BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 未明の歓喜と、薄ら寒い事故処理・・・。

<<   作成日時 : 2011/07/19 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

暑さのため朝早く起きてしまうのだが、それが幸いして「歓喜の朝」となっ
たが、それの喜びもテレビ・メディアの伝える「セシウム汚染」のものには
眉も曇る・・・。

画像


この「快挙」は喜ばし出来事で、予想は「無理」だろうと思っていたので、素
晴らしい試合を投げない「粘り」には驚嘆してしまった。
そして「ナイス・ゲーム」の結末が日本の勝利に、国民なら誰でも「微笑む」
ものだろうが、それのコメントを求める人によっては、こちらは機嫌がすこぶる
悪くなるという、相反する感情が浮かんできてしまい、相当なストレスを感じる。
一国民の感情だが、同じく溜め込んでいる人は相当な数に上るのでは・・・。
どうにもぬけぬけ言われると、「お前は言うな」と超が付く不機嫌になる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
劣勢でも頑張り抜いた…首相、なでしこVで談話
読売新聞7月18日(月)18時38分[.] 菅首相は18日、サッカー女子ワールド
カップ(W杯)ドイツ大会での日本代表の優勝を受け、「全ての日本国民に、
そして中でも被災地の方々に、最高の贈り物をありがとう」とする談話を
発表した。
代表メンバーと19日に首相官邸で面会し、栄誉をたたえる予定だ。
談話では、「劣勢になっても最後まであきらめないで頑張り抜く『なでしこ
ジャパン』の闘いは、皆に勇気を与えてくれた。勝ち進むごとに『Thank
 you for your support』のメッセージ横断幕を世界に示す機会も増え、
日本人皆の『思い』を世界に届ける役割まで担ってくれた」と代表の戦いぶ
りを称賛した。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0718/ym_110718_6663322581.html

画像


[.]スポーツ基金を仕分けした蓮舫が「なでしこ優勝すごい」と発言し大炎上!
国民「あんたに言われたくない」
ロケットニュース247月18日(月)17時24分

日本時間の2011年7月18日(月)早朝、『FIFA女子ワールドカップ2011 ドイ
ツ大会』で日本が優勝するという快挙を成し遂げた。民主党の蓮舫さん(4
3歳)がインターネット上で「なでしこJapan優勝!! すごいです」と発言したとこ
ろ、日本国民が激怒し、大炎上状態となっている。
かつて蓮舫さんはスポーツ振興基金やスポーツ助成事業など、スポーツ予
算を削減して仕分けした過去があるため、日本国民は「白々しい。スポーツ
振興も仕分けしたくせに」や「あんたに言われたくねーよ」と感じているようである。
スポーツ振興基金の仕分け時、政治家から「マイナーな競技にも補助が必要
なのか?」という内容の声が出て物議をかもしたこともあり、国民と政治家の
間に大きな隔たりがあることがわかる。仕分けの影響なのか、なでしこジャパ
ンのメンバーにはアルバイトをしている者もいたという。以下は、蓮舫さんの
発言に対する国民の声である。

・蓮舫さんの「なでしこ優勝すごい」発言に対する国民の声

「ったく恥を知れ」

「これは蓮舫氏による過去最高レベルのジョーク(自虐ネタ)だと捉えたい」

「あなたが言える立場ですか?スポーツ振興を仕分けした張本人が白々しい」

「やはり世界一でないといけないのです。二番じゃだめなんです」

「ワールドカップも選挙も二位じゃダメだよな(笑)」

「あれっ二位じゃなくていいの? 蓮舫さん!?」

「二位じゃだめなんでしょうか? というわけで、おまえに言われたくねえよ」

「台湾人に恨みもなければ嫌悪も無いが、この女だけは許さん」

「優勝できるのなら、初めからスポーツ振興費なんか要らなかったんや!」

「仕分けが結局実行されてるのかわからんけどな」

「ネットではこんなぼろカスでも選挙では勝っちゃうんだろうなぁ」

「他人の足を引っ張ることで人気を稼ごうとした奴は他人を祝福しただけ
で叩かれる」

「蓮舫ってなんも考えてない女の典型的な行動だわ」

「やることなすこと裏目に出すぎ。まるで民主党を体現してるみたい」

「叩かれても仕方ない」

・国民が蓮舫さんやスポーツ仕分けに怒っている他の理由

「なでしこジャパン。給料は0円〜10万円の極貧生活」http://t.co/BgzbOFy

「蓮舫議員の夏のボーナスは614万円」http://t.co/lHaZldo

「なでしこジャパン帰りもエコノミー」http://t.co/nXEixrl

「蓮舫議員の移動は専用ジェット機」http://goo.gl/QVeOR

「蓮舫がオレオレ詐欺被害金でいきなり基金設立に国民激怒」
http://t.co/dJhVZ2Y

かなり怒っている人もいるようで、「スポーツ振興金をゴッソリ仕分けして、
外国人献金をガッツリ頂いているあなたに「ジャパンおめでとう」とは死
んでも言って欲しくありません」と書き込みしている人もいた。
ほかにも「スポーツ振興の予算削減して日本人より中国人や韓国人が
大好きなお前に間違ってもなでしこジャパンもおめでとうなんて言われ
たくないだろうよ。1位になるのに意味があるのかとか言ってたくせに白
々しい。恥知らずの売国民主党は早く政権を返上しろ!」という声があ
った。日本国民が蓮舫さんに対して、かなり激怒していることがわかる。
しかし擁護する声があるのも事実で、「お祝いの言葉くらい言ったってい
いだろw」や「仕分けして正解だったって話だろ。仕分けして優勝したん
だから今までいかに無駄だったかがわかる」、「蓮舫が正しいじゃん。
無くても優勝できるなら税金の無駄」、「レンホーは正論を言ってるとい
うのに」、「本来仕分けって恨まれる損な役回りだからなあ」、「実際こう
して優勝したわけだし仕分けされた予算が無駄だったことの証明にな
ってる」などの声があった。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0718/rct_110718_4187817699.html

画像


蓮舫議員がいきなり詐欺被害金47億の基金設立 / 被害者の声は完全
スルーに国民ブチギレ!
ロケットニュース247月15日(金)15時57分[.]

蓮舫首相補佐官がTwitterで告知した、「振り込め詐欺被害者からの申請
がなく預金保険機構で預っている47億の被害金を基金にし、犯罪被害者
支援団体への助成を行う担い手団体の公募」がネット上で物議を醸している。
振り込め詐欺被害金の総額は47億円で、相当な額になっている。この告知
には実際に振り込め詐欺にあった人や親族がいる人が反応をしており、
「その47億円の中に私の分が若干入ってます。寄付することにやぶさかで
ありませんが手続きをして下さい。」
「被害金の申請しても、散々たらい回しにされて諦めた件。手続き簡略化
が先ですよね。 」
「2年ほど前、家内が振り込め詐欺被害にあって、大阪の茨木警察に届け
たけど、その後何の音沙汰もないまま、現在に至ってる。あまりに被害が多
すぎて特定できないんでしょうね。残念&くやしい!」
「私の父は振り込め詐欺で自殺しました。警察は被害者が自殺して生存し
ていないのと、被害届けを出してもたくさんでているから、裁判での刑の対
象にならないからと言って受理してもらえなかった。保証金詐欺だった。
確かに運転資金に困り借金も多かった。父を救えなかった。後悔。」
など、手続きの不備で申請ができなかった人や父が自殺したにも関わらず
受理できなかった人などが悲痛な叫びを蓮舫議員に対し、つぶやいていた。
しかしここで更に問題が起きる。こういったツイートがあるにもかかわらず、
蓮舫議員はその後「お!今日の星占いで射手座が一位だ!」とつぶやき、
彼らの発言を完全に無視。スルーしているのである。
この行動やろくな告知もしない、いきなりの基金設立の発表には他のTwit
terユーザーも激怒。以下のような怒りの声をあげていた。

「申請ってなんだよ、フザケンナ。お前らお得意の「最後の一人になるまで
被害者探し出して被害金を返します」くらい云えよ。勝手に他の用途に使う
んじゃないよ。まさに泥棒だな、民主党は。」
「ふざけるな!一般人の47億円の被害はどれだけ人生を狂わせられると
思ってる!一回でも周知つぶやいたか?」
「振込詐欺の被害者の口座が分からないのに、どうして振込詐欺の被害
者の子供がわかるんでしょうか?」
「被害者を捜して返すのが筋。」
「以前、被害者支援団体に寄付する際に、被害者の手もとにどのくらい渡
るのかを聞いたら、NPOの事務費や人件費、ボラの経費で全部使い切る
ので、1円たりとも渡らないって説明受けましたよ。。」
「拉致実行者関連団体への巨額資金提供の次は詐欺被害者から収奪か!
ふざけるな!」
「申請がないとダメっておかしくないですか?よくわかりませんが、被害者が
申請しないとお金返ってこないってことですよね?違いますか?」
「振り込め詐欺の被害金なら、ほとんどがお年寄りなはず。申請がないなど
と言わず、探してキチンと返してやるべきじゃないですかね。」
確かに国民の言う通り、NPOの活動費に1円でも回るのであれば、「盗人の
上前を取る」行動だと言われてもおかしくない。泥棒に取られてしまい、泥棒
がお金を使ったため戻ってこないなら百歩譲ってまだわかるが、せっかく取
り返したお金を被害者にきちんと返さずに基金を設立するなど、被害者から
してみれば言語道断の行いである。
支持率低下は菅首相だけでなく、国民の感情を一切無視した行動ばかりす
る民主党議員全員のせいであることを自覚しなければ、支持率回復はおろ
か次回の当選すら危うくなるのではないだろうか。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0715/rct_110715_4708688575.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国民を躁うつ病にエスコートしてしまうかの「他人事」政権の犠牲は
いかばかりか・・・。

画像


遠い昔のフレーズのような「直ちに健康云々」は、今更ながらにこの政権の
覚悟のなさを良く現している。
このセシウム被爆など、あの「爆発の様子」を見れば一目瞭然であり、「国民
の生活が第一」と嘯くなら、あの時「非常事態宣言」で、強制的避難を出すべ
きだったはずである。
姑息過ぎる「責任回避」が、事後の悲惨さを拡大させてしまう・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
放射性セシウムに汚染された稲わらを肉用牛に与え、出荷された問題で、
福島県は18日、国に対し、全頭検査に必要な体制構築や肉用牛の全頭
買い取りなどの支援策を求めた。
また、生産農家への調査を強化するとともに、流通段階の農産物なども放
射線量検査を実施する方針だ。

画像


県は、県内産の肉用牛の安全性確保のため、生産農家に2カ月に1回、餌
や水の管理状況などを立ち入り調査する。また、農家が稲わらを含む飼料
を新たに購入するなどした場合には、放射線量の検査を行う。
牛肉の放射線量検査については、郡山市の県食肉センターで、計画的避難
区域や緊急時避難準備区域から出荷される肉用牛すべてで実施し、両区域
外の農家から出荷される肉用牛は初回に最低1頭を検査する。
畜産家や関係団体などが求める全頭検査については、県の設備、機器、人
員に限界があるため、国に早急な体制づくりを求めた。また、畜産家の支援
策として、出荷困難となった牛の全頭買い取りや飼料の現物支給なども要望
した。
また、県は一部で出荷前に抽出検査を行っている県内産の農産物や乳製品
などについても、今後、スーパーなどの流通段階で検査を実施する方向だ。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110718/fks11071822030003-n1.htm

画像


福島原発の事故以来、現場作業で被曝(ひばく)した労働者は何十人何百人
に上るのか?

東電は「特例上限の250ミリシーベルトを超えたのは6人だけ」と発表してい
るが、本当のところは誰にも分からない。いくらでも隠し事やゴマカシのきく世
界が原発労働者なのである。
世間から隔離され、隠されてきた原発労働者の実態を37年間追いかけてき
たルポルタージュ問題作が復刊された。
「闇に消される原発被曝者」(八月書館)だ。写真家の樋口健二氏が嫌がらせ
や妨害の中、体当たりで原発内部と被曝者に直接取材してきたものである。
あらためて樋口氏に聞いた。
「原発労働者の過酷な実態は、37年前から変わっていませんよ。東電協力
企業社員といったやさしい言葉に置き換えられたけど、30万円とか50万円
というカネで原発労働者が全国から福島に集められ、大量被曝が確実の原
発に送り込まれている。テレビなどの報道では、高濃度の建屋内はロボット
が作業していることになっている。
あれはウソです。原発内はパイプが縦横に走り、高い場所での作業も必要。
ロボットでは手に負えない。
修理修復や放射能除去の掃除は人海戦術でやるしかない。人間であれば、
息をする。
こうしている間にも、次々と労働者は内部被曝しているのです」
与えられた作業のノルマを達成しないと、労働者は賃金をもらえない。
だから、線量計のアラームが鳴ろうと無視して作業を続ける。
暑いし苦しいし見えづらいから、防毒マスクをはずして作業する労働者も少
なくない。
その結果、体が動かなくなり、やがてがん死。そんな人を樋口氏は何人も
見てきた。
「それでも昔は、上限が50ミリシーベルトだった。それが100に緩和され、
今回の福島では250に上げられた。
250という数字は死に直結するものです。労働者の声を聞こうと、私は福
島に行った。
でもJヴィレッジに隔離され、取材は禁止。取材したら罰則が待っている。
なぜ、そこまで隠すのか。
大変なことが起きているからでしょう。
あと5年、10年したら、がんで死ぬ被曝労働者がどれだけ出ることか」
闇に消される原発労働者は、いま現在も生み続けられている。それが現
実なのだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/5710653/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そしてこの「原発作業員」の被爆についても、おかしな論理が、いや似非
人権が罷り通り、「原発で働くことの意味」は被害があれば、いつの間に
「被爆労働者」と呼ばれるのだが、普段常駐している作業員は、さてどんな
労働をしているのか・・・。
何もなければ待機要員・・・、何もなければ待機・・・、待機とは「遊んでいても
賃金は払われる」何しろ待機なのだから・・・。
そして何かあったら、懸命に仕事をする。そこには被爆の認識は充分に理解
して・・・。
そして賃金は、待機要員でも電力会社からは「通常の三倍」というものが支
払われる。だけに一次、二次、三次と下請けが罷り通ってしまう。
と、その昔原発に行った時の、下請け関係の建物にあまりの人がいて、そし
て何もしていないのに、質問をしたことがあり、下請けでも「原発で何かあった
ら」という覚悟は出来て、そしてその代わり「何もなければ、待機という窓際族
と同じで何もしない人々の集団を見ることになる。
電力会社は市場の三倍で買い上げ、その代わり何か遭ったら「その時は働い
て貰う」の暗黙の了解が出来上がっているのだが・・・。
と、原発内にいる下請けの人々は、何かあった時の「待機要員」・・・。
そして恐れていたことが起こってしまった。その時待機要員は必死になって
労働を被爆覚悟では、やはり暗黙の了解事項と、下請けの正常時の待機
の言い方を思いだせば・・・、下の記事の「似非」な臭いを感じてしまう・・・。
そして政権の「覚悟」のなさが、ここに来て終息をいつ迎えるかが不明のまま
時だけが過ぎて行く・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
未明の歓喜と、薄ら寒い事故処理・・・。 BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる