BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 民意を無視するマスコミの「隔絶された思考」は時代遅れ過ぎ

<<   作成日時 : 2012/01/22 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

またぞろ「国旗・国歌」に対する毛嫌いをする人々を、擁護するのに「偏向解釈」が
罷り通って、税金で禄を食み、そこにしがみ付いてする人をなんとか正当化
する論調を読まされる「取られるだけの納税者」読者は、そんな不遜なマスコミ
をどう見ているのだろう・・・。

画像


職務権限も歪曲する頭脳は、この画像のような行為は「忌々しい」とか見られな
いのだろう。日本人がスポーツで活躍して国旗を誇らしげに掲げるシーンでは、
テレビの前で卒倒するか、心停止という生命の危機に見舞われ放映したテレビ
に抗議活動でもするのだろうか・・・。
それとも国歌が流れないから良しとするか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
卒業式や入学式のシーズンを前に、最高裁から注目すべき判決が言い渡された。
「式では日の丸に向かって立ち、君が代を歌うように」。そんな校長命令に従わな
かった  東京都の教職員への処分が、妥当かどうかが争われた裁判だ。
結論はこうだった。
規律や秩序を保つために、戒告処分はやむをえない。それをこえて減給や停職と
するには、慎重な考慮が必要だ。

式典を妨害したなどの事情がないのに、
命令違反をくり返したというだけで、こうした重い処分を科すのは違法である―。


日の丸・君が代は戦前の軍国主義と深い関係があり、その評価は一人ひとりの
歴史観や世界観に結びつく。最高裁は、昨年の判決で「起立や斉唱を命じても、
憲法が保障する思想・良心の自由に反しないが、間接的な制約となる面がある」
と述べ 学校側に抑制的な対応を求めた。今回の判決はその延長線上にある。
私たちは、日の丸を掲げ、君が代を歌うことに反対しない。だが処分してまで
強制するのは行きすぎだと唱えてきた。
その意味で、戒告が認められたことへの疑問は残るが、最高裁が減給・停職とい
う重大な不利益処分に歯止めをかけたことは、大きな意義がある。
教育行政にかかわる人、なかでも橋下徹大阪市長が率いる大阪維新の会のメン
バーは、判決をじっくり読んでほしい。
維新の会は大阪府と大阪市で「命令に2度違反で停職」「研修を受けたうえで3度
目の違反をしたら免職」という条例の制定を打ち出していた。
違反に至った背景や個別の事情には目を向けず、機械的に処分を重くしていくも
ので、今回の判決の趣旨に照らして違法になるのは明らかだ。
さすがに橋下市長と松井一郎知事は見直す考えを示した。だがそれは、停職処分
とする前にも研修の機会を設けるという案で、問題の本質を理解した対応とはとて
も言えない。
選挙で圧勝した2人には、民意の支持という自信があるのだろう。
もちろん民意は大切だ。しかし、精神の自由に関する問題を、多数派の意向や思
惑で押しきってはならない。
それは歴史の教訓であり、近代民主主義を支える精神である。
自分とは異なる意見の存在を受け止め、心の内にはむやみに踏み込まない。
そうした寛容な土壌のうえに、しなやかで、実は力強い社会が生まれる。
判決の根底に流れるこの考えをしっかりと受け止めたい。 (以上)

http://www.asahi.com/paper/editorial20120118.html#Edit2

画像


入学式や卒業式の日の丸掲揚、君が代斉唱で、教師に対し、起立しなかった
ことだけを理由に重い処分を課すのは許されない―。そんな判決が最高裁で
下された。処分をてこに、日の丸、君が代を現場に押しつけようとする一部教
育委員会に対し、自重を求める判決だ。
憲法が保障する「思想、良心の自由」に関わる問題である。教育にはもともと
強制はなじまない。
判決を重く受け止め、自由闊達(かったつ)な教室を守る足掛かりにしたい。
起立、斉唱を指示した校長の職務命令に従わず、懲戒処分を受けた東京都の
現・元教職員約170人が、処分の取り消しを求めて訴えた裁判だ。職務命令
そのものの是非については、既に法的な決着がついている。
最高裁は昨年、命令には必要性、合理性があり憲法に違反しない、との判決
を下した。今度の裁判では、処分が重すぎるかどうかが争われた。
判決は約170人の原告の多くが受けた戒告処分について「直接の職務上、給
与上の不利益を及ぼすものではない」として、妥当と判断した。1人に対する停
職処分ついても、国旗を引き降ろすといった「積極的な妨害」をしていることなど
から、違法な処分とは言えないと結論づけている。注目されるのは停職処分を
受けた別の1人と減給処分の1人に対する判断だ。式典を妨害していないこと
から「処分は重きに失して違法」との判断を導いた。
起立しない教師に対して都教委は、1回目は戒告、2、3回目は減給、4回目は
停職とする方針で臨んできた。
裁判官の一人はこうしたやり方について、判決の補足意見で「機械的で問題が
ある」と述べている。
判決は全体として、処分を振りかざす都教委の硬直した姿勢に反省を求めている。
これからは、起立しなかったり歌わなかったりしただけでは減給などの重い処分
はできなくなった。
都教委は戒告処分についても抑制的に臨むべきだ。
橋下徹大阪市長の「大阪維新の会」が大阪府議会に提出している教育基本条例
案には、同一の職務命令違反を3回繰り返すと免職対象とする規定が盛り込まれ
ている。違反の中身を問わず3回で免職とする処分は機械的であり、重すぎる。
今度の判決に照らしても許されることではない。
松井一郎府知事は判決を受け、規定を見直す考えを示している。当然の判断だ。

http://www.shinmai.co.jp/news/20120118/KT120117ETI090003000.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分勝手な解釈を紙面に躍らせて、自分達の考えを「ごり押し」するその前に、
公務員という「職業」の特殊性を消し去っていては、まして営利企業たる私企業が
批判する前に「税金の使い道」として、支出する税金が妥当かを鑑みれば、納税者
視点が真っ先に立つもので「大多数の生徒」の公共のあり方として、一分の不穏
分子は、それこそ「その職を辞して、思想に殉じればいいだけ」であり、公務員で
あるという制約では、反旗を翻すだけの大義名分は成り立たない・・・。
これが税金を食む者の矜持であり、思想に殉じる矜持があれば、制約を解いて
から行えば良いだけである。

画像


以下のような「偏狭な思考」は、独裁のそれと変わらぬ思考法で、簡単に言えば
「嫌なら見るな」で「嫌なら国民をやめるべき」という論理が成り立つ・・・。
以下にこれまでの関連の記事を備忘的に貼り付けてみた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
君が代斉唱不起立:北九州訴訟 「判決を容認せず」 県弁護士会声明
 /福岡

君が代斉唱時に起立せず懲戒処分を受けた北九州市の教職員らが処分取り
消しを求めた訴訟で、最高裁判決が校長の起立斉唱命令を合憲としたことを
受け、県弁護士会(吉村敏幸会長)は10日、判決を容認しないとする会長声
明を発表した。
声明は4日付で文部科学省や県教委、福岡、北九州両市教委に送付した。
声明は「起立斉唱しない行為に懲戒処分で臨むことは、思想良心の自由など
を侵害して違憲」と主張。「教育行政は教職員に君が代斉唱時の起立斉唱を
強制せず、起立斉唱しない者に不利益な取り扱いをしないよう要請する」とし
ている。

http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110811ddlk40040372000c.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大阪府の松井一郎知事は6日、大阪維新の会府議団が9月府議会に提出した
教育基本条例案に府教育委員が反発、総辞職も辞さないとしていることについ
て、「辞職するのか、議論に応じるのか、教育委員は年内に態度を決めてほしい」
と述べ年内の回答期限を示すことを明らかにした。この日中西正人教育長と面談
し、委員 5人にも伝えるよう申し入れた。
松井知事は回答期限の設定は来年2月に同条例案を知事提案するためとし「辞職
の場合、後任を選ぶ時間を考えるとスケジュール的にぎりぎり」と説明。知事には委
員の罷免権はないが、「条例への対案を示すなり、なんらかの行動をされないのは
無責任。委員一人一人が教育現場に与える影響を考え、ご判断いただけると思う」
と述べた。(抜粋)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000116-san-soci

大阪維新の会が策定した教育基本条例案に対して大阪府教育委員が反発を強め
ている問題で、松井一郎知事(維新幹事長)は5日、教育委員の後任人事を公募で
行う方針を明らかにした。維新が知事、大阪市長のダブル選で掲げた教育施策を進
める人材を全国から集めたい考えだ。
教育行政への政治関与をうたった同条例案を巡っては、府OBの中西正人・教育長
を除く教育委員5人全員がダブル選前から「教育と政治の一体化を認めるわけには
いかない」として反対し、条例案が可決された場合に辞職する意向を表明。
一方、今年度中の可決を目指す松井知事は「教育委員は議論から逃げている。
条例案への対案すら出さないのは無責任だ」と批判していた。
松井知事は同日夜、報道陣に対し、「教育改革への使命感のある人を広く募りたい」
と述べた。20日に川村群太郎・教育委員(66)(ダイキン工業副社長)の4年間の任
期が切れるため、まず後任の1人を公募で選ぶとみられる。(一部略)

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20111206-OYO1T00262.htm?from=top
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
育鵬社不採択は「有効」 八重山教科書問題 沖縄県教育長が見解 

沖縄・八重山地区の中学校「公民」教科書採択をめぐる問題で、沖縄県教育庁
の大城浩教育長は16日記者会見し、石垣、竹富、与那国の3市町の全教育委
員が集まり、育鵬社版を不採択とし、東京書籍版を採択した8日の協議につい
て「協議の場として成立している。
採決の状況については有効と捉えている」と話し、同協議を無効とした中川正春
文部科学相と異なる見解を示しました。
石垣市、与那国町の両教育長が同協議の無効を訴えていることについては、
「教科書は教育委員会の事項。教育委員会は一義的には教育委員長が責任を
有しており、(両教育長の訴えは)不適切だ」と批判。両教育長の主張を根拠に
協議を無効と判断した中川文科相の発言には「いささか困惑している」と不快感
を示しました。
3市町の教育委員長は15日、連名で8日の協議の正当性を訴える文書を国、
県に送付。大城教育長は「状況は異なってきているかもしれない」と文科相の判
断が変化する可能性を指摘しました。
今後の対応については、「採択権を重視しながら」3教委に助言を続けるとしまし
た。

しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-09-17/2011091701_04_1.html

画像


女性教諭、日本史の授業でハングルを教える また、朝鮮人虐殺現場を見学
する企画をくわだてるも、希望者ゼロ・・横浜の高校

横浜市にある神奈川県立高校の地理歴史科の女性教諭が日本史の授業で生
徒にハングルを教えていたことが24日、県教委への取材で分かった。
県教委では授業は学習指導要領に定められたものといえず教育内容として不
適切と判断。こうした授業をしないよう学校側を指導した。教諭はこのほか、
「関東大震災のさいに起きた朝鮮人虐殺現場」を見学するよう企画し、生徒に
参加を募っていたことも判明。県教委はこれも指導対象とした。
県教委によると、問題の授業があったのは昨年12月下旬、学期末試験終了後
の2年生の「日本史B」の時間。1コマ45分を使って、生徒に自分の名刺をハン
グルで作らせる授業を2クラスで行ったという。
今年8月上旬、授業内容について県教委の考え方をただす電子メールがあり県
教委が事実関係を確認。その結果、この教諭は日本史の授業でハングルを教
えた以外にも夏休みに希望する生徒を対象に行う「夏期講習」の一環で「関東
大震災時に起きた朝鮮人虐殺の現場」の見学を校外学習として企画。
参加者を募っていたことも分かった。
この教諭は県教委に「日朝貿易に関連して、輸入品の木綿についてハングル
の発音のモクミョンが日本語と似ていることを教えたところ、生徒が関心を示した。
韓流のドラマなどもはやっていた」などと授業の背景を説明したが、県教委は
「学習指導要領を発展させた授業を行う場合はあるが、今回は生徒や保護者、
県民に疑義を持たれる行為だった」と判断。校外学習については希望生徒がお
らず、実施しなかったが「歴史事象に対して多様な考え方がある中で、一方的
な解釈は望ましくない」として、いずれも校長に対し口頭で指導した。これを受け、
校長が教諭に是正を求めたという。
県教委は「校外学習は実行されなかったので教諭本人への指導や処分はしな
い」(高校教育指導課)と話す。
この教諭は通常、学習指導要領に基づく年間の授業計画で授業を進めている
という。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110825/edc11082502070000-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【戦争と詩人】3 南京
◆残虐行為 見聞をつづる◆

2冊の従軍手帳がある。手のひら大の黒革の表紙。
錦米次郎が、癖のある豆粒のような字をびっしりと書き込んでいる。
1939年分は合計98ページ、約6千行に及ぶ。
南京事件後の39年の元日、「南京で思い出し難いのは難民共のことだ」と記
している。その後の4行は黒塗りされ、三重大教授の尾西康充(44)は「帰国
の際、憲兵の検閲を受けて削除された」とみる。黒塗りの後はこう続く。
「世界大戦の時、巴里(ぱり)には処女は一人もいないと本で読んだことがあ
るが、自分らのいた南京もそういえないことはない」「自分は正月を迎えるごと
に南京を思い出すだろう。それほど南京の街町は自分の脳裏に焼き付けている」
南京攻略戦は、錦が所属した陸軍16師団などが中心となった。
16師団長は南京警備司令官として「峻烈(しゅんれつ)な残敵掃討」を命じた。
錦の軍隊手帳では「37年12月2日から12日まで南京攻略戦、13日入城、
14日城内掃討戦、16、17日城外掃討戦。18日から翌年1月22日まで
南京付近の警備」となっている。
尾西によると、南京事件を詩に読んだのは、日本人では錦1人しかいない。
例えば、副題を「わが軍隊手帳」とした「南京戦記」「南京港・下関にて」(85年2月)。
捕虜の扱いなどを定めたジュネーブ条約に明らかに違反する行為を、
南京で見聞きしたことを元に描いた。
「彼ら(中国の敗残兵)は、みな目かくしをされて壕(ほり)の前に坐(すわ)らされた。
管理軽重の下士官が内地から腰に吊(つ)り下げてきた、日本刀をひきぬいてふり
かぶった。
捕虜の中国兵の首めがけて彼の日本刀がふり下ろされた」
また、「風琴奏鳴曲」(56年2月)では「略奪が終わった。出発だ、火をつけよう」
「物陰に女と子供がいた。(中略)仲間はどやどやと踏み込み、次ぎつぎにおかした。
最後の奴(やつ)が終わった。さッとのびた銃剣が子供と女を突き刺した」
「おれたちは死体に火をかけた」などと、南京事件を連想させる場面を描いた。
当時、石川達三や大宅壮一らが16師団歩兵33連隊(津市久居)の従軍作家・
記者として南京事件を見聞きできる立場にあった。
だが、いずれも何も書き残さなかった、という。33連隊を描いて発禁処分となる
「生きている兵隊」を書いた石川も、事件は知らなかった、と口をつぐんだ。
長男の聖紀(71)が「父は、中国では可哀想なことをした、と話すぐらいでした」と
思い起こすように錦が忌まわしい記憶を家族や詩人仲間に具体的に話すことは
少なかった。
それでも、居合わせた者の責任として、文学者の使命として「南京」を題材にした。
尾西は錦研究にあたり、南京攻略戦に参加した33連隊の元兵士らの
聞き取り調査をしたことがある。
「経験した人は語らないし、周りも気持ちを察して聞こうとしない。
記録がみんな消されていけば、結局、何もなかったということになり、
南京事件を考える機会はなくなる」
それだけに、錦が書き残した作品に大きな意義を見いだしている。(敬称略)

◎南京事件
1937年7月、北京郊外の盧溝橋で始まった日中戦争は華中に拡大。
旧日本軍は一気に戦局を決着させようと同12月、首都南京に侵攻した。
陥落後は子供や女性を含む大勢の一般市民を虐殺し、放火や略奪、
強姦(ごうかん)にも及んだとされる。
事件は当時、大虐殺として国際的な非難を浴びたが、国民には知らされなかった。
犠牲者の数は見解が分かれ、今なお論争が続く。

朝日新聞 2011年08月17日
http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000001108170004

画像


来春から使われる中学校の教科書が県内の教育委員会で選定作業の佳境を
迎えていることに絡み、上田清司知事は16日の定例記者会見で、「間違っても
『(初代首相の)伊藤博文射殺』などと書いている教科書を選んではいけない」な
どと述べ、歴史・公民教育についての私見を披露した。
上田知事は「諸外国での歴史教育とは、自国の歴史や事実関係は正しいと教え、
国民に自信と誇りを持たせるものだ」と強調。
その上で「日本は逆で、誇りを失い、自信をなくさせる教科書ばかりだ。しかし、
そうでない教科書も出てきた。
今まで日本の歴史と誇りを傷つけてきた教科書もましになっている」と述べた。
また、混乱を避けたいあまり、教育委員会が無難な内容の教科書を採択する
傾向にあることについては「過去にいたノイジーマイノリティ(声高に主張する少
数の人々)を目の当たりにしている方々は、時としてそういうのを恐れるきらいが
ある。事務方サイドの提案をそのまま受け入れて、自分の判断をしない教育委
員もゼロではない」と苦言を呈した。
さらに「間違っても『伊藤博文射殺』と書いている教科書を選んではいけない。
日本国の英雄を日本人自身が『射殺』と書いてどうする」と続けた。
一方、公民教科書については「制度がこうなっているという記述が多い。
社会はかくあるべしということを、もう少し思い切って出していくことが大事では
ないか。『私』より『公』の方が大事な場合があることを書かないといけない」との
見解を述べた。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110816/stm11081619470005-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
指摘を踏まえて良くなった点もある。だが全体を見渡すと本来の姿からずいぶん
遠い。これで期待に応える仕事ができるのか――。
江田法相が公表した人権救済機関(人権委員会)の基本方針に対する感想だ。
自民党政権時代からの宿題である。差別や虐待に苦しむ人々から、裁判とは
別の簡易で迅速な救済手続きを求める声が寄せられ、国連の委員会も繰り返
し日本政府に勧告していた。
朝日新聞は人権機関の創設に賛成しつつ、旧政府案がメディアの取材活動を
人権侵害の代表例に位置づけ、規制しようとしたことを、表現の自由を侵すと
批判してきた。この点、江田構想は「報道機関の自主的取り組みに期待し、
特段の規定を設けない」とした。
信頼を裏切らぬよう自らを律していきたい。
もうひとつ、私たちが注目したのは政府と人権委の関係だ。民主党は内閣府
の下に設置すると政権公約に書いたが、江田構想では旧政府案と同じ法務
省に落ち着いた。現に人権擁護の仕事に当たっている同省職員の活用や、
財政・要員事情を考えた現実的な選択ではあろう。
だが、被収容者への暴行などが繰り返されてきた刑務所や入国管理施設を
抱える法務省が、本当にふさわしいのか。
もちろん内閣府に置きさえすれば独立性が保障されるという単純な話ではな
い。人権委メンバーの選定とあわせ、事務局を担う職員の教育や人事のあ
り方が大きな課題となろう。
江田構想で疑問に思うのは、人権委の調査を関係者の同意を得て行う範囲
に限り、救済方法も「調停・仲裁」という緩やかな対応に当面とどめたことだ。
旧政府案には調査を妨げる行為に制裁を科す規定があり、加害者に対する
「勧告・公表」や、被害者が起こす裁判に人権委が自ら参加して手助けする
ことも盛り込まれていた。こうした「強力な人権委」には、主に保守層が「権利
をふりかざす市民や団体にいいように利用される」などと反発している。
説得力のある主張とは思えないが、論争を棚上げし、合意形成を優先した結
果が今回の構想といえそうだ。
実効ある救済のためには、勧告・公表くらいの措置は当然必要ではないか。
また、訴訟参加を見送るのであれば、せめて被害者が費用の心配をせずに
裁判に取り組めるよう、法律扶助制度をはじめ関連施策の充実も併せて進
めるべきだろう。
人権が尊重され、被害が速やかに回復される国。その目標を引っ込めるわ
けにはいかない。

asahi.com 2011年8月12日(金)付
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
教員98人、免許失効 更新制導入で初めて 文科省

文部科学省は、この春に教員免許更新制に基づき免許の有効期限を迎え
た全国の教員のうち、98人が免許を失効した、と5日発表した。対象者約
9万5千人の0.1%にあたる。
免許更新制は2009年度に始まり、幼小中高・特別支援学校の現職教員
は10年ごとに30時間の講習を受けることが義務付けられた。今回が初め
ての更新期だった。
98人はこの講習を受けなかったため免許が失効した。このほか約500人
が失効前に辞職したという。

朝日新聞(asahi.com) 2011年8月6日1時26分
http://www.asahi.com/national/update/0805/TKY201108050504.html

画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
全国的な人気を集める渡島管内長万部町のご当地キャラクター「まんべくん」
が、終戦記念日を前にインターネット上の単文投稿サイト「ツイッター」で行っ
た戦争発言に対し、町に抗議が殺到し、町は16日、まんべくんのツイッターを
閉鎖した。
癒やし系の「ゆるキャラ」として人気を集める、まんべくんのツイッターは、同町
出身の札幌市のコンサルティング会社社長(29)が町の許可を得て行ってきた。
問題となったのは、この社長が14日に書き込んだ「日本の犠牲者310万人。
日本がアジア諸国民に与えた被害者数2千万人」「どう見ても日本の侵略戦争
が全てのはじまりです」などの内容。
町によると、同日からネット上で「左翼思想だ」などと批判が相次ぎ、「町の公
式見解なのか」などの抗議や苦情が電話やメールで500件近く寄せられた。
中には「職員を殺してやる」との電話もあったという。
町は16日、町のホームページ(HP)で「皆様に大変ご心配ご迷惑をおかけい
たしましたことを、お詫(わ)び申し上げます」と陳謝。白井捷一町長はツイッタ
ー閉鎖について「さまざま意見がある問題で、町のキャラクターの名で個人的
意見を表明したこと自体が不適切だ」としている。
この社長は「外務省のHPなどを参考にした発言で個人的に間違っていたと思
わないが、町やファンに迷惑をかけ申し訳ない」と話している。
まんべくんのツイッターは昨年10月に始まり、「長万部は遊ぶところはない」な
どとゆるキャラに似合わない自由奔放な発言で人気となった。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/312208.html

画像



高崎市職員が外国人=市民条例制定に固執 市長の反対意向を完全無視

外国人を市民と位置づける高崎市の「自治基本条例」を巡り、富岡賢治市長
が制定作業中止の意向を明言しているのにもかかわらず、所管する市自治
振興課が市ホームページ(HP)上で制定推進を掲げていることが1日、分った。
富岡市長によると、すでに制定意思のないことを総務部長に伝達、指示済み。
富岡市長は市議会でも制定中止を明言済みで、市トップの意向を無視して
条例制定に固執する職員の“暴走”が放置され続けている。(森本充)
同条例をめぐっては、松浦幸雄前市長が外国人参政権容認を促す条例素案
を企て、「朝鮮総連だろうと何だろうと、一緒に暮らしているので、(市民に含め
るのは)当たり前の話だ」と発言。
制定を目指したが、市議や市民の反発を受け市議会で否決される公算が大
きくなったため、市議会に提出せず条例案を温存する形で引退した。
続く富岡市長が5月に就任しても、HP上では、自治基本条例を「自治体の憲
法」と紹介。8月に入っても、「条例づくりを推進します」と明示し、松浦氏の方
針に沿った条例案作りを引き続き推進してきた。
だが、富岡市長は当初から制定に消極的で、6月定例市議会で後閑賢二市
議に見解を問われ、「そもそも市民参加や市民との協働によるまちづくりを進
めることは当然のこと」と条例の意義を疑問視。
その上で、「条例という形で制定するのがよいかということについて心に入って
いない」と制定しない方針を明示した。
富岡市長は先月、産経新聞の取材に対し、「『制定に向けアクションを起こすつ
もりはない』と総務部長には、すでに伝えた。あくまでも何もしない」と明言していた。
しかし、条例を担当する自治振興課では富岡市長の意向について「承知している」
としながらも、「正式に(制定を)やめるという指示は総務部長からない」と反発、
富岡市長の指示・方針と異なるHPを放置する構えだ。

ソース:MSN産経ニュース 2011.8.1 21:59
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110801/gnm11080122060003-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110801/gnm11080122060003-n2.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本はある意味、公務員天国で身分が保証され、そして「毀損」するでも、
身分保障をあくまで求める。潔く自由の立場に自らを追い込むという気概もなく
単に「税金泥棒」と揶揄されても、その職に汲々としながら不平は並べ立て、
傍から見れば「身勝手な人」がのさばる稀有な社会・・・。
その昔の「闇の品を拒否して餓死した公務員」の面影は微塵もないのだから、
大阪の市長など「目の上のたんこぶ」としか見られないのだろう。
しかし多くの日本人は、以下の画像と文章には相当に共感するのでは・・・。

画像


016 名無しさん (2011/07/19(火) 10:33:03 ID:.OzNDmfV1U)
澤選手のコメント:

「我々のしていることは、ただサッカーをするだけではないことを、意識してきた。
我々が勝つことにより、何かを失った人、誰かを失った人、怪我をした人、傷つ
いた人、彼らの気持ちが一瞬でも楽になってくれたら、私達は真に特別な事を
成し遂げた事になる。
こんな辛い時期だからこそ、みんなに少しでも元気や喜びを与える事が出来た
ら、それこそが我々の成功となる。
日本は困難に立ち向かい、多くの人々の生活は困窮している。
我々は、それ自体を変えることは出来ないものの、日本は今復興を頑張って
いるのだから、そんな日本の代表として、復興を決して諦めない気持ちをプレ
イで見せたかった。
今日、我々にとってはまさに夢のようで有り、我々の国が我々と一緒に喜んで
くれるとしたら幸いです」



「ウィ・ア・ザ・ワールド」

国旗に敬意、そして国歌として意義を申し立てるであれば、やはり「その職を辞し
て」反論するなりが、人間としての最低の「仁義」で、それすら守れないものが「子
供」にどんな教えを説くことが出来るのだろうか・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民意を無視するマスコミの「隔絶された思考」は時代遅れ過ぎ BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる