容を、さも事実らしく
文章にしたためれば、それはそれで影響も出てくる。
そこにある醜い思惑も隠せば、捏造は容易い。
何しろ日本には捏造・偏向を得意とする「やから」が跋扈している国である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新聞・テレビにあふれる悲劇や美談だけでは大震災の真実は語れない。

真の復興のためには、目を背けたくなる醜悪な人間の性にも目を向けなければ
ならない。福島県内およびその近くでの出来事もその一つだ。
心底、嫌悪と怒りがこみ上げる話である。被災地選出の国会議員が、やりきれな
い悔しさを込めて語った。
「福島近郊にある高速道路のサービスエリアで、地元の銘菓や食品類が大量に
捨てられている。おそらく、県外の住民が福島で地元の人からもらったお土産を
捨てているのだろう。
訪ねてくれた御礼に被災者たちが用意したものだったはず。風評被害というに
は、あまりにも悲しすぎる」
福島県内の高速を回ると、残念なことにそれが事実であることは簡単にわかった。
磐越自動車道・阿武隈高原SA(サービスエリア)の女性清掃職員が証言する。
「確かに、よくお菓子が捨てられています。福島のおまんじゅうだとか、封を切
らないお菓子の箱だとか。
もったいないなと思ってましたよ。それと野菜も多い。ごみ袋を片づける時に、
いつもよりずっと重いからすぐわかるんです。
ああ、またかって。じゃがいも、大根、椎茸、りんご。ビニール袋に入っていたり、
大根は新聞紙に包んであったり、いかにも実家で分けてもらったという状態の
まま、ごみ箱に投げ込まれています。
息子が福島に住んでいるからわかるんです。嫁は県内産の野菜を食べなく
なった。だから、野菜を持たせても、どうすんだかなって思ったりするんですよ」
福島から外へ出ると、さらに状況は深刻になる。
東北道を福島県郡山市から東京方面に上り、栃木県に入った黒磯PA(パーキ
ングエリア)の清掃担当職員の証言だ。
「お菓子の箱が捨ててあることが多い。震災前は、箱詰めのまま捨てられてい
るなんてありませんでした。
今年になってからも、福島銘菓の『ゆべし』や『薄皮まんじゅう』が捨ててありました。
『ゆべし』2箱が、ごみ箱の口が小さいからか、ごみ箱の前に置かれていましたね。
ほかに多いのはビニール袋に入った野菜、それとお米も。3キロぐらいの量が、
レジ袋を3重にした中に入れて、そのまま捨てられていました」
同じく栃木県内の上河内SAでは、「放射能への不安から捨てられている物が多
いという話は、職員同士でも話題だった」という清掃担当職員たちが、次々に目
撃談を話した。
「椎茸から基準値超えのセシウムが検出されたってニュースの時には、椎茸が
大量に捨てられていた」「つい2日ほど前にはモチ米が詰まった2リットルのペット
ボトルが捨てられていた」
特に帰省の多かった年末年始に、そうした光景が目立ったという。風評被害を
めぐっては、福島の産業への打撃だけでなく、福島出身者への差別も根強く残
っている。
福島から山梨県内に避難してきた子供に対し、近隣住民から「遊ばせるのを自
粛してほしい」との声が上がり、保育園からは「原発に対する不安が他の保護
者から出た場合、対応できない」という理由で入園を断わられたという深刻な
人権被害を3月2日に甲府地方法務局が公表している。
こんな酷い二次被害を少しでも減らすために何度でも書くが、福島県で売られ
ている農水産物で健康に害があるとされる物は一つもない。大規模な調査に
より、県民の内部被曝も年間許容量(1ミリシーベルト)の2%程度という結果が
出ている。
科学的根拠もなく、危険を煽るエセ学者や市民団体などは、それでもまだ被災
者をイジメ続けるのか。

http://www.news-postseven.com/archives/20120313_94151.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
過度に同情する振りをする文章のいやらしさは、これを読んだときのどうにも
日本のメンタリティーからは信じらない現象に思えた。

画像


上の記事がネツト上に踊れば、それに違和感を持つ人はすかさず「事実」の
書き込みも存在して、状況証拠の補完をしている。
まして上の文章には補強としての画像もないとなると、現場で働いている人
にとっては由々しき「捏造」になるし、まして二次被害的精神揺さぶりを画策
しているとも取れる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
福島産の食べ物がSAで大量に捨てられてるという記事は、デマの疑惑濃厚
ガジェット通信3月15日(木)13時30分

jmaffiliのブログ

今回は、『jmaffiliのブログ』から転載させていただきました。

記事の内容は、福島近郊のSAで、福島の銘菓、野菜、米などが大量に捨てら
れているというものです。しかし福島県の安達太良サービスエリアに勤務して
いる人から、『mixi』内でこの記事に反論がありました。
この反論が事実であれば、週刊ポストの記事は捏造(ねつぞう)の疑いが濃厚
となります。以下が、反論の内容です。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1829824427&owner_id=10107499

「【ニュース】SA従業員が記事について調べてみました。」

福島の真ん中、郡山ジャンクションより少し北の安達太良サービスエリアの上り
線で働いています。
リアル割れは嫌なんですけど、ニュースの反響があまりに大きく多くの方が心
無い福島産品を捨てているという人々に憤っておられるので、今回の週刊ポス
トの福島土産が高速のSAで捨てられているという記事について、私なりに調べ
たことについて書かせてもらいます。
『』内は問題の記事からの引用です。
件の週刊ポストの記事を読んだのは昨日13日の昼頃です。
読んだ第一の感想は「なんだこれ!?」でした。
その理由は書くまでもないことですが、SAの従業員である私が『福島県内お
よびその近くでの出来事』と書かれている記事の出来事に全く心当たりがな
かったからです。
とはいえ、それは単に私が尋常でなく情報に疎く、自分の職場で起こってい
ることに気づいていないという可能性も考えられます。
私はまず、この件について上司であるSAの支配人にたずねてみました。
ですが、支配人もこの件をまるで知らないとの話でした。
支配人ともなれば、他エリアの支配人も集まる会議にも何度も出席しています。
『特に帰省の多かった年末年始に、そうした光景が目立った』という書き方か
らして、この現象は原発事故以降ずっと続いている現象という書き方です。
色々と問題山積の被災地の支配人が集まる会議で、この記事の内容が事実
であるなら話題にのぼらないはずがありません。
安達太良と那須のSAは経営が一緒の会社でして、那須にはツテがあります。
知人二人にたずねてみたのですが、二人とも記事に書かれたような話をまる
で知りませんでした。
私はうち一人に、清掃業者への聞き取りを依頼しました。
この記事では阿武隈高原SA、黒磯PA、上河内SAの清掃職員が証人として
登場しています。
少しややこしいのですが、私のような店で働く人間は店子の企業に雇われて
いますが、清掃職員はネクセリアに雇われています。
屋外に捨てられるゴミの処理はこの清掃職員の方々が行うのですが、雇い
主が違うわけで、そのへんの理由から、こちらに情報が入ってこない可能性
も皆無ではないなと思ったわけです。
ですが、私が直接聞いた安達太良の清掃職員も、聞いてもらった那須の清
掃職員も『福島の銘菓、野菜、米など大量に捨てられる』そんな光景は一度
たりとも見ていないと言うのです。
大量どころか、少量でさえ見たことがない…と。
記事の中で大量に捨てられていたと出てくる阿武隈高原SAは安達太良SA
と50キロぐらいしか離れてませんし、黒磯PAに至っては那須との距離は10
キロ少々です。
その距離で現象を全く確認できないわけですから、記事の信憑性は致命的
なまでに疑わしい、というものです。
私はいっその事と、阿武隈高原SAを訪ねることにしました。
そして清掃職員と売店の方に週刊ポストの記事の話を伝え、その真偽につ
いてたずねたのですが、共に言われていることの意味がわからない様子でした。
記事で指定されている場所でさえ、そうした事実が確認できなかったのです。
こうなると黒磯PAや上河内SAの証言も欲しいところですが、あちらまで向かう
気力と時間がありません。
ですが代わりに、友人が知恵を出してくれました。
「週刊ポストにこういう記事があって、阿武隈高原ではその事実を確認でき
なかったのですが、黒磯や上河内はどうなんでしょう?」
そんな風にネクセリアのお客様センターに電話を入れたのです。
しばらくの後に返答があり…
・ネクセリアは正式な取材は受けていないこと
・黒磯や上河内に福島土産が捨てられていた事実は確認できなかったこと
この二点を伝えられました。
ここまでの内容を一言でまとめます。

記事は完全なデマです!!

ただ、那須の清掃職員にあれこれ聞いてきた人物はいたそうで、その人物は
言う事を全否定したら去っていったそうですが、阿武隈高原や黒磯、上河内
の清掃職員が二つ三つ相づちを打ったのを膨らませて記事を書いたという
可能性はあります。
…まぁ、そうだとしても1を100にしたか、0を100にしたかの差で、清掃職員たち
に責任を帰すのは不公正というものでしょうね。
悪いのは完全に、この記事を書いたライターと、載せた週刊ポストです。
『新聞・テレビにあふれる悲劇や美談だけでは大震災の真実は語れない。
 真の復興のためには、目を背けたくなる醜悪な人間の性にも
 目を向けなければならない。』

記事の冒頭の一文は、なかなかよくできた自己紹介じゃないですか。
これほども醜悪さを感じた人間の性は久々ですよ、私は。
『心底、嫌悪と怒りがこみ上げる話である。』
お前が言うな!! 完全にこっちのセリフだ!!
私はこの記事を読んだとき、困惑と同時に強烈な怒りを抱きました。
証拠固めが必要だと思いながらも、直感的に全部ウソだと感じたから。

福島の人間を差別することはいけない?
ほぼ完全にウソのこんな記事を書くより酷い福島差別があるんだったら見せて
ほしいものです。
復興支援には警察、自衛隊、消防隊、ボランティアの人達、いろんな人が東北
に来てくれました。
各省庁の人たちや、電力会社の人達もいたし、物資輸送のトラックの兄さん、
医療団体の関係者、外国の人たちの団体もうんと来ました。
被災地の帰りにSAに寄ってお土産を買ったり、食事を取ったりしてくれる人を
心の底からありがたいと思いました。
助けられてるって思いました。
孤独じゃないと思いました。
だから頑張れるって思いました。
我ながら恥ずかしいことかいてますねw
この記事を書いた人は、そういった絆だとか団結だとかで復興が進んでいくの
が何か都合の悪いことでもあるのでしょうか?
なんで福島の差別を助長するようなことを書くのでしょう?
この記事こそが「差別される福島」という空気を作っています。
この記事を読んだ多くの方が、福島のものを捨てる人をロクなもんじゃないと怒
りを抱いてくれています。
でもそんな「ロクなもんじゃない奴」って、いません。
皆無じゃないでしょうけど、ゼロとたいして誤差はないでしょう。
少なくとも、私が今日調べた範囲ではそうでした。
本当にロクでもない奴は、記事を読んで義憤にかられる人の数の多さを嘲笑っ
ていることでしょう。
この記事を書いた人物は本当に、下劣極まる品性の持ち主です。
『科学的根拠もなく、危険を煽るエセ学者や市民団体などは、
 それでもまだ被災者をイジメ続けるのか。』
そこには捏造(ねつぞう)を好むマスコミも加えるべきでしょうし…
『こんな酷い二次被害を少しでも減らすために何度でも書くが』
などと戯言を抜かさず、二度と書かないで頂きたいです。

転載元:こちらは匿名投稿『jmaffiliのブログ』からの転載です。
http://news.biglobe.ne.jp/trend/0315/gad_120315_0582508989.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
不安を煽り、落ち着いてもらっては困るという「捩れたゆがみ」がどこか
「原発追求」に世論の喚起に縋る一面も見て取れるし、また「いがみ合う日本」
を希求する人にとれば、落ち着いてもらっては困るものだ。

画像


震災後一年の到来を待って、以下のような「心無い動画」批判にも、とたんに
全体主義に侵されている人々は、あれまな賛同を寄せるのだから、なにより
「なんとかは死ぬまで治らない」を地でいく。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東日本大震災から1年後の2012年3月11日、韓国人と思われる男性が、「日本
人は地震で一瞬に死んでください」と発言した動画がユーチューブでアップされ、
日本のネットで激しい反発が起こったが、これが韓国で報道されると、ネットの
反応は逆だった。
「大統領にしたい」「現代の安重根義士だ!」といった賞賛の声があがり、「韓国
は震災で援助したのに恩知らずな日本人」などと逆バッシングの様相を呈している。

■韓国でも報道され、多数の「賛同」コメント

この動画で、問題の男性は、自分が人殺しをしたいと思うときにイメージするの
は日本人だが、殺す必要はなくなったと、たどたどしい日本語で語り、殺す必要
がなくなったのはまた大地震が起こるからで、「日本人は一瞬に死んでください」
と発言。バッシングが激しくなると、この動画を削除。新たにアップした動画では、
「必死に、日本のサル達が、私を攻撃しています」
と話し、自分がアップした動画を笑って見ることができないのは韓国を否定する
姿勢だからであり、自分は今後ずっと反日を貫く、と語った。
韓国の有力紙「国民日報」電子版は、12年3月12日付けでこの話題を報じ、動画
をアップしたのは21歳の韓国人男性で、この動画を見た日本のネチズンが怒っ
ている。韓国人の「蛮行」を知らせるため、この動画に各国語の字幕を付け、複
数の動画投稿サイトにアップし始めた、と説明。その動画には、「彼は特別では
なく、平凡な韓国人男性」「韓国人が日本に対して言うことを信じないで」といった
文字が入っている、と書いている。
韓国人が今回の「事件」をどう捉えているのか。この「国民日報」記事にはコメン
ト欄があり、多数の書き込みがあるのだが、その大半が、アップした男性に対し
「よくぞ言ってくれた!」「現代の安重根義士だ!」などと称賛するものだった。

■国民感情に根深い「落差」
例えば韓国で口蹄疫被害があったときに、日本人は掲示板「2ちゃんねる」で
「おめでとうと言った」。女優のキム・テヒが来日しようとしたときに殺害予告が
出たなどと、日本も同様に酷いことをしている、というのだ。
さらに
「日本で過去の歴史に対する反省、清算しようとする動きはないし、自分たち
はうまくやったと臆面もない様子を見ると、大地震に何度も見舞われればい
いと思う」
「震災では私たち国民、芸能人、大企業が多くの援助をしたが、日本人は、彼
らが過去の犯した蛮行を覚えていないように、韓国の援助を覚えていない」
「日本が我々に友好的であるとかあったのかな?? 自分たちが不利と見れ
ば頭を下げ、有利だと容赦なく、つけ込んでくる。それが彼らの根性です」
などと書き込まれている。
もちろん中には、「日本人の友人がいていい人です」「日本大陸は津波の防
波堤だから大切にすべき」という意見もあるのだが、日本人を擁護しにくい
雰囲気が漂っている。
今回の動画問題とは直接関係がないが、12日の産経新聞によると、大震災
への海外からの支援金は、台湾、米国に次いで韓国が3番目に多い。だが、
韓国内の世論調査では今もなお50%以上が「日本は嫌い」のまま。
韓流ブームもあって、韓国への親近感が50%を超える日本とは国民感情
に落差があるという。..

J-CAST 2012/03/13
http://www.j-cast.com/2012/03/13125303.html?p=all
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ここもまた「火の粉」が飛んでこないよう、結語には「ヨイショ」をしたためる
のは、やはり「喚きチラシ」が脅威のようで・・・。

画像


何しろ全体主義からは「異論・反論」は締め出してしまう独善が幅を利かす
物凄い偏狭さが溢れかえっているところである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
11 :名無しさん@12周年:2012/03/13(火) 16:58:52.78 ID:zTquIDS70

李栄薫ソウル大教授:「従軍慰安婦は売春業」 勇気ある告発で殴る・蹴
るの暴行受ける!

画像


「従軍慰安婦は売春業」であると、李栄薫ソウル大教授は、彼の良心に
従っただけで、想像もできない制裁を受けている。
韓国社会では、「捏造史観に従わない者」は、徹底的に弾圧される事が
分かった。それも政府や官憲による弾圧でなく、歪曲された歴史しか知
らない、全国民による「卑劣な集団リンチ」という形を取る事が恐怖だ。
京大に留学経験もある韓国最高のエリート大学教授が、「嘘吐き元売春
婦」の前で、土下座をさせられる事になってしまった。李教授は正しい歴
史認識を述べただけで、韓国のネットと全メディアから、「激しい中傷」と
「脅迫」に晒されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
とっても生きぬくい「お国柄」は、言論の自由など存在しない。
まっこと偏狭過ぎるナショナリズムを遺憾なく発揮していく国ではある。
そういえばいい時期、この国を見習えと煽り立てたのは日本のマスコミだった。
すると全体主義で「マスコミ批判」を、これと同じようにして貰いたい「自虐体質」
がマスコミの本性か・・・。
もっとも失礼千万は、日本の政権与党もまた「顰蹙もの」のそれだから、
あまり批判も出来ないが・・・。

画像


この画像の「政権与党の失礼加減」は、上の「サービス・エリア」お土産
の廃棄の「作られた作文」と同等のものではあるし、迷走を繰り返した
政権が「不信感を植え付けた」のも事実だから、工作活動とみれば、
すべてが合点がいく「貶しのひん曲がった根性」・・・。



「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)
新潮社
藤沢 数希

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「反原発」の不都合な真実 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ヤクザと原発 福島第一潜入記
文藝春秋
鈴木 智彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヤクザと原発 福島第一潜入記 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
貶すことに長けた人々は、何でも利用する。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる