BALL AND CHAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗闇の渋谷 サーチライト

<<   作成日時 : 2007/01/10 17:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

都会の繁華街のきらびやかな照明の明るさは、都会の
都会らしい一面だろう。
そんな代表的な都会の街、渋谷にも暗闇と騒然とする
怒号とサーチライトの灯す異様な時間が、過去にあった。

画像


その日、私は友人と待ち合わせ新宿界隈をぶらつき、
夕方と共に山手線で、渋谷に移動した。
待ち合わせ場所は渋谷であったが、宮下公園へ続く道
には、数多くの機動隊が立ち並び、その間隔ごとに注意
を促され、最終的に「動けないようにしてやるぞ!」の脅しを
掛けられ、その場から離れ新宿へ出て行ったのだった。
まぁ、機動隊の皆様にとっては若い奴が三人で、ぶらぶ
らしているのでも、道が道だけにデモの参加者と思うのは
当たり前だろう。
まして三人のうちの一人は、実際に学生運動はしているし
この日の情報も、そいつからもたらされたもので、宮下公
園で中核派の大規模デモが予定されているらしい・・。
では様子を窺って見ようの何とも、同じ学生とは思えない
ただ郷里が同じだけの三人組は、運動熱心な奴のレクチ
ャーに耳を傾けながら、原宿から止まったり動いたりを繰り
返す山手線の車内から、だんだん見えてくる見慣れぬ渋谷
の暗闇に、異様に興奮し、また不安が過った。
「もう始まっているぞ」の声に、武者震いが起こった。
真っ暗闇の駅前を照らすサーチライトの明かりが、事態の
深刻さを伝え、物見遊山は消えうせ経験のある奴に従う
ことのみに懸命になる。
プラットホームから改札へ下り、そこを出ようとした瞬間
南口から走りこんできたヤッケにヘルメットの集団が、
込み合っている人込を掻き分け、物凄い勢いで東急文化
会館のある北へ、走りぬけて行く。つられて一般人も駆け
出すと同時に、近くで催涙弾がパンパンと破裂した。
とたんにもくもくと白煙が広がり、悲鳴が飛び交い駆け出す
人が増える。
「鼻と口を塞げ、直撃だと失明するぞ」緊迫した声で
経験者がいい、そいつに従って北へ走り出した。
その間、僅か数秒なのだが、猛烈に目が痛く涙がどんど
ん溢れ、咳き込んだ。
出口を出てみれば、普段そこにあるバス群は陰も形もなく、
あるのは機動隊の装甲車だけであり、サーチライトが忙しく
あたりを照らしている。
私達は、ガードを潜って南口へ群衆の後ろについて歩いて
いった。目に飛び込んでくるのはひっくり返って燃えている
車、そして南口ロータリーを取り囲む群衆に装甲車から
ライトを当て放水する機動隊、それに投石を繰り返すデモ
隊、放水の度デモ隊は群衆の方に逃げ、放水が治まると
再び投石を開始する。
ジュラルミンの盾を掲げ、デモ隊に突っ込む機動隊、
逃げるデモ隊、群衆の波がその度にうねる。
拡声器から怒号が、群衆から悲鳴や罵声が、サーチライト
だけの暗闇に溢れ返る。
そして広場に突然爆発音、続いて火柱が夜空へ立ち上る。
駐車したままの車が、犠牲になって炎に包まれた。
歓声にも似た声が湧き上がり、投石が激しくなっていく。
私達は離れた場所で、群衆の一部となってそれを見ていた。
「やばい、私服が居る・・」
経験者が声を潜めて告げる。
「俺は・・、ずらかるから」
そういって経験者は、群衆にまぎれて姿を消した。
すると未経験者二人は、急に不安になりどちらともなく
その場を離れたい気持ちになり、そっと反対方向に歩き出した。
閑散とした道に出ると、あの喧騒が嘘のようである。
結局、歩いて次の駅まで行きそこで別れたが、もう自分の住む
街に着いてみると、普段の街並み、普段の明かりが煌々と・・。
次の日、私は先輩を伴って渋谷に行ってみた。
勿論目撃したことを話し、それの後始末が気になってだ。
焼けた車やこん棒、ヘルメットが残され、舗道の一部のアスファ
ルトは剥がれて、石がいたるところに落ちていた。
しかし人々は道を急ぐように、あちこちに早足で歩き去る。
そこには時間が、あの時だけ止まり、また元通りの時間に
セットされたような感覚になった。
そういえば新宿西口広場のあの熱気も、いつのまにか失われ
道を急ぐ人々でごった返すだけの場になっていた。
私と先輩は、闘争の爪痕を見ながら道玄坂を上り、いつもの
ように「BYG」に入っていき、「ツエッペリン」をリクエストした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
訃報記事に触れる度、思い出される記憶と、かつての騒乱戦士の老い
かつての気に入っていた人々の訃報を耳にする度、当時の曲調と背景が脳裏に 浮かび、過ぎ去った日々の思いに耽り・・・。 ...続きを見る
BALL AND CHAIN
2016/01/24 22:06
メディア発狂「法案」、国民煽動出来ない信頼度に発狂した方が・・・。
「組織犯罪処罰法改正案」が衆議院で可決され、いよいよ「組織的犯罪集団」への 締め付けが強まれば、どんどん闇から引っ張り出される「やから」が増えていきそうで・・・。 ...続きを見る
BALL AND CHAIN
2017/05/24 18:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗闇の渋谷 サーチライト BALL AND CHAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる