BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「相互扶助」の美名の下、増大・高齢化する「生活保護」

<<   作成日時 : 2011/11/08 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「貧困ビジネス」なる言葉もある、国民の「相互扶助」の理念が形骸化して、
受給者増大し、そしてその受給者が高齢化してくれば、財政を圧迫して
国政だけでなく地方行政もまた運営に占める割合が、行政の全般サービス
の縮小も危惧されれば、「相互扶助」に不満を持つ人も現れて、「働いたら
負け」みたいな「勤労意欲」を殺ぐ意識が広まれば、ますます国の成り立ち
の根底が崩れ去る・・・。

画像


人口割合に対する数値だと、戦後すぐの頃より断然数値自体は低い現在だ
が、それでも増大してくる「生活保護受給者数」に、そして今現在の問題として
「年金問題」と比較しても、国民おのおので「理不尽」と感じてしまう「相互扶助」
のありようと映れば、「年金も納めず、働かず相互扶助利用」が、最善の生活
という「間違った意識」が蔓延らないとも限らない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年7月に生活保護を受けた人が、1951年度の204万6646人(月平均)を超
え、過去最多を更新したことが5日、明らかになった。
受給者数は前月(204万1592人)よりも1万人程度増加し、205万人を突破した
もよう。厚生労働省が9日にも、関連の集計値などを盛り込んだ福祉行政報
告例を公表する。
景気や雇用情勢が好転しない中、多くの人が経済的に困窮していることを改
めて示した形で、就労支援の強化や生活保護に陥る前のセーフティーネット
の重層化など、国はさらなる貧困対策を求められそうだ。
 受給者数がこれまで最も多かったのは、戦後間もない51年度の204万6646
人。経済成長とともに徐々に減少していき、95年度には88万2229人と底を打
った。その後、不況などにより受給者数は増加に転じ、2008年のリーマン・シ
ョックを引き金に急増した。 

時事通信 11月6日(日)2時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111106-00000009-jij-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この二百万人という「選挙権を有する人達」は、それだけでも「政治的脅威」
ではあるで、そうそう政治家が「批判を率先するとも」思えない。

画像


折りしもりの「生活保護受給者数」有数の地方市長選挙での、この問題にも
切り込んで、新しい枷を掛ける発想は良しなのだが、その生活保護受給者
も有権者となれば、より「勇気ある発言」と見られるが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
27日投開票の大阪市長選に立候補を予定している平松邦夫市長(62)
と大阪維新の会代表の橋下徹前知事(42)が5日、朝日新聞大阪本社で、
市政の課題について議論を交わした。
主な発言を紹介する。
――大阪が目指すべき将来像をフリップに書いてほしい。
橋下 「市役所支配からの脱却 市民の自立」。人口260万人以上の大都
市で、市長1人で住民自治をできるわけがない。真の意味の住民自治を確
立していきたい。
平松 「住民自治を大きな流れに」。橋下さんの大阪市に対する見方は古い。
各区の区政会議や 地域活動協議会など具体的に動いている部分が多い。
――市長就任後、まずやりたいことは。
平松 高度経済成長時代のように、行政にお金がいっぱいあって何でもやれ
るという時代ではない。市民の力で、この街を支えることにつなげていってほしい。
橋下 市長の仕事の仕分け。知事選で維新の会の知事が当選すれば、統合
本部をつくり、市役所の仕事を広域行政の仕事と基礎自治の仕事に仕分けし、
広域行政の仕事は統合本部で処理する。
――生活保護の問題にどう取り組むか。
橋下 大阪都をつくり、国に制度改正を迫っていく。能力があるのに生活保護
を受けている人たちには就労義務を課し、義務を果たさない場合は一定の負
担をお願いしていく。
平松 一昨年9月にプロジェクトチームをつくり、全国の政令指定市に声をかけ、
国に対し直接(国との協議を)言っている。ここまで国に迫っているのは私が初
めて。指定市を代表して言い続けていく
――市の教育にどう取り組むか。
橋下 8〜9ブロックに教育委員会の分室をおき、各ブロックごとに決定権や予
算編成権を与え、住民の皆さんに近いところで教育行政を決めていく。
平松 住民自治でも小学校、中学校が果たさなければならない役割は非常に
大きくなってくる。
学校を地域の拠点でという思いで、社会総掛かりで子どもを育てる。
――市営交通の今後の在り方や民営化の是非、敬老パスの取り扱いは。
橋下 民営化はただちに実行すべきだ。サービスの向上や料金の値下げにも
つながる。
敬老パスもシステムをよくすれば、80億円を投じる市費を下げられる可能性が
出てくる。
平松 将来の民営化は否定しないが、改革型公営企業としてとことんやらせて
ほしい。敬老パス制度は堅持するが、方法については今後議論する。
――エネルギー政策は。
平松 大阪市は関西電力の筆頭株主。単に反原発とか脱原発という言葉で株
主権を行使しようとは思っていない。
橋下 株主総会で市長が意見を出しても電力会社は動かない。株主権を行使
して提案すればいい。エネルギー政策は関西圏域で考えないといけない。
――児童虐待問題への対応は。
橋下 市役所組織を抜本的に再編し、8〜9のブロックごとに児童虐待に対応
する部署と責任者を置いて、きめ細やかに住民サービスを提供できる組織に
変えていく。
平松 市内のすべての公衆電話に児童虐待ホットラインのステッカーを貼った。
安全弁をいくつも作るのが唯一の方法だ。
――関西広域連合には参加するのか。
平松 参加する。(再選されれば)12月市議会に規約改正案を提出する。
(以上)

http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001111070001
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一個人と組織力との戦いの様相を呈してきたが、さて「大阪の良識」は
どちらに転ぶか、見ものではある。
「相互扶助」の不正もしっかり監視しないと、納税意識の低下も懸念され
る問題だし、増大もまた財政圧迫の要因。

画像


そして「福祉施設」としての「住居扶助」のそれは、市町村の間で「問題」
になっていたり、また「貧困ビジネス」の「不労所得」の援助とも取れる。
だけに「大人気」のはずの場所での「老朽化した賃貸アパート」火事の
報道には、関心を持たざる得ない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
6日午前7時10分ごろ、東京都新宿区大久保1丁目のアパート「ローズ
ハウス林荘」から出火、木造モルタル2階建て住宅約380平方メートル
のうち約200平方メートルが焼けた。

画像


警視庁によると、焼け跡から4人が遺体で見つかった。住人の70代男性
が消防隊員によって2階から救助されたが、意識不明の重体。ほか、30
代と80代の男性がのどにやけどを負う重軽症で病院に搬送された。
新宿署によると、1階で2人、2階で2人の遺体が見つかった。通報した1
階に住む男性が「爆発音がしたので見てみると、2階の奥部屋から煙が
出ていた」と話しているといい、同署が詳しい出火原因を調べている。
アパートは新宿区が委託している福祉施設で、23世帯24人が居住して
いたという。


▼asahi.com(朝日新聞社) [2011年11月6日11時32分]
http://www.asahi.com/national/update/1106/TKY201111060065.html

新宿・大久保「韓流の街」もう一つの顔は「生活困窮者の吹きだまり」

・11月6日の早朝、新宿区大久保の古い木造アパートで火災があり、7人が
死傷した。住民の多くは生活保護を受ける1人暮らしの高齢者だった。
アパートは2階建てで四畳半が各階12部屋。
ここに22世帯23人が住んでいた。2階で爆発音がしたあと火の回りが早く、
消化器では追いつかなかったという。4人が死亡、2人が意識不明の重体、
1人が軽いケガをした。
アパートは築30年で、トイレは共同、風呂なし。家賃は5万1000円 で、これ
は都心では相場だというが、23人中17人が生活保護受給者で、自立生活
をサポートするNPOが連帯保証人になって入居を支えていた。身寄りのな
い人、介護の必要な人もいた。
場所はいま「韓流ブーム」で注目の町、山手線・新大久保駅の近くだが、戦
後の時間が止まったような古い家が建ち並ぶ一角だ。新宿区内で家賃の
安いところは少なく、このアパートはいわば吹きだまりのように生活困窮者
の受け皿になっていた。
東京都内で生活保護を受けている人は、今年1月現在で26万3534人。 うち
高齢者世帯は42・8%、単身者78・8%。 厚労省によると、全国で今年7月まで
に生活保護を受けた人は205万人を超え、過去最多になったという。
NPO「もやい」の小幡邦暁事務局長にリポーターの米田やすみが現場で聞
いた。「都市では独居老人や生活保護受給者の多くは古いアパートに暮ら
している。身内や近所とも疎遠になりがちなので、普段から行政や近隣の
支援が必要だ」という。
司会のみのもんた「焼け出された人たちはどうしてるの」
米田「いま15人ほどが新宿区役所にいます。これからまた別の施設を探す
ことになるのだと思います」
みの「これから冬だもんね」
米田「火事のショックもあるでしょうし、厳しいですね」
はからずも見せた都会の裏の顔。華やかな「韓流」の街とはつい目と鼻の
先だ。(一部略)

http://www.j-cast.com/tv/2011/11/07112304.html?p=all
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
福祉施設という行政の「厄介払い」、そして「安定的収入確保」が民間と
行政を結びつければ、こういった老朽化の「施設」でも家賃五万円を得ら
れるのだから・・・。
そしてその裏にある「大人気」の評価と場所柄は、相当に違和感がある。
にしても「高齢の生活保護者」とは、長年の積み重ねの果てと理解すると
「相互扶助」の精神は、やはり「働くのは負けの意識」が若年層に蔓延り
始めても致し方ないのかも・・・。

年度 高齢者被保護世帯数 構成比 対昭和50年度比 被保護世帯総数

昭和50 221,241世帯 31.4% 100.0% 704,785世帯
昭和62 236,685世帯 33.2% 107.0% 712,302世帯
昭和63 234,017世帯 34.4% 105.8% 679,510世帯
平成元 233,370世帯 35.7% 105.5% 653,414世帯
平成2 231,609世帯 37.2% 104.7% 622,235世帯
平成3 232,311世帯 38.8% 105.0% 599,482世帯
平成4 235,119世帯 40.2% 106.3% 584,821世帯
平成5 240,690世帯 41.1% 108.8% 585,086世帯
平成6 248,419世帯 41.8% 112.3% 594,439世帯
平成7 254,292世帯 42.3% 114.9% 600,980世帯
平成8 264,626世帯 43.2% 119.4% 612,180世帯
平成9 277,409世帯 44.0% 125.4% 630,577世帯
平成10 294,680世帯 44.5% 133.2% 662,094世帯
平成11 315,933世帯 44.9% 142.8% 703,072世帯
平成12 341,196世帯 45.5% 154.2% 750,181世帯
平成13 370,049世帯 46.0% 167.3% 803,993世帯
平成14 402,835世帯 46.3% 182.1% 869,637世帯
平成15 435,804世帯 46.4% 197.0% 939,733世帯
平成16 465,680世帯 46.7% 210.5% 997,149世帯
平成17 451,962世帯 43.5% 204.3% 1,039,570世帯
平成18 473,838世帯 44.1% 214.2% 1,073,650世帯
平成19 497,665世帯 45.0% 224.9% 1,105,275世帯
平成20      * * * 1,140,000世帯超


そして貧困ビジネスは、住居から広範に渡って、医療費の中身にも
影響してくる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<取材協力>大阪の男性、襲われ重傷 TV局を提訴へ

毎日新聞 11月8日(火)2時31分配信
貧困ビジネスの実態を放送した「読売テレビ放送」の報道番組に匿名で取材
協力した大阪市内の男性(51)が8日、放送直後に襲われ負傷したのは音声
加工など身元を隠す処理が不十分だったからだとして、同社に慰謝料など計
約6300万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴する。男性は向精神薬売
買の様子を明かした番組放送の2日後に襲撃されて頭蓋骨(ずがいこつ)骨
折の重傷を負い、大阪府警が殺人未遂事件として捜査中。男性は「事件は取
材協力への報復だ」と訴えている。
訴状などによると、同社は昨年12月28日の番組で、生活保護受給者らが医
療扶助制度を悪用して無料で入手した向精神薬が、大阪市西成区・あいりん
地区で売買される実態を放送。男性は昨年11月から数回取材を受け、薬の
入手方法を説明したり、売買現場近くまで記者を案内したりする映像が流された。
男性は事前に、記者から「顔は出さない」と聞かされ、番組では顔だけはぼか
す画像処理がされていた。
自宅玄関や室内の様子はそのままで、声も手を加えないで放映された。男性
は放送終了から約40時間後の12月30日午前9時半ごろ、同市旭区で殴ら
れるなどし、4カ月入院。後遺症で障害認定を受けている。
男性の弁護士は「(男性は記者に)暴力団関係者が関与していると話しており、
読売テレビは報復の危険性が極めて高いと予測できたはず」と話している。
◇「十分な配慮した」
読売テレビ放送の話 被害に遭われたことはお見舞い申し上げます。しかし、
取材協力者のプライバシーに関して十分な配慮をしたと考えており遺憾です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111108-00000007-mai-soci




「貧困ビジネス」その一




「貧困ビジネス」その二
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
生活保護者も「有権者」である。
その事実は、数字上からいえば、有力な支持母体と同じ「政治屋」にとっては
「一票には変わりない」となりそうで、なんとも「怪訝な気分」になる。

画像


そうそう、掲示板で拾った中国語の「スラング」が、あの「大久保」の地区と
「コリアンタウン」の関係を言い当てているようで引用。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1 : 美麗島の名無桑: 02/08/09 22:38

最近台湾人の友人に聞いた話です。
「韓流熱風」には中国人の強烈な皮肉が隠されているって言うんです。
「韓流熱風」の「韓」は中国語(普通話)で「寒」と全く同じ発音なんです。
そして「寒流」にはナント「貧乏人」の意味があるんです。
もちろん「熱風」にもメタファがあって、
「熱」には「のぼせる、浮かれる」の意味があり、
「風」は「根も葉も無い噂」或いは同音の「瘋」に通じ、
意味は「狂う」です。
つまり、貧乏人の韓国人が浮かれあがって根も葉もない噂を流す、とか
貧乏人の韓国人がのぼせて狂った、となるんだそうです。
嘘だと思う人は中日辞典で調べてください。
因みに私が持っているのは台湾の大新書局「中日大辞典」です。
台板の連中ならたいてい持ってるはずですから、
そちらで聞いてもらってもいいです。
台湾や中国に行った韓国人が勢い込んで
「今は韓流熱風でみなさん韓国が大好きでしょ?」なんて聞くと、
穏やかな笑みを浮かべた中国人や台湾人から
「そうですね。韓国はがんばってますね」とか言われて
いい気になるんでしょうね。
その実、心の中で「この馬鹿が」って思われながら・・・
あっ、でも韓流熱風に込められた皮肉は教養が無いと分からないらしいから
普通の中国人は「はぁ?」ってのが大多数でしょうね。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ルポ 生活保護―貧困をなくす新たな取り組み (中公新書)
中央公論新社
本田 良一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ルポ 生活保護―貧困をなくす新たな取り組み (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「相互扶助」の美名の下、増大・高齢化する「生活保護」 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる