BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 「公言不実行」は政権体質、加勢してくれるマス・メディアの思惑

<<   作成日時 : 2011/09/15 16:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新政権の支持率が云々、だが「失言」で辞めてしまう大臣に審議拒否に近い
会期四日間、それに対するマス・メディアは、政治を離れて「脱北・不明児童」
で「垂れ流し」時間と経費・・・。

画像


国会での「国難の時、与野党一致」云々とかぬかしながら、会期は四日間で、
延長を求める野党に対して、「なしのつぶて」を貫いては、「公言不実行」の
これまでの「詐欺的言い回し」と変わらぬものだが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^〜
野田政権発足後初となった13日召集の臨時国会で、民主党は会期を4日間
とする当初方針を押し通し、「論戦逃れ」の姿勢を改めて印象付けた。
野田佳彦首相は所信表明演説で、野党に低姿勢で政権運営への協力を呼
び掛けたが、国会対応では民主党の輿石東幹事長が主導する強硬路線を
容認。「言行不一致」の対応に、衆参両院での予算委員会開催に必要な会期
の確保を求めていた野党は強く反発している。

 ◇「へなちょこ内閣」−自民

首相は衆院本会議での演説で、東日本大震災の復興に関し「与野党が一致
協力して対処いただくようお願いする」などと語り、3回も深々と頭を下げた。
演説の締めくくりでは、野党席に向かって「ご理解とご協力を改めてお願いす
る」と訴える念の入れようだった。
しかし、民主党が予算委での論戦を先送りしたことで、野党は冒頭から対決
姿勢を強めている。所信表明演説に先立つ会期の採決では、1976年以来
35年ぶりとなる討論が行われ、自民党の馳浩氏は「せっかくの臨時国会を
4日間で閉じるのは言語道断だ」と野田政権を厳しく批判。「論戦もできない
へなちょこ内閣」と断じた。

 ◇輿石氏「政権持たない」

会期4日間の理由として、民主党は表向き、本格復興策を盛り込む2011年
度第3次補正予算の早期編成に向け、「考え方を整理するための時間が必
要」(平田健二参院幹事長)と説明している。
だが、答弁書の読み上げで済ませられる代表質問はともかく、当意即妙な
応答が求められる予算委での論戦に不安を覚えているのは間違いない。
首相は閣僚人事で、挙党態勢構築のため民主党内各グループのバランスを
意識して人選した。
その結果、与党内からも「不適材不適所」との厳しい指摘が出ている。
初入閣の閣僚の発言が相次いで物議を醸し、福島第1原発周辺を「死の町」
と表現した鉢呂吉雄前経済産業相は辞任を余儀なくされた。
「そんなものをやったら(政権が)持たない」。輿石氏は、自民党の幹事長経
験者から予算委を先送りする理由を尋ねられ、あっさりこう答えたという。
民主党幹部からは「国会を開けていると何があるか分からない」との懸念も
漏れる。
政府・与党は10月中旬の3次補正提出を目指し、震災復興などに関する協
議を野党に提案している。しかし、自民党の谷垣禎一総裁は13日、記者団
に「国会で真摯(しんし)に向かい合う姿勢を欠いている。都合の良いところ
だけ『協議してくれ』では物事が進まない」と述べ、現状では応じられないと
強調した。

(2011/09/13-19:03)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011091300792

「大臣いらないんじゃないか」 与党の判断関与に不快感 八ツ場の是非で
関係知事

八ツ場ダム(群馬県)建設の必要性を認めた国土交通省の検証結果を受け、
藤村修官房長官が建設の是非は野田佳彦首相に加え、民主党の輿石東幹
事長、前原誠司政調会長ら与党首脳が最終判断するとの見通しを示したこ
とに、関係自治体の知事から15日、不快感を示す意見が相次いだ。
群馬県の大沢正明知事は県庁で記者団に「全部、党主導で決めるのであれ
ば、各大臣なんていらないんじゃないか」と指摘。「歴代の国交相は検証結果
を尊重すると言ってきた。地方自治体として国の何を信頼すれば、という思い
がする」と落胆した様子だった。
千葉県の森田健作知事は記者会見で「地方自治体は民主党のマニフェスト
(政権公約)に翻弄されてきた。客観的な評価が出たのだから進めてほしい」
とあらためて早期着工を要求。「前原氏は振り上げた拳をどう収めようかと考
えているのではないか」との見方を示した。

(産経新聞)9.15 14:13
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110915/plc11091514160010-n1.htm

会期問題、任命責任で激しいヤジ 国会あす閉会へ

国会は、各党の代表質問に対してまだまだ初心者マークの野田総理大臣。
14日は肝心の会期4日間問題でまさかの答弁漏れ。思わぬミスに照れ隠し
なのか、口をとがらせて答弁書を探す場面もありました。15日も会期問題
や閣僚の任命責任で激しいヤジが飛んでいます。
会期延長問題でも強行姿勢を貫き、党内運営・国会対策を一手ににぎる
輿石幹事長が質問に立ちました。
民主党・輿石幹事長:「政府・与党が一致結束して、初めて与野党対話の
政治が可能になるのではないか」
野田総理大臣:「輿石議員には、与党幹事長という難しいかじ取り役をお引
き受け頂き、与党の一致結束にとって大きな意義を持つものと考えており、
国難に立ち向かい、難局を乗り切るためにぜひお力を頂きたい」
会期延長問題をめぐって民主党は、輿石幹事長の方針で、平野国対委員長
が各委員会の筆頭理事を集め、16日に国会を閉じる手続きをするよう指示
しました。これに対し、野党側は、藤村官房長官に会期延長を申し入れよう
としましたが、会談すら断られ、怒り心頭です。野田総理は低姿勢を貫いて
いますが、輿石幹事長らの国会運営に野党は激しく反発していて、3党協議
の糸口すらみえません。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210915021.html

画像


民主党の輿石東幹事長は12日の記者会見で、鉢呂吉雄前経済産業相の
「放射能を付けたぞ」との発言に関する報道について「報道の在り方をもう
一度考えていただきたい」と注文を付けた。
鉢呂氏の発言は、赤坂議員宿舎での記者団との非公式なやりとりでのもの
で、政府・民主党内では「オフレコ発言」が報じられたとして問題視する向き
もある。輿石氏には報道機関をけん制する狙いがあるとみられる。
ただ、輿石氏は会見で、報道機関に対して抗議の申し入れをするかどうかを
問われ、「事実関係をきちんとたださないと、そういう話にならない」と述べる
にとどめた。
会見に先立ち輿石氏は、放射能発言を最初に報じた民放の関係者から事
情を聞いた。
(2011/09/12-19:33)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011091200751
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
言論統制も視野にしている「政権与党」の幹事長は、総理の「国難の時」の
フレーズも「馬耳東風」、なにより自分達の体裁が第一の「尊敬されない先生」
像を地で行っている「日教組」らしい、「他人の言葉に耳を貸さない、自分の言
葉には、責任を持たない」という不逞ぶり。「反面教師」としては、有用なのだが
いささか「経費としての税金」は浪費に入る「財政圧迫」のそれ・・・。

画像


そして「ウジ」と揶揄されるテレビ・メディアの批判の渦中でも、実際上は以前か
ら「東京朝鮮放送」と揶揄されていたメディアは、とんだ検証番組を流したようで
さすがな「印象操作」の編集には唖然とさせられ、それに対して東電の抗議と相
成れば、国民は「人災」の部分のそれを「東電のせい」とみてしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東京電力福島第一原発の事故で、TBSが人災だと報道した内容について、
東京電力は13日、「推定や憶測などによって、人災と結論づけた報道がこ
のたびなされたことは甚だ遺憾」だと発表した。
報道は9月11日にTBSで放送された「震災報道スペシャル 原発攻防180日
間の真実」。東京電力によると、次のように3点で誤解を招くとしている。
1.「ICの操作も含め、停電しても適切に対応すればメルトダウンも水素爆
発も防げた」と断じているが、原因などは国の事故調査・検証委員会など
で調査中。人災と結論づけた報道は甚だ遺憾。

画像


2.「ベント弁の手動操作の指示が遅かったことにより、ベント実施に時間が
かかった」と報道されているが、指示が遅かったということはない。
3.現場からの全面撤退を国に伝えたという事実はない。趣旨は「プラントが
厳しい状況であるため、作業に直接関係のない一部の社員を一時的に退
避させることについて、いずれ必要となるため検討したい」ということ。

http://news.livedoor.com/article/detail/5858992
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、時系列での「言動」は相当の人々が「おまとめサイト」として動画投稿
されているもである。
それによれば、「人災」のその部分は東電と行政のコラボであるし、まして
災害時の最高責任者の「決断」は、英断か糾弾かしかないものだ。



06:10〜【枝野】これは東電が技術的な点を含めて最終的な調整をする話
ではありますがこれを行う前にしっかりと国民の皆様に予めご報告しなけれ
ばならないということを­東電のほうに要請というよりも指示を行った、・・・・
(つまり放出作業を首相視察まで待てと強く命令)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「東京朝鮮放送」と揶揄されるテレビ・メディアの変な「ヨイショ」には、その
揶揄される名が示すように・・・。

画像


以下のような「論功行賞」的思惑もありとなれば、政権与党のキヤッチ・フレーズ
の形骸化は一段と物凄い「詐欺」的言い回しとなりそうだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民主党が「韓国企業」繁栄に尽力する真相
民主党の実態は“半島政権”だ

菅氏と李大統領の「共闘」――。  韓国の原発推進による電力コストの低下。
日本の原発放棄による電力料金の高騰。法人税引き下げを強行した韓国に
対し、日本は法人税引き下げを棚上げした。  
重電機械メーカー幹部が悔しがる。 「菅首相が原発輸出見直しを叫んだとき、
われわれはやられたと思った」菅氏はいきなり原発輸出見直しを表明、トルコ
やベトナムなどで日本追い落としを図る韓国勢を勢いづかせた。
韓国側の動きは素早い。李大統領側近が大統領親書を携えトルコ政府を訪
問するなど、日本の退場宣言を契機に猛然と巻き返しに出た。 「まるで日本
政府と気脈を通じたような韓国側の攻勢ぶりで、トルコ政府も戸惑うほどだ」
(大手商社の担当者)という。
技術者にも誘いの手は伸びている。 「日本の原発企業の衰退を尻目に
優秀な国内技術陣に韓国からヘッドハンティングの誘いがかかっている」と
重電メーカーの関係者は打ち明ける。
韓国の原発技術は日米仏ほどの国際的な評価を受けておらず、日本の原
発技術の争奪で一気に形勢逆転を目論む。  
まさに’90年代、日本の電機メーカー技術者がサムスンなど韓国メーカーか
らヘッドハンティングされ、グローバル市場で逆転された悪夢が再現されよ
うとしている。 「日本経済の危機感が政府に伝わらない」と経済界首脳は
いらだちを隠せない。これに対し民主党幹部は「政権交代した意味がわか
っていない」と口にしてきた。
公安機関の担当官が解説する。 「日本が主役の自民党政権から日本を踏
み台にする朝鮮半島主役の政権に交代した、という意味だ」

画像


米国大使館関係者も同様の分析だ。 「民主党政権の真相は、 韓国を繁栄
させるためにできる限り日本叩きをするという“半島政権”だ」  
22兆円の市場を占有するパチンコ業界の影響が強い政治家が民主党に多
く、その政策は日本の競争力を削ぎ落とし「日本を潰す」ことが眼目だ。
日本の政党とは仮面であり、ホンネは朝鮮半島の利益のために破綻戦略
を忠実に実行するのだ。
「菅政権は十分韓国の国益に貢献した」と李大統領に近い在日関係者は
最近、満足そうにこう語った。
さらに、次の民主党政権をどう手なずけるかだ。 「菅政権に続く次期首相
に民主党の誰が就任しようと、われわれは次のストレステストを課す」(在
日関係者)と警告する。  
李大統領を支えるハンナラ党の 洪準杓代表は8月中旬、竹島に韓国軍
海兵隊を常駐させるよう要求した。これは、対日刺激に武断外交を打ち
出し次期民主党政権から新たな譲歩を勝ち取るストレステストなのだ。
竹島は単なる島嶼領有だけの問題ではない。「日本海のメタンハイドレー
トが狙いです」と資源エネルギー庁の担当者は韓国の本当の狙いを指摘
する。竹島を韓国軍が握れば、日本海の豊富な海底資源を配下に収め、
韓国は日本に代わり資源大国の道が切り開かれる可能性もある。
韓国は竹島に軍事拠点を築き、国際地図の「日本海」の名称を、朝鮮半
島の東側を意味する「東海」に塗り替えようとする。
それこそ海底資源を日本から奪う魂胆だ。 日本の民主党政権はここでも
「亡国戦略」を推進する。政府は太平洋側のメタンハイドレート試掘を急ぐ
方針といわれるが、本当の狙いは日本国民の関心を太平洋側にそらし、
資源化しやすい日本海側のメタンハイドレートを韓国側に温存する狙い
があるとの指摘も囁かれている。 「独島(竹島)の実効支配を進めれば
よい」在日を 代表する著名人、姜尚中東大大学院教授はこう韓国人を
鼓舞する。ソウル中心の東アジア共同体の建設を説く氏は、日本企業
に「日韓連携」を進める韓国のエージェントとの指摘もある。姜氏は日本
の左翼メディアに「説教師」として君臨し、「日韓連携と反原発」の鼓吹に
余念がない。

http://www.e-themis.net/feature/read.php
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
政権交代前から「こういった事象」を理解していた人にとっては「何を今更」
なのだろうが、政権交代後の「あからさまな印象操作」が広がってくると、
まさに「正々堂々」とかいう真っ当な言葉は「死語」になり、偏向・捏造何でも
ありで、思惑に人々を導くのにも「なんらためらい」がない「鬼畜」のそれと・・・。
そこで勃発した「テレビ・メディア」批判デモも、いつしか変容して「嫌韓流」と
印象操作に流されようとしている。
国民の大部分が「それで良し」なら、何も言うまいが・・・。









その昔は、こんな番組も・・・、そこには当然な思惑もあっての放送だが・・・。
これで見ると「売り出したい選手」が、対立するテレビ・メディアの押す選手に
負けて、そのまま勝負の負けた潔さよりは、思惑はずれに「引き込まれてし
まった」不甲斐無さが浮かび上がる。
勿論、対戦する選手は「素晴らしい戦い」を見せてはいるし、アナウンサーは
素晴らしい試合を良く実況しているが・・・。




日本ボクシング不滅の激闘史 [DVD]
TCエンタテインメント
2009-11-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本ボクシング不滅の激闘史 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「公言不実行」は政権体質、加勢してくれるマス・メディアの思惑 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる